Kunikoayoga

「動作教育を通した人間形成のお手伝い」をモットーとして、A-yoga Mind and Body Movement Therapyを主宰。大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学臨床支援系領域 博士課程修了 (保健学博士)

目は口ほどに物を言い、カラダは目以上にあなたを表す

明日(もう今日か、、、)から2日セミナーだと言うのに、眠るのを拒否する夜。

世の中に正しいと言えるものはないと思っている。

というか、正しさは1つではないと思っている。

それでもどこかで1つの正しさがあればそれに向かえばいいのだから楽になれるんじゃないか、、、って思う。

最近は本当に色々なケースを見させていただく。

慢性的な痛みだけでなく
循環器系や脳血管系の疾病に関係しているものなど。

もっとみる

見るべきは結果ではない

今回のメルボルンも非常に有意義な時間でした。

一気に1ヶ月分くらいの脳みその回転があった気分。1ヶ月分のコーヒーも飲んだけど、、、

去年の11月以来2回目のメルボルン。

運動の世界でも、脳の働きをどう理解するか。
脳の性質、脳にどうアプローチするか、がホットなトピックになっているけど、大事なのは脳を知ること以上に、人を知ることだと思ってここまでやってきた中で、彼らの伝えているメッセージの明確

もっとみる

聞き方、聞こえ方

再び移動

わたしは人の話を聞くのが苦手です。

と言うか、周りの色々な音も耳に入ってくるから、一つを聞きながらもほかの言葉も断片的に聞こえてきて、頭の中でその話を構築する傾向がある。

先日のワークで一つ気がついた事がある。

わたしが聞いているのは、音を通した単語を聞いているのではなく、音を通して振動を感じているのでは、、、と。

体で感じたことを視覚的に表現し

音(言葉)を振動で感じる。

もっとみる

あなたはあなたでできている

濃い週末を過ごして、バタバタと仲間との宴を終え、最終で京都へ戻っています。

人はなぜその選択をするのか

人はその選択からなぜ離れられないのか

人が行動の変容をするにはなにがキーなのか。

コーチングは、相手の中にある思いや願望を現実にするお手伝いをする事が目的であると私は理解しているのですが、きっとその奥にはもっと深い、人への敬意があると思っている。

いつも不思議に思っていた。

目標を見

もっとみる

100年後の世界へ

夕闇が迫る中、東京に向かっています。

移動は乗り物のスピードと共に、様々なものを整理してくれる気がします。

NATAとAPTA(アメリカ理学療法士協会)が連携の共同声明をしばらく前に発表しました。

これは私からすると地球がひっくり返るくらいな出来事であり、理学療法士とアスレティックトレーナーという、ある種類似の職域にあり、一方は先に医療現場で活動する資格として存在していて、一方はあくまでもス

もっとみる

あなたはどの火を点ける人!?

今年のA-yoga合宿の3日間が終わりました。

全国から年に1回みんなが集う場所。

普段はなかなか一緒にいれないみんなが、楽しそうに再会の時間を過ごす時間は嬉しいものです。

中日の夜、A-yogaとA-yogaを実践するアテインヨガスタジオの謝恩会が今年も開催されました。

今年の主賓のご挨拶は、いつもお世話になっている株式会社リーチの鴨井社長にお願いさせていただき、とてもステキな言葉を下さ

もっとみる