ミギーの自己紹介

どうもはじめまして!

「タイムバンカーの集い」代表ミギーです。

このプロフィールを読み終わるころには、
あなたは「こいつ変なやつだけどおもしろいかもしれないな」と思っている(はず)

ミギーって誰?
1985年11月3日生まれ。さそり座。A型。
名古屋でしながいサラリーマンをしている32歳です。
出身は広島。もっとちゃんというと和歌山の赤十字病院で生まれて、
18年間広島で育ちました。
ええ、カープファンです。(←聞かれてない)

広島にいた頃から「ちょっと変わった子」と言われていましたが、
とにかく目立ちたがり屋な性格です。
そんな背景もあったからか、小学校の頃は軽くいじめなどもあったように思いますが、
基本的に寝て起きると大丈夫な方のタイプ。
中学・高校は私立の一貫校。(親に感謝!)

当時、「スラムダンク」が流行っていてバスケ部に入った(←超ミーハー)ものの半年でリタイア。
その後好きな女の子がソフトテニス部にいたので体験入部した(←超浅はか)のですが、
同じテニス部の同級生と付き合っていることを知り退部。
人見知りしないタイプなので学生生活では隔たりなくいろんな人に絡んでだものの、
結局卒業して、ずっと会う友達は5~6名くらい。(そんなもんだよね!)

そんな私が続いたのは地元の芸能スクール養成所。
当時、「DAPUMP」や「SPEED」などダンス&ボーカルユニットが流行っていて入学。(←変わらずミーハー)
ここのスクール生活が本当に楽しかった。
4年と半年通って卒業。ここの経験や出会った友達は今でも財産です。
実は「海猿」に一瞬出てます(あれは撮影が広島)
昔は隠していたのですがもう吹っ切れました!(遅いか)

18歳の時に東京へ上京。ここでも芸能事務所に所属して、
さんま御殿の再現VTRやドラマのちょい役に出ながら、
オーディションを受ける日々・・・でもいろいろあって20歳で辞めました。
今では辞めてよかったと、事務所の社長には感謝しかないです。

大学時代は勉強もしないでとにかくサークルの先輩とギャンブル三昧。
サークルは軽音楽部で当時「NANA」って漫画が流行っていて、
とにかくかっこよさそうというのと、先輩のノリが楽しかったから入部。(←安定のミーハー)
これが人生のレール(?)を大きく外す一因になります。
大学時代にハマったギャンブルで廃人級のダメ人間生活。
パチンコ屋(渋谷のマルハン←もう潰れた)に朝から並んで、
一日打ってマルハンの上の漫喫で寝て朝またマルハンにならぶというのを続ける暴挙の日々。
当時の彼女もマルハンの店員さんというクズっぷり。
合間にサークルに行ってダベって酒飲んで寝る毎日でとにかく遊び倒しました。
そんなこんなで大学を現役で卒業(←後輩にめちゃくちゃ手伝ってもらった)

社会人になってから

2008年4月に新卒でとある金融の会社に入ります。
そして2008年8月にあれが起こってしまいます・・・そうリーマンショックですね。
入社当時200名はいた社員は半分以下に。中間管理職から自主退社を勧められるので、
直属の上司が毎月のように変化する日々・・・事務所も縮小して移転しました。

そして、2009年11月2日(私の誕生日の前日)、当時の社長に呼び出されて、

社長「ミギー君、明日から会社来なくていいから」

私「・・・あ、はい。」

その日のうちにデスク周りをすべて片づけて退社。
翌日(誕生日当日)に目が覚めると、
24歳になると同時にニートになっていました。

そこからは失業保険をもらいつつ生活するも長くは続かず、
4つのバイト掛け持ちと夜のちょっとした仕事をこなしてまとまった収入を確保。
しばらくフリーター生活をしていたら、
バイトの一つである居酒屋で「店長にならないか?」と誘われる一方、
今勤めている会社の「正社員にならないか?」が同時期に来て、
今の会社のサラリーマン生活を選びました。(間違ってなかったと思う)

そして、いろいろありつつなんとかやっていく中で出会ったのが、
「タイムバンク」(やっとこの話題に。)
最初は3万円くらい入れて遊んでいたものの、
これ面白いかも・・・と感じてその後約30万円を入れて、
情報交換のためにTwitterを利用していたらグループができ、
「このグループで上場しますか!」となって上場(ありがとうございます!)
今はタイムバンクの利用者をどのように増やしていくかを結構真面目に考えております。

ちなみにミギーの投資経験ですが、
「タイムバンクが初めて」です。
金融の会社にいたので人の相場は見たり動かしたりしましたが、
株・FX、不動産、個人型DCなど投資や運用ということを一切やったことがございません。
年初に仮想通貨を始めましたがとんでもなく損してます←

こんなダメ人間ミギーですが、
正社員になってからはギャンブルはほどほどの普通の人間です←
どうぞ応援よろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。