3つの坂

先日、坂には3つあることを知った。

どんなことにも、悪い時期と良い時期がある。下り坂の時は悪い時期、上り坂の時は良い時期。

下り坂と上り坂は、繰り返しながら上昇していく。

この2つの坂以外に、もう一つあると聞いた。

それが「まさか」だ。
まさかあの人が!まさかこんなことが!

まさか!
まさか!
ま坂!

上りと下りは、絶えずセットになって、入れ替わっていくので、ある程度予測がつく坂だ。

でもまさかは違うのだ。

今の天皇が、退位をすると表明した時、一部の人にとってはまさに「まさか」であったはずだ。

それも超弩級の「まさか」である。

ここまで大きな「まさか」ではなくても、どんな人も一度は遭遇するのが「まさか」だ。

まさかは突然現れる坂。それが上りなのか、下りなのかもわからない。どの程度急なのか、距離はどのぐらいなのかも、わからない。

「まさか」に遭遇した時、その人の真価が問われるのだろう。

「まさか」に遭遇した時、どのように切り抜けるのか。

3つ目の坂の存在を知り、ちょっと心構えをするだけでも、対応の仕方は変わってくるのだろう。

私もどこかで「まさか」に遭遇するかもしれない。

「まさか」に遭遇した時にどのように切り抜けるか、今から考える必要があるのだと感じた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートしてくださる方がいらしたらうれしいを通り越して感激していまいます(∩´∀`)∩

おつかれさんです ^^) _旦~~
15

kunotan

ウェブライターの電脳魔女です。記事の内容は普通のコラムからオカルトコラムまでいろいろです。エッセイストになります!

エッセイその2

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。