くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第九回 「特別鼎談:ADHD『治療薬』を飲むことで『治癒』したってどういうことなんだろう(下)」ってお話

登場人物紹介

寺島ヒロ(漫画家、アスペルガー)

くらげ(サラリーマン兼ライター、ADHD)

駱駝家(ライター、元寺島ヒロの元アシスタント、ADHD)


本編

■ADHDの薬を飲んで変わったこと

[く]前回は駱駝家さんがどのようにしてADHDの薬をのむようになったかまでお話しましたね。

[駱]そうですね。やはり生活する上でどこか違和感があったんですよ。でも、他の人に話しても「気にし過ぎだよ」と言われてやはり自分の性格なのかなと。でも、本を読んで「それ自分じゃないか」と気づいたのと、寺島先生のご協力で病院に行き、診断されたという流れです。

[寺]それで、お二人ともADHDの治療薬を服薬されているということで、飲んでなにが変わったかというのを知りたい読者も多いと思うんですよね。ネットで見ても体験談はそう多くないですし。

[く]ではボクから。まず断っておきたいんですけど、ボクの場合は薬を飲んで劇的に変わった、という自覚はないんですよ。どちらかといえばあおとかから言われて「そういえばそうかも」という程度で。

[寺]自覚はないんですか(笑)じゃ、くらげさんはどんなふうに変わったとあおさんから言われたんですか?

[く]まず、貧乏ゆすりが減りました。前は「地震か?」っていうくらいに貧乏揺すりしていたんですが最近は殆ど揺れなくなったといいますね。

[寺]地震って!どれだけすごいんですか(笑)ADHDの場合は激しい貧乏ゆすりが起きるとは聞いていますけど、くらげさんは体も大きいからその分上乗せかしら(笑)

[く]集中してるとどうしても揺れちゃうんですね。意識が作業に持っていかれるので体の制御までには気がまわらないんです。あと、そういう時って補聴器も人工内耳も外しているので自分の騒音に気づきにくいというのもありますね。

[寺]なるほど、聞こえないということも重なってるんですね。駱駝家さんはどうですか?

この続きをみるには

この続き:1,501文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談...

または、記事単体で購入する

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第九回 「特別鼎談:ADHD『治療薬』を飲むことで『治癒』したってどういうことなんだろう(下)」ってお話

くらげ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

妻のあおががてんかん再発とか体調の悪化とかで仕事をやめることになりました。障害者の自分で妻一人養うことはかなり厳しいのでコンテンツがオモシロかったらサポートしていただけると全裸で土下座マシンになります。

あなたのワンクリックが心の潤いです
10

くらげ

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第1巻

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。第1巻は「第1話〜第10話」を収録しています!
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。