打撃の神様が左腕で活躍 熊本工の川上哲治 名捕手・吉原正喜と2度の甲子園準V

 熊本日日新聞社は、日本中をわかせたスター選手たちの〝球児時代〟を、スマートフォンやパソコンで手軽に楽しんでもらおうと、「夏の甲子園100回記念 紙面を彩った火の国球児たち」と題して過去の熊日紙面の記事や写真などをデジタル化しています。

 第3弾は、プロ野球巨人の現役時代、トレードマークの「赤バット」で「打撃の神様」と呼ばれ、監督としても巨人を9年連続日本一に導いた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

 太平洋戦争につながる日中戦争が起こる前の1934(昭和9)年と1937(昭和12)年の2度、熊本工は夏の甲子園で準優勝に輝きました。その中心にいたのが川上と、後に「巨人軍最強の捕手」と呼ばれビルマで戦死した吉原正喜(熊本市出身)でした。この4年間を中心に、熊本日日新聞の前身・九州日日新聞と九州新聞の紙面、熊日が所蔵する写真などから振り返ります。

<1931年・昭和6年 少年野球時代>

 人吉市の大村小に通っていた川上は、ボロ布で作ったボールで三角ベースに熱中していた。父親がかなりの野球好きで、その影響を受けたという。小学4年生になると野球部に入部、すぐに頭角を現した。ポジションはライトで8番だった。

 翌5年生になると県内一といわれる投手に成長した。小学校入学前に山道で転倒して右腕を負傷し、それによって生まれたサウスポーだった。

 九州新聞は主催した少年野球大会で、川上の活躍を次のように報じている。

 「怪腕左投手川上が強肩から繰り出す鉄砲玉其の儘(まま)の直球にインシュートする鮮かな魔球に全く手も足も出ず各回川上に牛耳られ底力強き強襲も物にならず一安打も得ず」(1931年8月17日、九州新聞)

 審判評も「大村の川上左投手は全くすばらしい出来で只々感心する外ない」と絶賛。

 「ネット裏から」というコーナーでも、「サウスポー川上投手の魔球」という見出しで、川上の快投ぶりを伝えている。

 翌日、川上の大村小は春日小に惜敗。「大村2-1とリードし(て)から押切れなかったのは投手のみにては戦は勝てない事を立証したもので比較的均斉のとれた春日に勝利の軍配の挙がったのは当然の帰結と言い得よう」という審判評が掲載された。



<1934年・昭和9年>

この続きをみるには

この続き:4,678文字/画像34枚

打撃の神様が左腕で活躍 熊本工の川上哲治 名捕手・吉原正喜と2度の甲子園準V

熊本日日新聞社

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。