ベトナム文字を筆で描いてみた。

ベトナム語で「ベトナム」を筆で描いてみました。ベトナム語は元々漢字を応用した「チュノム」と言う文字だったのが難しすぎた事もあったので、アルファベットを利用した「クオック・グー」と呼ばれるこの文字になったそうです。
こちらはベトナムの首都「ハノイ」先日も見たのですが、ベトナムにも書道があって、Thư pháp Việt Namと呼ばれているものがあります。それをちょっと真似てみました。日本の書道「習字」は子供の頃習いましたが、上達せず。絵のように描いたら上達するかもとちょいと期待
先日行った「ホイアン」ベトナム書道は現地では習えるそうですが、日本ではネットが手本になりそう。絵を描くように自由に描くような記述があるから練習したら形になるかどうか?一人でやっても挫折しそうなので、定期的にここnoteで公開したら続けられるか、お気軽にご覧くださいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Cảm ơn bạn "Ski"「スキ」ありがとうございます
21

絵とエッセイ

アセアン諸国に関する絵とその説明をつけたエッセイ集です

コメント2件

やはり漢字からの発展なんですね☆当たり前のようで、知りませんでした(๑>◡<๑)
吉田 翠さん。そうなんですベトナムは東南アジアでも中国の文化の影響が強いです。識字率向上のためだったというアルファベット表記のおかげで読みやすくなっているのは確かですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。