pon

株式会社リクシスCTO/株式会社NYAUW創業者/alphaLLC創業者 twitter : https://twitter.com/pcryta

「高い目標を置くことに抵抗がなくなった」 OKRの導入・設計・運用をCADDiで聞いてきた

きっかけはこの記事でした

OKRをスタートアップが実際にどう運用するか気になっていたところに、ドンピシャのとても参考になる記事!

ぜひ詳細聞いてみたいなと思っていたところでMeetupが開催されるということで行ってみました!以下箇条書きですがイベント時の雑感をまとめました

前提

1. 今までのやり方の延長線上では到達できないけれど、実現を想像するとワクワクするような「ムーンショット目標」を

もっとみる

Lyxis開発ブログことはじめ

LyxisではLCAT(Lyxis Care Assistant Tools)という仕事と介護の両立支援システムを素晴らしいメンバーと一緒に開発していて、ぼくはLyxisでCDOとCPOをあわせたことをしてます。要は事業が進み、プロダクトを創ることに関係するすべての雑用ですね

LCATは一言で言うならは「企業向けに“仕事と介護の両立”の体制をワンストップかつ手軽に構築するシステム」です。詳細は下

もっとみる

「飛行機はなぜ飛ぶかのかまだ分からない」なんてことはない

サイトそのものは怪しさ満点だけど
論理の流れはちゃんとしてるのでこちらをまとめてみる

より詳細なのはこちら

メッセージ

× 飛行機はなぜ飛ぶかのかまだ分からない
◯ 飛行機がなぜ飛ぶのかわかっている

よくある間違い理論

同時間通過説
空気が前方からやってくる。そして翼に当たる。翼の前端で上下に分かれた空気は、後端に「同時に」到着する。ところが飛行機の翼の断面は上面が下面より膨らんでいて、

もっとみる

レーザー冷却の仕組みが気になったので調べてみた

今年のノーベル物理学賞は光ピンセット

今年のノーベル物理学賞は
光ピンセットと極超短レーザーパルスに与えられた

原理はこちらが詳しい。ここから光ピンセットの概要とメリットを説明している部分を引用しておくと

光を回折限界に集束させることで,溶液中の微粒子などをその集光点に捕捉する光技術である.この光学系を光学顕微鏡に導入することで,研究対象となる微小物体を顕微鏡で観察しながら,非接触・非侵襲で

もっとみる

新規事業の参集障壁の1つは言葉かもしれないという話

議論をしていて、ある「言葉」の暗黙の意味付けの違いですれ違って、ふと気づいたら30分くらい過ぎてしまう打ち合わせを経験したことがある人も多いのではなかろうか。

同じある言葉であってもその言葉に対する解像度は、人によって様々だ。
例えば、同じ「営業」という言葉をとっても、
・ ベテランの営業部長が想起すること
・ 就活真っ只中の理系学生が思うこと
・ 高校生が感じること
は全く別のものを指している

もっとみる

スタートアップにおいて、課題にフォーカスしないということ

課題というバイアス

「課題解決には価値がある。」
「スタートアップはまだ言語化されていない課題を解決する。」
ここに疑いはあまりないように一見みえる。
リーンキャンバスの左上にも課題の文字が鎮座する。

しかし、ここであえて`課題`について考えてみると、
課題という概念そのものが持つバイアスが見えてくる。

あなたにとっては課題だけど

課題を考えると「Aにとっては課題でも、Bにとっては課題では

もっとみる