日記_180315

会社の採用活動の手伝いで、母校のある京都へ出張。
行きの新幹線を待つ列で、インド人の老夫婦から「Excuse me.」と問い合わせが。
どうやら乗りたいこのチケットの新幹線は次来るヤツで合ってるか?ということらしく、ガッツリ号車番号も正解だったので、OK,OK, next one.とコミュニケーション。
これから京都行くねん、とインドのおじいちゃんが満面の笑みで言ってくるもんだから、おれも京都行くねん!too!とアピール。
なんとか、京都の学校通っててん!までは伝えられたけど、母校で会社の採用活動、ってなんていうのかわからなすぎてこのへんでギブ。とりあえず「京都めっちゃgood placeよな!」というところの合意に着地した。

こういう、何気ない時に意思を伝えられたらうれしいだろうな、という時に、英語もっとしゃべれたらなあ!と思います。ね。
採用活動は英語でなんていうんだろ。いま考えてもNew face huntingとかしか思いつかん。ハンティング!

早めに京都に着き、少し歩いて愛しき鴨川を拝む。あいもかわらず全てを包み込むおだやかさ。好き。
バイトしていた河原町通りの喫茶店チェーンはまだまだがんばっているようで、ランチがてら時間を潰そうかと近寄ったら、まさかの当時の店長らしき人影が目につき、反射的に入店せず通り過ぎてしまった。仕事前のナーバスなテンションで会えるほどは仲良くなかったものですから…笑

違う喫茶店チェーンに落ち着き、急いで会社説明の原稿を覚える。
1年に一回だと全然忘れるからめんどくさい。でも貴重な機会だったからがんばりました。
懐かしの通学のバスとか、色々思い出した。

研究室が集合したキャンパスでの合同説明会だったので、イベントの前に一応出身研究室に顔を出しておこう、と思って寄ってみたら、なんと実験室の装置類が次々に外へ運ばれていく場面に出くわしてしまった!
去年教授が退官されて、近々研究室は解散になってしまうかも、となんとなく話は聞いていたが、まさか本当にこうして物理的に消滅してしまうとは。

あまり深い思い入れもなかったけど、さすがに少し感傷的な気分に。
先生とか学生も誰も引越し作業に立ち会っておらず、作業をしていた見知らぬ業者さんに声をかけ引越しの事実を確認することになって少しウケた。諸行無常の響きあり。

というわけでイベントも無事終え、急いで京都駅へ。
関西在住の大学時代の友達とご飯。
カミングアウト済みの2人なので気兼ねなく談話。
すると1人の子が友達の友達のゲイが東京住んでるらしいから、紹介したいんだけどどう!?というまさかのオファー!芸術系の大学に通っていた子だったので、人脈に色々ツテがあるようで、本当に本当に心強く感じた。

友達同士の女性2人は関西にいながらにして、
その両者の、それぞれのゲイ友が遠隔操作で東京で出会うという、画期的な試みとなりそうです。

あぁ文章の説明が難しすぎる!
図説したい!会社説明かのような図説がしたい!パワポ!

ともあれご飯もとってもうまくて、すごく楽しかった。元気もらえた。
最後にライトアップした京都タワーをまじえて写真を撮り、最終の新幹線で東京に戻りましたとさ。

明日金曜休めなかったから日帰りで疲れたけど、やはり京都は最強のみやこです。

#日記 #筆ペン #文字 #手書き #習字

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

日記

情熱に、情熱に、お値段つけられない
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。