「文喫」満喫のために-5つのポイント

青山ブックセンター六本木店の跡地に「文喫」ができて早3ヶ月。

文喫は「文化を喫する、入場料のある本屋」。1500円(税抜)で1日じゅう本が読み放題。喫茶スペース、wifiもある。

本好きだったらぜひ行って欲しい、今からでも遅くない、文喫を満喫する方法を教えます。

1.コーヒーと煎茶は何杯でも無料

なんと、コーヒー(ホット、アイス)と煎茶は飲み放題なのです。ちゃんとおいしいし、マグもピンク色でかわいい。

2.返本台から、本を選ぶたのしみ

書棚周りに、利用者が読み終えた本のラックが点在しているのですが、そこからいろんな人の好きなもの、流行りが見えてきて面白いので要チェック。

3.本気で勉強、PC作業できます

店内の階段を上がった先に、自習スペースがあります。いい椅子で作業がはかどりそう。なお、とある土曜日の夕方は埋まってました。

4.午後11時までやっている

なかなか落ち着いた雰囲気の場所で、遅くまでやっているところってないですよね。駅からも近いですし、ありがたいです。

5.月替わりの展示は無料

入場料1500円、ちょっと高いんじゃない?という人にも朗報。入り口のギャラリーは無料です。

2月は「きっとそれも恋である」という、恋愛本についての展示でした。観覧者参加型で、自分の好きな本に投票できる仕組み。試し読みもできます。

3月は写真家の石川直樹さんの展示が行われているので、こちらも必見。

以上、文喫を満喫するポイントでした。私はまた近いうちに再訪する予定です。ハヤシライスもおいしいらしい……!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートいただけたら嬉しいです!ありがとうございます。夏を快適に過ごす費用として使わせていただきます。

🍒🍒🍒 本当にありがたいです。紅てまりをどうぞ。
9

kuu

まいにち、考える。

日々の思考を書きとめるnote。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

おつかれさまでした!
「文喫」話題ですからねー、こういう記事を早く出すのとてもいいです◎ 興味はあるけど1500円ちょっと高いな、と思っている人に刺さると思うので、タイトルを「文喫を3000円分楽しむための◎つの方法」「本好きの人が絶対に文喫に行くべき◎つの理由」みたいに、背中を後押しするようなものにするとより読まれそう!
ひきつづき、よろしくお願いいたします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。