応援noteは、「道標(みちしるべ)」。

noteをはじめてから3年目に入った。今日は、節目になったらぜひとも書いておきたいと思っていたことを。
って、もう節目から1ヵ月以上過ぎちゃったんですけどね。いろいろあったし、しかたないし。

***

noteの存在を知ったのはツイッター。タイムラインを眺めているとnoteの記事を紹介している人が多く、広告が入っていなくて読みやすいし、ここで文章を書いてみたいと思ってアカウントをつくってみた。でも、つくっただけで、なかなか書く勇気がない。書いたって、誰か読んでくれるのだろうかと。

当時はnoteのしくみもわからなかったけれど、ツイッターのような拡散機能はなさそうだし、誰ともつながっていない状態から、どうやって読みたいものを探し、どうやって自分の文章を読んでもらえるのか、皆目見当がつかなかった。それでも、いいか。どうしようもない気持ちを吐き出せたら、それでいい。そうして記事を書き上げてアップしたのは、アカウントを作ってから随分経ってからだったと思う。

すると、どこからどう探してくれたのか、フォローしてくれる人がいて、スキを付けてくれる人がいて。それでも、人とつながる方法がわからない。公式のおすすめ記事だけではなく、たくさんの方の記事を読んでみたい(当時は記事下の「こちらもおすすめ」もなかった)。

そうして「おのぼりさん」のようにオロオロしている私を救ってくれたのが、望美さんと、彼女が運営する「応援ノートnote応援部」のマガジンだ。

「2016年9月にnoteを応援したい有志で作ったnote応援部のマガジン」とのことで、様々な方のnoteが紹介されている。こちらで記事を拾っていただけるようになり、私もマガジンをフォローさせてもらうことで、あっという間にタイムラインが賑やかになった。小説あり、エッセイあり、写真や音楽、ラジオ、俳句やマンガなど、あらゆるジャンルが網羅されている。さまざまな記事にふれ、人にふれ、noteって楽しい!noteをはじめてよかった!と思ったことをよく覚えている。

私にとって、このマガジンは「道標」のようなもの。ぽつんと立っているところに、「こっち、こっち」と手招きしてもらったのだ。本当に感謝。もちろん、マガジンを通して出会ったたくさんの方々にも、ほかのルートから新しく出会えた方々にも。

うれしいことに、noteをはじめて3年目に入った今は、つたない記事にもかかわらず、たくさんの人に読んでいただけるようにもなった。でも初心を忘れたくない、と思うのだ。一つひとつのスキがどれほどうれしかったか。どれだけこの「道標」がありがたかったか。

これまで、このマガジンに取り上げていただいたnoteは数え切れない。今も「マガジンに追加されました」の通知がくると、「ああ、ありがたい」と思う。そして今も変わらず、まだ知らないnoterさんと出会える、大切な入り口にもなっている。

***

以前から書きたかった、応援noteのこと。やっと文章にできました。ありがとう、望美さん。ありがとう、皆様。なんか、遺言みたいになってしまいましたが、まだまだしぶとく生きてまいります。笑



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。よろしければご感想や応援の「スキ」、コメントなどを残していただければうれしいです✨✨✨

ありがとうございます (((o(*゚▽゚*)o)))
78

くまのみ

くまのみnote

毎日のできごとや、エッセイなど。
2つのマガジンに含まれています

コメント18件

noteを投稿する前に、自分と同じタイトルがついた投稿がないか検索していた時期がありました。そこで出会ったのがくまのみさんの『noteの「スキ」の意味って。』でした。

くまのみさんのnoteは、コメント欄まであたたかいですね😌
憧れのnoterさんです。
くまのみさんと出会えたnoteに感謝✨
こげちゃ丸さん、そうだったのですね。覚えています!こげちゃ丸さんのnoteを拝見しに行って、最初の記事からいくつも読ませていただいたのですが、どれも素敵で、でも全部にスキを押すと気持ち悪いと思われるか…と控えました😅
憧れなんて、とんでもないです💧支えてくださる皆様のお陰。私もこげちゃ丸さんとの出会いに感謝です✨
はじめまして! noteには慣れてないので、このような物があるというのは初知りでした。くまのみさんの文体、暖かくてよいですね、つながりがだんだん増えていく、この感覚はすごく好きです〜!
ロウギールさん、はじめまして。コメントありがとうございます。noteって、どうやってつながりつくれば良いのかわかりにくいですよね。でも、おっしゃるように、段々と広がっていくのはnoteならではの感じかな…と思います✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。