きょうか

思春期真っ盛りの中学生男子とおしゃまな小学生女子のアラフォーシングルママ。パパは6年前に天国へ。泣いて笑って怒っても楽しく日々を過ごしたい。 http://twitter.com/kyoka_arahashi https://www.instagram.com/kyoka_555
固定されたノート

チャラ男、あらわる

チャラ男シリーズ#1

息子は2歳のころから彼女がいた。

毎週通う児童センターで、
その子に会うないなや
「○○ちゃぁ~ん」
「△△くぅ~ん」
と、お互い満面の笑みで手を取り合って
キャッキャキャッキャ遊びだす。
他のお友達を寄せ付けず、完全に2人の世界。

人見知りをしないのは親として助かるが、
2歳にして異性に対して声色をかえる術を身につけるとは。
もちろん、私はそんなこ

もっとみる

塾の先生との付き合い方

戦略的中学受験のすすめ⑦

正直、中学受験は過酷です。
やらなければいけないものでもありません。
でも、あえてやると決めたならば、受験のプロである塾の先生との付き合い方が大切になってきます。親と先生が上手くタッグを組めると、子供にもいい影響を与えることが可能になります。

そもそも、大手塾は大手塾の、個人塾は個人塾のいいところがあります。それぞれ一長一短なので、この塾がいい!というものではありませ

もっとみる

どうせ○○だから…はできない理由にならない

あるセミナーで、ちょっと変わった話し方をするな、と思った女性がいた。一番前の席に座り、積極的に講師に質問していた。

なんと、生まれつき耳が聞こえないという。
もうめちゃくちゃ驚いた。
補聴器をつけてもやっとなんとなく聞こえる状態なのに、一日がかりのセミナーに参加しているのだ。
どうやって話を理解しているのか?
「読唇術」というものを使っているそうだ。相手の唇の動きで言葉を読み取る技術だ。

懇親

もっとみる

書き初め…お作法とやらは無視します。

冬休みの宿題の定番、書き初め。
兄がシブシブやり出した横で、
妹もイソイソと始める。

中1の息子には、書き方をアドバイスしようものなら、ウザがられるのは目に見えてるので、口出し厳禁。

小3の娘は、上手く書けないととたんに機嫌をそこね、やる気をなくすのは目に見えているので、褒めて持ち上げるのは必須。

私の母は昔自宅で習字教室をしていたから、私も小学生のときは和室で正座しながらのお習字を毎週欠か

もっとみる

いつになったら開花するのさ、中学生男子よ

チャラ男シリーズ#43

期末試験が散々な結果に終わり、
担任との面談を終えて帰ってきた日の夜。

息子「おれはさ、結局読解力が足りないんだよ」

私「本キライで読まないからでしょ~自分で選んだ本すら読まないんだから。漫画ばっかりでっ!」

息子「だってつまんねーんだもん」

私「そういえば、じぃじは小学生のときは成績悪かったけど、中学生で新聞を読むようになって、そしたら成績上がったらしいよ~」

もっとみる

西郷どん最終回、からの9歳の考察・・・

らん子シリーズ#10

西郷どんの最終回を観たあと、一緒に布団に入ってからのこと。
9歳の娘が「どうして戦争したの?しちゃいけないんでしょ?」と。

あぁ…これは軽く流しちゃいけないことだ…と観念する母。

「そうね、新しい世の中を作りたいっていう人たちと、今までのままが良かったっていう人たちが、話し合いで解決できなくて、とうとうケンカになってそれが戦いになっちゃったの。」

『西郷どんは戦争した

もっとみる