国語の偏差値が4ヶ月で10アップした例

Skypeでのオンライン家庭教師をはじめて約1年、受験シーズンを終え、新たなシーズンを迎えることとなりました。

うれしいご報告をいただきました。中学受験の国語を継続的に見ていた生徒さんの国語の偏差値が、担当させていただいてから4ヶ月くらいで50台後半→62.9→65.7→68.9と、約10ポイント以上アップしたとのことです。

その生徒さんとやっているのは、公開模試の復習です。

・なぜこの問題を間違えたのか
・間違えた問題には、どういう論理構造があったか
・その論理構造は、以前復習したときにも同じようなものが出てきていなかったか
・正答率が高い(低い)ときには、本文中の根拠はどのような位置関係にあることが多いか
・この問題は取るべき問題か、後回しにすべき捨て問か
・設問文中に、解答のヒントがなかったか

などなど、徹底的に分析していきます。

そして継続的なレッスンによって、本当の効果が発揮されるのはこの赤字部分の検証ができること!これに尽きます。

文章の論理構造は、読者に伝えようと書かれている以上シンプルなものなのです。でも、解答のときにそのシンプルさが見抜けなかったりします。でも本当はシンプルだったのです。じゃあ、次回、それを本番中に見抜くにはどうしたら良いか、を考えていきます。

また、
「どの問題が難しく、どれが簡単なのか」を見抜く力も大切です。教える方は正答率の結果が出ているので教えやすいです。しかし、その問題を初めて本番中に見て、判断しなければならない受験生は大変です。

点数を取る上で、大事なのはそういったところなのですが、そこまで僕が60分で話したとしても、その上で、生徒さん本人が自分の頭で考え抜かない限りは身になりません。
今回、生徒さん自身がしっかり考えたことで結果がついてきたのかなと思います。

今回はうまくいった例をご紹介しましたが、今まさに戦っている生徒さんもいます。担当する生徒さん全員、このまま順調に行って欲しいです…!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Skypeオンライン指導の生徒様募集中!

【小学1年生】から【東大受験】まで、
【不登校児】から【大検受験生】まで、
数学ⅢC、物理・化学・生物の発展を除く全科目対応!
板書(illustratorを使用)を見てもらいながら解説します。
平日10時〜18時が中心。ほかは応相談。¥5000/1h。

☆ご予約はこちら

☆お問い合わせ☆
kuro.online.teacher@gmail.com

指導例:
・SAPIX・日能研などのフォロー
→国語の偏差値が4ヶ月で50半ば→68へと10以上アップした例あり
・センター現代文徹底解説
→大手予備校の模試を作成するプロが、センター現代文の攻略法を伝授
・公立中学校受験の作文添削
→オンライン指導開始1年目から横浜市立有名中学の合格実績あり
・東大英語・国語の添削指導
→一番大事なのは「要約力」。直接指導+添削のため効果はZ会を凌駕
・学校の定期テスト対策
→もちろん、オーソドックスなご要望も承ります

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。