20190617パールボウル1

パールボウル(アメリカンフットボール) 2019年6月17日

アメリカンフットボール東日本社会人大会決勝戦、パールボウルが東京ドームで行われました。
対戦カードは、オービックシーガルズ対IBMビッグブルー
奇しくもIT対戦

このカードは3年連続、ここ2回ともオービックが勝利も、最近のIBMの強化ぶりは目を見張るものがあり、実際2017年の秋のリーグ戦ではIBMが初めてオービックに勝利

第1Q
IBMのパントのスナップミスで、敵陣深くからオービックの最初の攻撃で木下へのTDパスでオービック先制、キックも決まり7対0

第2Q
オービック、IBMともにFGで3点づつ追加、10対3
オービック、QBスカイらーからのロングパスを木下がキャッチ、ゴールへ走り込みTD,キックも決まり17対3

ハーフタイムショー
中国の芸能で、踊っている途中で顔が変わる芸を披露する変顔師のパフォーマンス。(池袋東口にある中国火鍋店でも見たことがあります)

第3Q
IBM、パスからTD、キックは不成功
オービック、ロングパスからTD、これも木下。今日3本目のTD。キック成功
オービック 24対 IBM 9

第4Q
IBM、ランでTD、キック不成功
オービック、ランでTD、キック成功
オービック 31対 IBM 15

試合終了 オービック 31対 IBM 15

MVPは3TDの木下。
木下は立命館からNFLの下部組織でNFLヨーロッパに所属していたとき、活躍が認められ、ファルコンズのに呼ばれていたのですが、NFLまでもう一歩でした。NFLに一番近づいた男、ともよばれていました。30歳半ばのためスピードでは負けることがあっても、体のバランスや相手をかわすテクニックは健在。オービックが強くなったのは、木下が加入したことが原因かもしれません。もちろん、他の日本人選手も優秀な選手が多数在籍しています。

最近の国内アメリカンフットボールのチームには若くて優秀なアメリカ人選手がいて、特に日本人QBでは勝てなくなっているとのこと。(元選手が言ってました)

アメリカンフットボールのチームもその時代の強い産業を見て取れます。40年くらいかそれ以上前は、レナウンや帝人等の繊維工業のチーム、バブル期には多くの銀行がチームを持っていて、今はオービック、IBM、富士通等のIT系企業。

アメフトはルールが難しいと言われますが、野球よりも簡単。
野球とラグビーを足して2で割ったような感じ。
騙し合いや色々と頭を使ったプレーが多く、見慣れると面白いのですがテレビ中継がないので残念。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。