見出し画像

ファッションなのか、アパレルなのか

今年はメゾンドリーファーしかり、最近だとハバダッシュリーとか、えっ、そうなんだ!?というレディースセレクトショップの事業終了の話が多く寂しさを覚える。それと同時に、悲しいかな、やっぱりレディースセレクトショップってもう厳しいのかな、という思いも沸々と湧いてきてしまう。レディース、セレクトショップに限らず、ファッション業界全体でずっと言われていることではあるが。

ファッション業界は「売る」ということに対して、それが善か悪かはさておき、なかなか貪欲になりきれていないように感じる。衣類を売るとなると、アパレル業界という方が正確かもしれないが、この業界の人は、アパレル=衣服の製造、販売よりも、ファッション=表現、発信に意識をおいている人が多い気がするし、それが現状の要因のひとつなのでは、と思う。

例えば、私が小さなセレクトショップの運営に携わっていたとき。店のコンセプトやセレクトするブランド、構成比などなど、何でも自由にやらせてもらっていたが、なかなか経営がうまくいかなかった。そんなとき、先輩や上司に相談すると決まって返ってくる言葉があった。「自分が本当にやりたいことをやれてる?自分が表現したいことを突き詰めてる?」ここに私の大きな違和感があった。もちろん、コンセプトやペルソナが定まっていなければ、店も商品もふわっとしてものになってしまう、ということはわかるのだが、自分の表現、すなわち自分の好きを突き詰めることが=売れることなのか、私は納得できなかった。彼ら、彼女らいわく、そこを突き詰めれば、唯一無二のものができるし、そこに共感してくれる顧客がついて、売上に繋がるから、と言っていたが、果たしてそうなのだろうか?それはただの自己満足ではないのか?

アパレル業界は、元々ファッションが好きという人が大部分だと思う。そして、自分の好きなテイスト、スタイルのブランドやショップで働いている人が多い。他の業界よりも、好きを仕事にした人たちが多いのだ。ファッションとは、流行のことであり、自己表現のひとつであり、はたまたアートと結びつける人もいる。だからこそ、自分が表現したいものができれば=完成という着地点になってしまいがちで、しかしそれは=成功ではない。どうもその表現とビジネスがうまく融合できていないというか、どっちつかずな状態が多いように感じる。特に、ファッション界隈にいる人達の感覚は結構特殊だと思っていて、お客様、いわゆる一般の人たちの感じ方と結構な隔たりがある。それでも自分たちの表現でどんどん突き進んでいくと、下手をすると溝はどんどん深まるばかりで、気づいたときには取り返しがつかなくなるのだ。とはいえ、売上だけを考えて作られた服はなんの面白みもない。ファッションビルに並ぶ、ブランド名だけ違う、似たようなデザインの服の羅列。これではあまりにも偏りがある。

売るためのファッション性なのか、自分が思い描いたファッションなのか、そのバランスとどこで折り合いをつけるか。販売、売上までの流れというビジネス的観点をどこまで持てるか。そして、お客様の感覚をどれだけ汲み取れるか。課題はまだまだ多い。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

yuki

学生時代フランスに傾倒。 長年身を置いたアパレル業界から離れ、今は海外向けのサブスクリプションサービスのプランナーをしています。好きなことは野球、ファッション、食、美術史、フランス、文化史、幅広く資金不足。日々のあれこれとファッションのこと。人生を模索するアラサー。

#お店 記事まとめ

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。