kyon

恵比寿で働くUIUXデザイナーです。フリーランスでベンチャーのデザイン支援もやってます

Abstractをもっと効果的に使うためのあれこれ

今回のテーマは、Sketchのバージョン管理ツール「Abstract」についてです。以前導入を検討していたものの、Sketchのファイル容量が大きいとAbstractで読み込めないというバグがあったようで、リリース直後の導入は一度見送っていました。

しかし、サービスが改善フェーズに入ってくると、同じSketchファイルを複数のデザイナーが修正することも多くなり、バージョン管理や同時作業ができない

もっとみる

少しの工夫でグッと良くなる!タイポグラフィTIPS

VASILYのデザインチームでは、「IQON」をはじめとするUIデザインに多くの時間を充てていますが、ファッションブランドとのタイアップ企画や、採用イベント用の広報物など、ビジュアルデザインにも力を入れています。

下記は今週開催されているtry! Swiftでの様子です。ブースのグラフィックや配布パンフレットなどを社内で制作しました。

そういったこともあり、VASILYのデザインチームでは基礎

もっとみる

VASILY開発合宿開催!デザイナーの開発テーマはどう決める?

(※この記事は、2017年11月29日にMediumで公開した記事を加筆・転載したものです)

先日、VASILYのエンジニア&デザイナーで1泊2日の開発合宿に行ってきました。

開発合宿専用プランのある湯河原の温泉宿「おんやど恵」での開発は、温泉あり、美味しいご飯ありの、かなり有意義な合宿となりました。
開発当日の詳しい様子は、エンジニアブログでも公開されているので、ぜひご覧ください!

今回は

もっとみる

良いバナーの再現性を高めよう!デザイナーによるバナー運用例のご紹介

(※この記事は、2017年7月25日にMediumで公開した記事を加筆・転載したものです)

IQONアプリではネイティブ広告としてバナーを配信しており、大手ECサイトやファッションブランドが主なクライアントです。IQONのファッションコンテンツ内に表示されても違和感なく、かつCTRを最大化できるよう、そのほとんどを社内デザイナーが制作しています。

今回は、CTRを高めるためにVASILYデザイ

もっとみる

Sketch移行とUIコンポーネント化で、良いことしかなかった話

(※この記事は、2017年3月31日にMediumで公開した記事を転載したものです)

アプリやWebのUI制作では、もうSketchに完全移行したという方も多いのではないでしょうか。VASILYで開発・運用しているファッションサービス「IQON」でも、昨年の夏頃から徐々に移行を開始し、現在はほぼすべてのUI制作をSketchで行えるようになりました。

そこで今回は、Sketch移行を進めた際の

もっとみる

あそこで使われている、あのフォント。についてまとめてみました

(※この記事は、2016年12月22日にMediumで公開した記事を加筆・転載したものです)

今回は、デザイナーであればついつい食い付いてしまう「フォントの話」についてです。ウェブサイトや公共交通機関など、日常的に目にするところでどんなフォントが使われているのか、改めてまとめてみました。

Apple

Appleのウェブサイトで使われている有名な組み合わせと言えば、「AXIS」と「Myriad

もっとみる