スクリーンショット_2019-05-21_1

Logic Pro X 便利術:リージョンとマーカーを楽曲練習で使う

キーコマンド(ショートカット)一覧で *(アスタリスク)が付いている項目は、キーコマンドのみで操作が可能な項目となります。

これを使いこなすことで真のLogicのプロのエックスになれます。

ライブで複数の楽曲を練習するときありますよね。あります。わかります。楽曲ごとに音量が違ったり、イントロのSEを飛ばして練習したりしたくなります。

DAWを使うと便利です。まず楽曲一通り読み込みます。そしてリージョンに色つけます。フェーダーで音量バランス取ります。

そして前の記事でも紹介した「リージョンからマーカーを作成」します。

複数まとめて行けます。

全曲選択して、一気にドン。(option + shift + @)

マーカーが出来ました。そしてここら辺のコマンドを活用して曲移動します。サイクルの有効ありなし、ほぼ同意義です。百聞は一見にしかず、試してみた方がわかりやすいです。

「control + option + , 」か「control + option + . 」

こういう感じ。これで頭出しは簡単に出来ました。

途中から練習したいところがあったら、細かくマーカー打ちます。
キーコマンドは「 option + @ 」

これで頭と任意の場所と再生ポイントが複数出来ました。これもキーコマンド1発でで行ったり来たり。

DAWなので、音質劣化を最小限に抑えつつテンポ下げたりも自由自在。

以上です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

黒沢ダイスケ

TVアニメおそ松さんOP曲:作編曲、BORUTO-ボルト-ED曲:編曲、 夕星の芒野と消ゆ/EARTHSHAKER:作曲、BEMANIシリーズ100曲以上。など。2ndアルバム全国発売中。 https://twitter.com/kuro_96chang
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。