Kurabayashi

博士(英語学)。大学で英語を教えながら、言語学と文体論を研究しています。普段からことばについてあれこれ考えています。

cannot help falling love with youは「好きにならずにはいられない」じゃないので、ちゃんとプレスリーの歌詞で考えてみる。

cannot help ---ingについて、単純に「〜せずにはいられない」と訳してしまうことの弊害は大きいので、ここで具体的にプレスリーのCan't Help Falling Loveをつかってその表現について確認してみましょう。

Wise men say
Only fools rush in
But I can't help falling in love with you

Wise me

もっとみる

ミュージカルCatsのバストファー・ジョーンズの歌詞を文法的に考えてみる。

Catsのバストファー・ジョーンズという太っちょの紳士猫の歌を聴きながら英文法的に考えてみます。特に「現在形」について深く掘り下げながら理解していきましょう。

劇団四季版の歌詞と原作の歌詞は大きく違っていて、劇団四季版は政治家のような猫になっています(このページの最後に掲載しておきました)。では原作ではどのようになっているのかみていきましょう。

[JENNYANYDOTS]
Bustopher

もっとみる

[ことばとこころの言語学24]嫌われないためにも心がけなければならない理論。ポライトネス理論をもとに考えてみる。

前回、遅刻してきた学生に、「遅い、遅刻だ」と直接的に言うのではなく、「なにかあったの?」とか「もうちょっと早くきてくれるとよかったのに」と「遅い」という言葉を言わずに、別の表現に置き換えてみることで、相手の中に直接入り込まずに済ませることが可能となることについて確認しました。

ポライトネス理論の大切な概念として、フェイスという考えがあります。このフェイスとは、すべての人たちが持っている自分たち自

もっとみる

[ことばとこころの言語学24]嫌われる言葉遣いについて。ポライトネス理論をもとに考えてみる。

みなさんは初対面の人にたいして「あ、この人って感じの良い人だなぁ」と思ったり、逆に「なんだか嫌な感じだなぁ」と思ったりしませんか?なぜ、私たちはそのような感覚を抱いてしまうのでしょうか?「見た目」と答えた方、そうではありません。答えは「ことばのつかいかた」にあるのです。

そこで、今回はどうやったら感じの良い人を演出できるのかについて考えてみましょう。そのために、「感じの悪い人のことばのつかいかた

もっとみる

[ことばとこころの言語学23]ピンク色の信号機がないのはなぜ?記号論のお話。

A: ちょっと、雨が降ってきそうだね。
B: ほんとだ。洗濯物をとりこまなきゃ。

この二人の会話を考えてみましょう。どうしてAさんは雨が降ってきそうだと思ったのでしょうか?そして、Bさんはなぜ、「ほんとだ」と言ったのでしょうか?

わたしたちは、何かを見たり、感じたり、考えたりしたことを言葉として発することがあります。外に出たときに「うわ、寒い」と言ったりするのは、冷たい外気を感じたからでしょう

もっとみる

悲しいネコの歌を英文法的に考えてみましょう。ミュージカルCATSから。

今回はミュージカルCATSのMemoryを使って勉強していきましょう。

Midnight
Not a sound from the pavement
Has the moon lost her memory?
She is smiling alone
In the lamplight, the withered leaves collect at my feet
And the wind beg

もっとみる