生きてる間、何回自己紹介するんだろうか

今月のテーマは、自己紹介。
まずはなぜこのテーマで書こうと思ったか。端的に言うと、

「モーニング式 最強の自己紹介術」というイベントに、申し込めなくて、悔しかったからです。

謳い文句が「覚えてもらえないこと、なくなります」というもの。本当に?難しくない?いやでも万が一が……
そう思ってみんな参加したんだろうな。
何しろ4月は出会いの季節。イコール、自己紹介の季節なので、必須。

私はキャラクターが載ってる冊子もほしかったし、行きたかった!
というわけで、じゃあもう勝手に考えてしまおう!と思い立ったわけです。

しかし、いつの頃から自己紹介が始まるんだろうか。保育園や幼稚園…はあるかもしれないけれど大抵の人が覚えていない気がする。
小学校は、名前、元のクラスなんかを言い合い、中学校になると、「○○小」出身、そして部活という要素が入ってくる。

高校は出身と部活というポイントがより深く意味を持ち、そして大学や専門学校になると、それはいよいよ拡大する。

どこの県出身かがアイデンティティの一部となり、何ができる人か問われてくるのだ。アルバイトも本格的になるから、他人との関わりもぐっと増える。

そして学校を出ると、サラリーマン、自営業、主婦/主夫などに分かれていく。名刺で取引先に挨拶、ママ友やパパ友と交流などの出会いが訪れる。

さらに異業種交流会、婚活、趣味の習い事など、やればやるほど自己紹介がついて回る。
退職後も、新たなコミュニティに入ればまた一から関係を築くことになる。

ということは、多くの人がけっこうたくさん「○○と申します。よろしくお願いします」という言葉を唱えているわけだ。

しかし、上手い人と下手な人、印象に残る人とそうでない人に分かれてしまう。なぜだろう…

次回はその辺りを掘り下げていこうと思います。早くうまくなりたーい!

※モーニングの自己紹介イベントに行けた方、レポートしてほしいです…

#エッセイ #コラム #自己紹介 #モーニング





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!いただいた分は、ライフワークであるさくらんぼの研究(食べ比べなど)に使わせていただきます。

🍒🍒🍒 嬉しいです!高砂をどうぞ。
6

kuu

まいつきかんがえる。

毎月いろんなテーマで考えます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。