漫画【自殺島】は何の参考にもならない

日々の生活の中で楽しいことが見つけられない僕のような人間は、自殺が頭をよぎるなんてことはしょっちゅうなんですが。

この漫画はタイトルの通りマイナス思考の終着点。

自殺をテーマにしています。

まずはあらすじから。

【あらすじ】(wikiから)
主人公セイは自殺未遂を繰り返した末に、「生きる義務」を放棄した意思を示す書類にサインをする。病院のベッドの上で意識を失ったセイは、目が覚めた時、自分がまだ生きており、そして自分と同じ未遂者達が周囲に何人もいることに気付く。そして、ここが自殺を繰り返す"常習指定者"が送り込まれる島「自殺島」であることを知る。その直後、未遂者達は飛び降り自殺をする瞬間と死に損ねた者のおぞましい姿を目の当たりにし、一時自殺することを踏みとどまる。"死ねなければ生きるしかない"彼らのサバイバルが始まる。


【感想】

自殺を本気で考えたことがない人や
「人生波はあるけどそれなりに楽しいっしょ!?」
と考えている人は、それなりに感動するんだろうなって思いました。

しかし、僕のような捻くれた人間には納得が出来ませんでした。

なぜ納得がいかないか?

**それは、”能力的に優れた人間”が消えただけだから。 **

自殺をする人間って社会に負けて、どうしようもない現状から「ただ逃げ出したい」っていう動機が多いと思うんですよね。

この漫画の登場人物も過去のトラウマから自殺をしてしまった人が一部いましたが、大方は社会に負けて自分に自信が持てないという動機からの自殺でした。

そんな負けた人間たちが一箇所に集められて生活させられたら相対的に自分の能力値が上がりませんか?

例えば、偏差値70以上の人間を全員殺したら偏差値60以上の人は勝手に偏差値が上がりますよね?

世の中のイケメンとか可愛いとか言われてる人間全員を殺したら、普通でもイケメンとか可愛いになりますよね?

そう。

**この自殺島というのは劣る人間を一箇所に集めて、”負け組だけの社会を再構築した世界”なんです。 **

しかも、主人公は食糧が重要な無人島で、弓が引けてシカ肉が獲れます。

無人島という環境。

他に狩猟が出来る人間がいないこと。

この2つだけで主人公は自分では気がつかない内に地位が上がってるんですよね。

「そんな中で生きる喜びみたいなことを語られても全く説得力がないよね?」と僕は思いました。

漫画の構成上、死にたい人な序盤にさっさと死んだように見えます。

でも、島の中でも自信を持てないけど死ぬことも出来ない人間は必ずいるはすなんですよ。

モブキャラはどこにでもいるばすですからね。


ダラダラと話しましたがもう1つ。

何よりも許せないことなんですが、
この主人公はロシアンハーフの美女と相思相愛なんですよ!

性の悦びを知りやがって!
(※この記事は2016年に書いていたものです)

「あれ?ゴチャゴチャ壮大なこと言ってるけど、おいおい!性欲が満たせるようになったから楽しいだけなんじゃね?」

と思ってたら話が頭に入ってきませんでした。

主人公の仲間の"帽子くん"も良きセックスパートナーを見つけた辺りから人生観が変わりました死ね。

【教訓】

自殺島で生きることを心から望んだ者は皆セックスしてました。

生の喜びを知るには性の喜びを知らないといけないのかもしれません。

皆さんも沢山セックスしてください。

以上、童貞の僕からでした。(大泣き)

#親の不良債権 #生きてる価値が見出せない #浪人 #多浪 #留年 #多留 #マンガ #コラム #エッセイ #感想 #フィクション #マンガ感想 #2浪 #クズ人間 #フィクション感想 #自己啓発 #人生 #社会不適合者 #大学生 #自殺 #自殺島 #日記 #ネタバレ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

エサをあげてください。 喜びます。 本当に食費になります。

ありがとうございます(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ
5

野鳥先輩

2浪してMARCHに入ったものの残単位100以上のまま4年生を迎えた男。生きてる価値がないし生きてる意味もわからない、クソ野郎の日記。Twitter→https://mobile.twitter.com/kusobirdori

マンガ感想

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。