20190519西武鉄道ラビュー後車両

西武鉄道 ラビュー 初乗車

平成31年3月に西武鉄道が投入した特急車両ラビューに初乗車
乗車駅は西武池袋線飯能駅
今年3月に開園したムーミンバレーパークの最寄駅(路線バス利用)にあわせて木をふんだんに使った北欧調(?)にリニューアル

西武鉄道のイメージカラー黄色で統一された座席
座席の下にコンセントがあり充電可能
飛行機の座席のようにひじ掛けの下からテーブルが出てきます
深目のリクライニング
座席下のペダルを踏むと4席の向かい合わせ席に変身


進行方向には先頭車両のモニター、逆側には後方のモニター

ラビューといえば大きな窓
山間部の景色を満喫

飯能駅を出て約40分で西武秩父駅に到着

ドア付近の表示板とロゴマーク


電車の社内整備中に1枚

西武秩父駅に到着後に徒歩約5分で秩父鉄道の御花畑駅に乗り換えて20分程度で長瀞へ
運よく、前日から久しぶりに営業再開したライン下りへ(このライン下りは荒川の水量が多くても少なくても営業中止)
ただこの日も水量は少なめ
写真スポットとしても有名な鉄橋(12月上旬までSLパレオエクスプレスがこの鉄橋を走ります。もちろん普通列車も通ります)

鉄橋の下から見上げると

ちょっとした急流へ突入
水量が多ければ水しぶきでびしょ濡れになることもありますが、今日はポチャンポチャン

水しぶきゾーンを超えて、ゆったり流れる水面からの新緑の自然

20~30分くらいのAコースが終わったところの岩畳からの新緑の荒川

急流でラフティングする人たち


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。