くるみん

兵庫県民。西宮市民。農村計画学研究室大学院1回生。 農山漁村の広い空と澄んだ空気が好き。地域の暮らしや人に興味あり。 学生の地域への関わり方、主体性の考察。

入りたての学生へ伝える試み①

入学したての大学生に向けて発表する機会をいただいたので

「学生は自由、主体的に学ぶことの大切さ・面白さ」を伝えることをミッションに発表してみました。

まずは学生の本音を聞いてみること

まちづくりに関わる学生ってどんなことを考えているのか。

就活のためだけの地域活動ではなく、面白みを持ってバリバリ活動している学生がいるとしたら、どんなことに面白さを感じているのか、どんなことに困っているのかを知るため、コミュニティを作ることにしました。

以下の文で、学生に呼びかけてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まちづくりを勉強している学生のみなさん。
地元や活動して

もっとみる

地域課題と学生の関係性

院に入学した4月、こんなことをFacebookで呟いてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

地域に出向くと、地域には多くの魅力とともに、さまざまな課題があることが見えてきます。
担い手不足、少子高齢化、空き家、耕作放棄地…。どれも喫緊の課題だと思います。

地域というものは、実際に肌で感じて、現地の人と話をすることで見えてくるものだと感じています。それも何度も踏み込まないとわからないと

もっとみる

これからはなすこと

兵庫県の大学院1回生です。

農村の今までとこれからを考える学問「農村計画」を学んでいます。

研究は主に兵庫県の農村地域を対象に、地域の取り組みの変化を評価する研究をしています。

「まちづくり」「地域」「地方」「コミュニティ」「ローカルなんちゃら」

すごく抽象的でふわっとしたこの言葉たち。

わたしは、この言葉たちに学部1回生のころ出会い、惹かれてしまい、大学院まで行ってしまった人間です。

もっとみる