20190608ヨガ女性

ホットヨガ

人生初ホットヨガ
5月下旬の平日の夜
場所は、埼玉県のとある日帰り温泉の岩盤浴場

なぜホットヨガかというと
私の体、特に肩がガチガチで、日帰り温泉のマッサージに行くとほとんど毎回、「いやーっ、凝ってますね」、「頭が痛くないですか?」というような労りの言葉をかけられるのです。自分でも、こんなに体が硬くては命の危険を感じることもあり、何とかしなければと普段から気になっていました。

 
数年前、取引先の自然食レストランに訪問したときに、ヨガのインストラクターやヨガを習っている人たちがレッスン後でしょうか、グループで食事していました。その人達のすらっとした姿に感心していたところ、自然食レストランの社長さんから「ヨガやってみれば?」とのお誘いがあったのですが、業務多忙により断り。(あの時断ってなければ今頃は・・・・・・)

そして最近のこと、2か月に1回くらいって行っている日帰り温泉のマッサージで、ホットヨガを勧められて入門?


ホットヨガとは何をするのか
ヨガのレッスンが始まる前にインストラクターから「とにかく汗を書くので、ペットボトルを用意してください」との注意事項。
まずは大きなバスタオルを床に敷き、その上に膝を伸ばして座り、インストラクターのちょっとした私生活の笑い話やヨガの由来の話。
約5分程度、話を聞いただけで額には大量の汗。周りの人たちもしきりにタオルで汗を拭き、水分補給。

・右脚を延ばしたままで、左足の膝を外側に曲げ(片足だけあぐら)前屈の姿勢で腰の関節を緩める。左右を逆に。

・両脚を伸ばして座ったままで両手を頭の上で組み、手を上げたまま、後方を見るように肩と背中と腰をひねり、緩める。逆方向にひねる。

・脚を前後に開いて股関節の柔軟体操。左右を逆に。

立ち上がると室内の上の方の空気が薄くて、暑い。

その後どんなことをしたかは、よく覚えていない。

最後に、直立して両手を上に向かって伸ばし、ゆっくり深呼吸。

これでホットヨガ終了。

時間にして約45分。

定員10~12名くらいで男は私だけ。年齢層は不明。

岩盤浴場の外に出たときは、冷蔵庫に入ったような冷たさ。
冷えたおしぼりで顔を拭くときの爽快感はたまらない。

感想は
・体重がかなり減ったと思ったのですが、水分をたっぷり取ったのであまり変わらず。
・ただただ、黙々と深呼吸を繰り返して、無心になり、汗を拭き、水分補給の連続でしたが、予想以上のすっきり感。
・定期的に習うと集中力がつき、柔軟性アップも期待できそう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。