あの砂浜には夜の闇

ぐるぐる回って辿り着いた先は
足を切り裂くような岩場の海岸線
あの日と似ても似つかぬ景色

どうだいそろそろ流れは変わったかい?
俺は相変わらず埒も明かずに
本当のことは言えないまんま
疲れ切って目を閉じれば

足元に海雲台のあの夜の砂浜の感触と
甦る君の薄い唇
ビールを飲んでいた背中越しの暗闇

それでも俺らは灼熱の日差しを
乗り越えながらのらりくらり生き延びて
いつかまたあの海へ辿り着けば

足元に海雲台のあの夜の砂浜の感触と
甦る君の薄い唇
ビールを飲んでいた背中越しの暗闇

もしかしてさ僕らの心とうに死んでいるのかも
冷めた身体を横たえる
嘘の中にだけ本当の気持ちが込められる

(作詞作曲:金子TKO)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

雲に名前

Vo.&Gt.金子TKO、Vo.&Gt.滋野有紀子によるツインボーカルユニット。2015年に結成し、バンド形態での活動を経て2019年1月ユニットとして本格再始動。HP:https://kumonamae.wixsite.com/kumonama
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。