10日目揚げ物成果_20190730_140547

油の劣化抑制性能試験10日目後半。最終AV値(暫定)は変わらず1.4。試験機関に送って分析を待ちます。

7月30日火曜日、今日で100kgの調理を完了しました。

コンビニ繁忙店を想定して1日10kgを10日間、実際には6日目からは5kgずつ前半と後半に分けて行いましたので実働15日かかりました。

7月10日に開始しましたので、ちょうど3週間かけて行ったことになります。最初のうちはトラブルもあったり大変でしたが、仲間の支援もあってなんとかやりきりました。

noteとFaceBookで応援していただいたみなさんありがとうございました。

◇  ◇  ◇

さて最終日ですが、100kgまでの残り4.2kgを調理しました。

写真はスーパーの冷凍商品棚。メンチカツが品切れで代わりに使用したいハムカツもなし、しかたなく牛すじコロッケにしました。1個80gと同じ重さです。

さらにチキンカツも品切れでピンチ。

代わりに若鶏のあっさり唐揚げ1袋で良いところを2袋ゲット。これで唐揚げも売り切れとなりました。危ないところでした。

100キロ全てフードロスなしで終了

調理の結果はこの写真です。四角い青いさらに乗っているのが80gの牛すじコロッケです。

全部で4.2キロ、今日は瀬谷のお福分けの会へ届け、これで全100キロ全てフードロスなしで終了することができました。ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

調理後の油槽の様子は前回と変わっていないように見えます。

AV値も変わらず暫定1.4としておきます。このあと300ccの油を検査機関に送って分析してもらいます。結果が出るまで約1週間程度の予定です。


このあとは実験結果の整理に入ります。また全く手つかずになっている動画の掲載も徐々に行っていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

嬉しいです!また読んで下さい。
8

山田 光二 クールフライヤー㈱代表

揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換(全量廃棄)なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年発売を目指しています。応援お願い致します! →http://coolfryer.co.jp/ 写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。

クールフライヤー調理・実験ブログ

クールフライヤーでの調理実験に関するブログです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。