見出し画像

一時期、同じ仕事に携わった。それだけだけど

一年に二回同期会を行う。

台風一過、よかった。晴天にめぐまれて。お出かけ前に写真を一枚。隣のおばさんに撮ってもらった。こんな機会でなければ話することもめったにないから。

非常勤、非正規、40歳過ぎないと採用されない仕事だ。若い方たちから見ると想像を絶する「集団」かな。

40、50歳で「若い、若い」と仲間に言われるから、その気になってしまう。そしてあっというまに70歳で定年。

ボーナスも昇給も退職金もなし。それを承知で働いてきた。

その仕事をリタイアしても、「相談員」とか「日本語教師」とか「子供が親と会えるようにお手伝いする仕事」などしている人が多い。

この仲間(私も含めて)に共通なのは、働くことに「貪欲」ということ。家でおとなしく「主婦」している人、「好好爺」している人はあまりいない。

定年退職してからまるまる3年経ったから、仕事のこと、少し話してもいいかと思う。調停委員をしていました。

多くの人に接し、いろいろな人生を見てきたことで、若い人にも共感してもらえるナウい記事を書ければ、と思う。

これからの高齢化社会。年齢に関係なく元気な人はボランティアでも何でもいい、世のため人のために働くべし。私はそう思う。

私ぐらいの歳に見える女性が「高齢だから、これもただ、あれもただにしてほしい」と言うのをテレビで見た。

年金もらうことだけ考えていては2千万円の不足どころじゃない。

私が継続できる仕事はカルチャースクールで教えること。少し稼ぎ、そこから税金差っ引かれる。

それも立派な社会貢献だと自負している。

かつて同じ仕事をした同期会の人たちにエネルギーをもらい、noteで知り合った若い人たちからも新鮮な視点とエネルギーをもらいたい。

カンカン照りの中、バス停に向かう。いろいろな場に顔を出し、貪欲に明るく生きたい。せっかく人としてこの世に生れてきたのだから。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23

長谷川美智子

現在NHKカルチャースクール横浜・町田。青山・川越・さいたまアリーナ校講師「枕草子」を担当。『見沼の波留』(埼玉文藝賞)『小説 清少納言』(第15回新風舎出版賞)

コメント8件

長谷川美智子さま
お〜ほほ!何をおっしゃいます😊
詐欺でもいいのです!👍🤣
ステキなのですから💕
赤いワンピースが、お似合いです!全てはこれからですよねぇ~💕
同期会で「もう70過ぎて、死に方を考えなくちゃ」なんて話題で盛り上がりました。「すべてこれから」、と言う言葉、むちゃくちゃ嬉しい!あちこちで使わせてもらいます。明後日公民館の高齢者学級で古典、教えます。デイケアの道具かいな、枕草子は。と憂鬱になっていましたが、「すべてこれから」のセリフ、授業で乱発しながら乗り越えます!ありがとう。力をいただきました。
美智子さん素敵です羨ましですまだまだこれからです
お肌がツルツルですね(^◇^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。