見出し画像

いじめとか滅べばいいけど自分も強くなるしかないよね。

わたしの行っていた高校は、デザイン科のある、いわゆるFラン校だった。
入学当初かなりの肥満児だったわたしは、すぐに派手な女の子のグループに目をつけられることになる。
いじめがひどくて家にも居場所がなかった時、お母さんが何を思ったか「行かなくていいよ」的なことを言った。言われた時は無責任すぎて腹が立った。留年でもしたら授業料どうすんだとか、一時的に休んだって休み明けはもっと酷いことになるんだぞ、とか。
例えば、「勉強なんかしなくても生きていけるよー」とか。そりゃあんたの場合は、だ。未来ある高校生に向かって言ってはいけないことナンバーワンだ、勉強しなくても大丈夫だよ、なんて。無責任すぎる。思い返してみればこれは母の悪癖だと思う。「ダイジョーブダイジョーブ」とか言いつつ、全く大丈夫だったことがない。
くそっ!家にいてもロクなことがない!そう思っていたんだけど、この頭がゆるゆるな母が必死に考えてくれた、わたしを学校に行かせない理由は「家の引越しの手伝い」だった。嘘っぱちだ。もちろん。だが母は「すみません、引越しをするので今日だけ休ませてください〜」と担任に電話をかけてしまったのだ。
引越し?と思われる人もいるかもしれない。説明すると、わたしと妹は祖父母の家に居て生活していて、母には母の別宅があった。母の引越しだといえば詮索はされないし、されたとしても複雑な家庭環境を匂わせておけば担任の先生の話も平気でズラせる。
「これなら休む理由できるでしょ?今日休んでゴロゴロしよ〜〜。」
母のこのゆるゆるな感じが「なんかもう悩んでるのが馬鹿らしい…というかわたしがなんとかしなければ」と思わせた。
ここまでされて、やっと学校休む理由ができる。

だけど、内心ホッとしたのを覚えている。母のいい加減さに辟易しながらも変に行動力がある母に救われた。こういうことが高校生活で何度かあった。

いじめの内容はこんな感じだ。
意味のわからないあだ名をつけられて、本人にはわからないとでも思われているのか授業中でも平気でそのあだ名を呼ばれる。気づかないふりをしていれば次にはくすくす笑いが聞こえてくる。わたしの場合、当時人気だったアニメのデブキャラの名前だった。
廊下ですれ違うたびに「キモっ」「きしょっ」と呟かれる。
こういう、たぶん今思うとそんなに悪意は無いんだろうな、と思うことも多いけど、バカにしたような半笑いで呟かれる言葉はわたしを追い詰めた。
印象的な事件に、こんなことがあった。
忘れもしないその日は、季節は入学間もない春か初夏だったと思う。主に親睦を深めるための球技大会で、わたしは例に漏れず体育全般が下手くそだったから、唯一仲良くしてくれていた友達と体育館の壁に沿って座っていた。
そこにS…いや、もういいや。今でも許せないし実名で。スギオカさんという女生徒が来る。
スギオカさんはモデルみたいに可愛い子で、髪は明るい茶色だった。スカートもすごく短くて肌は透けるように白い。見た目だけなら結構タイプだったがいかんせん声がデカイ。しかもいつ見ても男子生徒とつるんで大笑いしながら歩いている。風営法で引っかかりそうな店で働いているという噂も聞いた。

「何見てんだよ」みたいな声をかけられて、「いや…あの…はぁ…(いや見てないよ)」とかしどろもどろに答えていたら、いつのまにかわたしと友達は、スギオカさんの取り巻きに囲まれていた。
スギオカさんは手に持ったペットボトルを体育館の床にガンガン打ちつけながら、「なあ聞いとん?」「謝れって言うとんじゃけど」と言ってくる。取り巻きは腕を体の前で組んでじろりとこちらを見下す。ニヤニヤと笑う人もいた。
「いや、あの、見てない。」
アホみたいに声が震えて情けなかった。「はぁー聞こえんし?やる気出せや!」
スギオカさんがペットボトルのふたを開ける。飲むのかなと思ったら、わたしの周りにお茶をぶちまけ始める。
「いいよ、なあ、口答えするんか?」
「殴ろうか?お前のことなんかすぐに殺せるから」
矢継ぎ早に言われる言葉にもう限界がきてしまって、ポロっと泣いてしまったらもうあとはごめんなさいと言いながら泣き続けるしかない。恥ずかしくて情けなくて死にそうになり、肥満体を縮こませながら泣いていると、わたしの前を担任の女性が通り去った。目があったのに、声さえかけてくれなかった。
スギオカさんは泣いているわたしを見て「キメェわー。でもね?すぐに謝ってたらこんなことしなかったよ?」と言った。どんな理屈だ。今更当たり屋でも言わないベタベタな台詞だ。
わたしの隣に座っていた友達は終始うつむいて何も言わなかった。
「〇〇ちゃんはこいつの友達なん?」とスギオカさんが隣にいた友達に声をかけると、友達は無言でわたしから離れていった。以来、わたしはそいつのことを信用しないことを固く心に決めた。

ある日祖母は、なんとなくわたしがいじめられていることに気づいていたみたいで、「これ持っていくか」と祖父が手彫りした木の小刀を渡された。
「ケンカをしてもいいが、素手なら相手に舐められることがある。」と言った祖母は、ヤクザの重鎮みたいだった。祖母、怖い女…。さすが我が家の女王である。

話が行ったり来たりしたけど、
学校を休むためには…特に、いじめられている子が休むためには「こんなことがあって仕方なく休みました」みたいなちゃんとした理由がいる。いや、普通に生活していても休むのには理由がいるけど。「いじめを苦にして休みました」みたいなのは、わたしのように心が弱くてビクビクしてしまう人間には無理だ。

もしも家族にいじめられている子がいる人は、何か声をかける時「そんなに辛いなら休みなよ」とかではなくて「親が危篤」並みに強い理由を見つけてあげてほしい。

いじめ。忘れないものですね。しっかり覚えています。
スギオカさんの話には、気持ちの良い後日談があります。
高校2年に上がる時、出席日数やら単位やらを計算して、留年が確定した生徒がたくさんいた。そしてその中にはわたしをいじめていたスギオカさんやその取り巻きたちもいた。
高校2年の初日…。その人たちがいない教室を見たときのわたしの喜び。スカッとした!もうあのクソ共はいない!!と思うと空気まで美味しかった。

人間、老いも成長もするもので、今思うとわたしは死にたかった瞬間はたくさんあったけど死ななくてよかったと思う。勉強もしてよかった。学校も行ってよかった。勉強に関してはもっとやりたい気が起きている。今になって思う。だけど当時は思えなかった。
わたしはそう思う。死にたいと思う日があればもし可能ならその日は死なずにいてほしい。死ななくてよかったと思える日があるかもしれない。可能性なら大いにある。だって生きているんだから。

重ね重ねですが、
もしも家族にいじめられている子がいる人は、何か声をかける時「そんなに辛いなら休みなよ」とかではなくて「親が危篤」並みに強い理由を見つけてあげてほしい。
もし何もかける言葉が見つからない時は、
黙って美味いもんでも食べさせてあげて。どうか一人にさせないでほしい。そう思わずにいられない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

石原 由果子

はじめまして!背水の陣で生きてます。石原由果子 名義で漫画を描いています。常に自分の身を切って物を書きます。たまに「苑子」という名前を使います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。