空衣

旅鳥。文学、哲学、セクシュアリティーが主な漂流範囲。ドイツ留学中

空衣がスマホ盗まれたってよ。

スクランブル交差点を見下ろす巨大パネルは四次元の喧騒で街を威圧する。そこから徒歩五分しない裏路地には、フォロワーのまだ少ない東京の洒落たバー紹介アカウントでだけ名前が知られていそうな、小綺麗な小宇宙がしゃんと広がっている。

入店と同時に、バーテンダーは僕にいつもの照葉樹林を差し出す。こんな奇妙な後味のカクテルを好んで頼むのは僕だけなのだ。深淵を覗くような深緑がライトに照らし出され、武骨な氷はドイ

もっとみる

もしも一億円当たったら

100万円ならまだわかるけど、一億円って想像つかない。ってのは友だちの言葉。宝くじのコマーシャルを見ていたのです。

マクドナルドのCMで、キッズがハッピーセットにいちいち発狂して喜びをぶちまけている回があった。そんな風なキチガイとなって、「ファミリーマートの入店音」だとか「ドンドンドンっドンキ~」になっつかしいいいいいいいいいいいいいいいいいいって大興奮していた。こんな日がくるなんて、自分の中の

もっとみる

団子三兄弟みたいな雪だるま作りやすいのもわかる

不登校の生徒が学期最終日に通知表を受け取るために仕方なしに登校してくるようなテンションで、輝ない瞳の太陽がちらりと顔を出した。着飾ってるのでもいい、若干の春のおとずれ、うっれしいなあ、なんて能天気な自称ムードメーカーの顔で、三十分以上かかるいつもはバスで通る道を、ひょんひょこ徒歩でいった私がバカだったんだろうか。あっという間に雪景色。

今日は不幸にも一着しかない寝間着のスウェットに純アメリカンな

もっとみる

透明な毛細血管を編み込んで、淡々と、いきをして、天の川にはあちらの果てがあるのだと信じる勇気をめいっぱい振りかぶって、手をのばす。

イカリングの如く輪廻する。

午前3時起床、午前4時イカリング調理開始、午前5時今に至る。

イカリングは美味い。でももっと美味しいのはオニオンリングだと思う。

前回は午前3時にオニオンを揚げていたら火力が強すぎたらしく、火災装置がウィンウィン鳴った。一分以上はなり続けていた。フライパンの火を消して窓を開け、突っ立ってうろうろしながら火災装置の悲鳴の元を探して右往左往していると、ドイツ人のルームメイトが起きてきた。そりゃそう

もっとみる

就活しない。

馬鹿広いドイツ列車の中。リクルートスーツに着られてる男子ってダサいよねー、と言い合う女友達たちの話を、そんなの全く関心なかったわ、とだけ返す。
二人は同じく日本からドイツへの留学生で、来月ロンドンで開催される就活の国際的ビッグイベントへ行くそうです。その場で内定あるいはインターンオッケーの返事をもらったらそこで就活終了、圧倒的勝者になれるってことらしい。
私もちらりと情報を見たのだけど、理解不明な

もっとみる