Pb

春っぽくなってきて、日差しの暖かさも空気の柔らかさも感じられるようになってきたけれど、まだまだ夜は冷える日々が続く。ついでに言えば、暖かくなったり寒くなったり、今週の木曜日は仙台でも20度を超えるとかなんとか、かと思えば翌日は10度くらいまでさっと下がるとかなんとか。三寒四温とはこのことかと思っている。春が来る。

春と鉛という曲が好きです。

春はあったかいし、桜なんかも綺麗だし、穏やかな空気感とか、柔らかいイメージがあるんですが、一方でこのヒリヒリした感じというか、灰色の空気感も確かに春だなと思います。

春っていろいろあるじゃないですか。卒業だったり、あるいは入学だったり、異動だったり、引っ越しだったり。色んなことが目まぐるしく訪れては去り、出会っては別れ、得ては失い、でも、また得たり。いろいろなことがものすごいスピードで起きるから、ぼんやりしていると置いていかれてしまうような気がして、春は特に、気持ちがピリッとします。

川みたいなもので、泳ぎ続けないとどんどん流されて違うところに行ってしまうものだと思っています。押し寄せる新しいことや変化の中で、それはそれで良いのだけれど、見つけた大事なものとか、綺麗な景色とか、大事にしておきたいじゃないですか。だから少しだけ、春は強い気持ちになります。置いて行かれないように、ちゃんと掴んでおけるように。

桜の木の下には死体が埋まっているんだって。だから綺麗なピンクの花が咲くんだって。もっともっと楽しいことができるように、ちょっとずつちょっとずつ、しっかり踏みしめて頑張ります。うす。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いつもありがとうございます。嬉しいです。
2

強炭酸

雑記

思ったことを自由に書いていくやつ。日記とも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。