ZIZAIに入社して1ヶ月がたったので感じたことを書いてみた


こんにちは、株式会社ZIZAI(旧DUO)人事のくららです。DUOは、ミライアカリちゃんやバーチャルライブ配信アプリIRIAMの開発運営元です。

11月5日に入社して、約1ヶ月がたちました。

ZIZAIは想像の5倍くらい待っててもダメだった

入社して痛烈に感じるのは、待ってても仕事が全く舞い込んでこない事です。いや当たり前の事言ってるのはわかっています。よく「自分から仕事を取りに行かないと」とか「受け身のままじゃだめだ」とか「指示待ち人間はだめだ」みたいな言葉を聞きますが、ZIZAIは想像の5倍くらい待っててもダメでした。圧倒的にマンパワーが足りてないのでみんな忙しいし、お膳立てしてくれるような人は誰もいません。(助けてくれる人はたくさんいます)自ら考えて、良いと思ったことを即行動にうつせる人しか居ないんです。やらなといけないことは山ほどあるので、どれでもいいからさっさと手にとってやっちゃうことがZIZAIで生きていく第一歩だと感じました。

モンスター級のすごい人だらけ

驚くほどやばい人ばっかりでした。みんな立派で輝かしい経歴を持っていたり、エキサイティングな経験をしてきているんです。私は何もかもめっちゃ普通で、平凡。アニメや漫画が好きだしイベントにも行ってるし自分はオタクだー!ってそれだけは自信を持ってたんだけど、皆さんの推しへの課金具合とか好みの尖り具合とか、守備範囲の広さとかを体感して「オタクです、ということすら憚られるな…」と落ち込みました。それと同時に、色んな角度から話題のアニメやゲーム、アプリを語っているのをみるとやっぱりすごい刺激を受けます。そして何回も「すげ〜〜〜〜〜」と思う。リスペクトが止まない。卑屈になりそうなこともあるけど、こんなにリスペクトに溢れてる場所にいると自然と謙虚になる気がします。

案外感覚で動いている

これは意外でした。今改善中のところなのですが、割と感覚で物事が決まっていく。数値でバチバチに計測してPDCA回してるかと思ったけどまだそうじゃないんだなっていうのは意外でした。(もちろん重要なところはちゃんと数字でみてるだろうけど)

業務フローがめちゃくちゃ

他の企業を経験してから入る人は、びっくりするくらいはちゃめちゃなやり方をしていると思います(笑)
決まり切ったやり方でやるのって時にくだらないけど、やっぱりある程度決まりがあった方が無駄に悩む時間も省けるし、これって誰に確認すればいいのってさらに誰かに確認する時間もいらなくなるのでそれなりに大事だと思います。私の感じる範囲でいうと人事関連のことで、ZIZAIはリファラル採用がめっちゃ強いのですが、いつどこで意気投合してきたのか知らないけど「この人入社するから〜〜!」の人がいっぱいいてビビる日々です(笑)


とてもカオスな日々だけど、友達に「新しい仕事どう?」と聞かれて答えてる姿は「いきいきしていて楽しそう」に見えるらしい。他人にもちゃんと楽しそうに見えていてなんか嬉しいと思ったりしました。それから自分が平凡なのは「ダメだなあ死んだ方がいいなあ」とか思うようなことではないけど、やっぱり同い年のモンスターたちをみてると「行動の数が全然違う。その差は今まで私が勝手に何かを諦めて行動しなかったせいで生まれた差だ」と感じます。これはどうしようもない事実で、飾っても強く見せてもしょうがない。だから頑張っていこう。

おしまい


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

くらら

コメント3件

読んでいてワクワクしました 楽しそうです!
春からお世話になるかもしれないのでよろしくお願いします!!
あずさん
お読み頂きありがとうございます!
とても嬉しいです( *˙꒳˙ *)
春が楽しみですね!よろしくお願いします!
こーゆー情報発信は嬉しい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。