くまのみ

モラハラ結婚生活からのシングルマザー。19歳、24歳の息子あり。大阪出身、奈良在住。雑誌のインタビュー起こし〜ライティングをメインに、ランサーズやクラウドワークスでコピーを書いたりしています。お笑い大好き。noteは2017年5月にスタート。
固定されたノート

2周年。20の質問。

noteをはじめて、今日で2周年を迎えました。ここで出会えた皆様───フォロワーさんはもちろん、フォローさせていただいている方、スキやコメントをくださる方、ツイッター経由でご覧くださっている方まで。すべての方々に感謝しています。
noteをやめようと放置したこともありましたが、ご覧いただけること、リアクションをいただけることが励みになり、どうしようもない三日坊主が2年も続けてくることができました。

もっとみる

アンハッピーバースデー。

昨日のいろいろで、今日は1日ずっと胃が痛い。

昨日は次男の19歳の誕生日だった。

次男は前日の夜から友達とカラオケに行って朝帰りし、誕生日当日の夜もまた別の友達と食事に行くという。お昼だけ家で食べるというので、ケーキぐらいは買いにいくかな…と思っていたとき。メールの着信が。

きっと、誕生日のお祝いやんなぁ。元だんなからの。暗い気持ちで見てみると、やっぱりおめでとうと伝えてほしいという内容。そ

もっとみる

機上の紅茶。

沖縄、石垣島行きの飛行機が離陸し、機内で配られたのは紅茶だった。

ああ。

ずっと、紅茶が嫌いだった。はじめて紅茶を飲んだのは、通っていた幼稚園のおやつの時間。幼稚園児には牛乳やココアでいいのに、なんで紅茶だったのか。一口飲んでみたけれど、とにかくまずくて飲めない。友達はみな飲み終わって遊びはじめているのに、私だけがいつまでもマグカップに入った紅茶を見つめていた。

以来、紅茶を飲んでいない。

もっとみる

自分であるための、明日へ。

市役所の窓口は
それほど混んでいないのに
かなり長い時間待たされ、
ようやく順番がきて
離婚届けが受理された。

そこからは、手続きの嵐。
夏休み中の子どもたちを
家に残したまま、
自転車で裁判所へ、市役所へ、
銀行へと走り回る。

すべてを終えたときには、
もう夏も終盤。
毎日いっぱいいっぱいで
日焼け止めなど塗る余裕もなく、
いつのまにか顔も腕も
真っ黒になっていた。

終わったという安堵感

もっとみる

さぼる息子と涙する母。

「大学は2限からやから」といつもよりゆっくりめに起きてきた次男。でも朝食を食べ、着替えてから「やっぱり、2限はいかんとこ」と言う。

聞けば、先輩からノートをもらったから、それがあれば試験対策もできるし、あまり授業を受けても意味がないというのだ。

えぇぇぇぇぇ!
授!業!料!(と心の中で叫ぶ)

たっかい授業料払ってるのに、そんな程度の授業なんですか。あんなに3年間必死で勉強をしてやっと入った大

もっとみる

「スキ」だけど、「スキ」しないとき。

私はアメトーークでいうところの、「気にしすぎ芸人」だ。いや、芸人じゃないんですけどね。いろいろと気にしすぎてしんどくなってしまう性格。だから、次男にはいつも「気にしすぎやねん!」と呆れられている。ツイッターも、気にしすぎから嫌になっておやすみ中。同じく、noteでもあれこれと気にしすぎてしまうのだ。

私の場合、noteを読むときとその後の行動パターンは、次の5つ。

1 読みはじめる→読み終わる

もっとみる