【翻訳】セオリー・フィクション文献リスト by Gregory Marks

セオリー・フィクション。
それはニック・ランドが唱えたスペキュラティブ・リアリズムの一形態。そこでは形式と内容は融解し、すべてが連関し、連続的になり、あらゆる境界は消え失せ、オブジェクトがオブジェクトそれ自体として形を成すことはない。
構築的シュールレアリズム。シニフィアンとシニフィエ、シーニュから成る三角形の崩壊。
オブジェクト指向プログラミングに取って代わる属性指向プログラミング、それから参照指向プログラミングにより、情報科学的に体系化されるもの。
セオリー・フィクションは記号論的三角形を破壊し、あらゆる表象を二重性の中へ投げ入れることで、オブジェクトそのものを排除する。(Urban Dictionary, "theory-fiction"より抜粋)

セオリー・フィクションとは何だろうか。端的に言えばそれは、理論と小説の結節点でありつつも、同時に、「理論と小説が互いに引き裂きあい、矛盾のうちに内破するもの」(マーク・フィッシャー)を指し示す。
理論と小説のハイブリッド。そうしたテクストの様態においては、理論はその台座から引き剥がされ、小説の持つ、虚構の力が前景化される。そして両者ともに、アカデミズムのようなハイカルチャーの世界から解放されるのだ。

セオリー・フィクションがいかなる概念であるにせよ、該当する作品群は複数ジャンルにまたがるものである。ある作品は保守的な学術理論に対するフラストレーションに溢れ、ある作品は予言的な特性に満ち、ある作品は確立された様式を積極的に無視することにより、セオリー・フィクションと分類されうる作品となっている。
最近では、サイモン・セラーズがセオリー・フィクションについて適切な解説をしていたため紹介したい。曰く、「セオリー・フィクションとはジャンルなのではなく、一種のアティチュードなのだ」と。彼は続ける。「世界は混沌としており、理論によって整然と説明できるようなものではない。理論はつねにひび割れており、多くの物事を取りこぼすものなのだ」

そして、セオリー・フィクションの目的とは、取りこぼされたものを――理論の外へと漏れ出したものを――救い出すことにある。あるいは、理論と小説という確立された異なる二つの領域間をまたがった、俯瞰的な視野を獲得すること。
以下のリストの前半部では虚構の枠組みを借りた理論書を紹介し、リストの後半部では理論的内容を含む小説を紹介する。そしてリスト中間部では、前半部と後半部を俯瞰することで浮上する、そのいずれにも分類されない、セオリー・フィクションとしか呼びようのないテクスト群を紹介する。
なお、それぞれジャンルによる区分を行っているものの、これらの区分はリストを作成するにあたっての便宜的なものであり、これ以外のジャンル区分もありうる点についてはご理解いただきたい。

■詩論 (テクストの戦略を前景化する理論書)
・キルケゴール — おそれとおののき
 Søren Kierkegaard — Fear and Trembling (1843)
・バタイユ — Visions of Excess: Selected Writings, 1927-1939
 Georges Bataille — Visions of Excess: Selected Writings, 1927-1939 (1985)
・アドルノ — ミニマ・モラリア
 Theodor Adorno — Minima Moralia (1951)
・ヴィリリオ — 速度と政治
 Paul Virilio — Speed and Politics (1977)
・ブランショ — 災厄のエクリチュール
 Maurice Blanchot — The Writing of the Disaster (1980)
・ドゥルーズ&ガタリ — 千のプラトー
 Gilles Deleuze & Felix Guattari — A Thousand Plateaus (1980)
・デリダ — 絵葉書
 Jacques Derrida — The Post Card (1980)
・ヴェイユ — アンソロジー
 Simone Weil — An Anthology (1986)
・ボードリヤール — コミュニケーションの恍惚
 Jean Baudrillard — The Ecstasy of Communication (1987)
・レイニー他 — Futurism: An Anthology
 Lawrence Rainey, et al. — Futurism: An Anthology (2009)
・リゴッティ — The Conspiracy Against the Human Race
 Thomas Ligotti — The Conspiracy Against the Human Race (2010)
・フルッサー&ベック — Vampyroteuthis Infernalis
 Villem Flusser & Louis Bec — Vampyroteuthis Infernalis (2012)
・ランキン — Citizen: An American Lyric
 Claudia Rankine — Citizen: An American Lyric (2014)
・エイズ他 — The Surrealism Reader
 Dawn Ades, et al. — The Surrealism Reader (2015)
・ハラウェイ — Manifestly Haraway
 Donna Haraway — Manifestly Haraway (2016)

■物語論 (物語形式を取った理論書)
・ルクレティウス — 事物の本性について
 Lucretius — On The Nature of the Universe (55 BC)
・鴨長明 — 方丈記
 Kamo no Chōmei — An Account of My Hut (1212)
・モーシェ・デ・レオン — ゾーハル
 Moses de León — The Zohar (1305)
・ニーチェ — ツァラトゥストラはこう語った
 Friedrich Nietzsche — Thus Spoke Zarathustra (1891)
・クロソウスキー — ニーチェと悪循環
 Pierre Klossowski — Nietzsche and the Vicious Circle (1969)
・ベンヤミン — 記憶への旅
 Walter Benjamin — One-Way Street and Other Writings (1970)
・シクスー — The Third Body
 Hélène Cixous — The Third Body (1970)
・テーヴェライト — Male Fantasies
 Klaus Theweleit — Male Fantasies (1977)
・イリガライ — 海の恋人、フリードリヒ・ニーチェ
 Luce Irigaray — Marine Lover of Friedrich Nietzsche (1980)
・デランダ — A Thousand Years of Nonlinear History
 Manuel De Landa — A Thousand Years of Nonlinear History (1997)
・ケラー — The Face of the Deep
 Catherine Keller — The Face of the Deep (2003)
・セール — Biogea
 Michel Serres — Biogea (2012)
・ツィング — The Mushroom at the End of the World
 Anna Lowenhaupt Tsing — The Mushroom at the End of the World (2015)

■サイバネティック・セオリー・フィクション
・バナール — The World, The Flesh, and The Devil
 J D Bernal — The World, The Flesh, and The Devil (1929)
・レム — 技術大全
 Stanisław Lem — Summa Technologiae (1964)
・ランド — Fanged Noumena: Collected Writings 1987-2007
 Nick Land —Fanged Noumena: Collected Writings 1987-2007 (2011)
・クローカー — SPASM
 Arthur Kroker — SPASM (1993)
・Orphan Drift — Cyberpositive
 Orphan Drift — Cyberpositive (1995)
・CCRU — Writings 1997-2003
 CCRU — Writings 1997-2003 (2015)
・Kodwo Eshun — More Brilliant Than The Sun
 Kodwo Eshun — More Brilliant Than The Sun (1998)
・プラント — Zeros + Ones
 Sadie Plant — Zeros + Ones (1998)
・フィッシャー — Flatline Constructs
 Mark Fisher — Flatline Constructs (1999)
・ネガレスタニ — Cyclonopedia
 Reza Negarestani — Cyclonopedia (2008)
・ケラー他— Leper Creativity: Cyclonopedia Symposium
 Edward Keller, et al. — Leper Creativity: Cyclonopedia Symposium (2012)
・マッケイ&アヴァネシアン — #ACCELERATE
 Robin Mackay & Armen Avanessian — #ACCELERATE (2014)
・Baylee Brits他 — Aesthetics After Finitude
 Baylee Brits, et al. — Aesthetics After Finitude (2016)
・ブラットン — Dispute Plan to Prevent Future Luxury Constitution
 Benjamin H Bratton — Dispute Plan to Prevent Future Luxury Constitution (2016)
・Cergat — Earthmare
 Cergat — Earthmare (2017)
・Nicola Masciandaro — Sacer
 Nicola Masciandaro — Sacer (2017)
・サンディファー — Neoreaction: A Basilisk
 Elizabeth Sandifer — Neoreaction: A Basilisk (2017)

■SF (理論的な要素が強いSF)
・上田秋成 — 雨月物語
 Ueda Akinari — Tales of Moonlight and Rain (1776)
・バロウズ — ソフトマシーン
 William Burroughs — The Soft Machine (1961)
・ストロガツキー兄弟 — 神様はつらい(神々のたそがれ)
 Arkady & Boris Strugatsky — Hard to Be a God (1964)
・ル・グイン — 闇の左手
 Ursula K Le Guin — The Left Hand of Darkness (1969)
・ウィティッグ — 女ゲリラたち
 Monique Wittig — Les Guérillères (1969)
・バラード — 残虐行為展覧会
 J G Ballard — The Atrocity Exhibition (1970)
・カーター — ホフマン博士の地獄の欲望装置
 Angela Carter — The Infernal Desire Machines of Doctor Hoffman (1972)
・ピンチョン — 重力の虹
 Thomas Pynchon — Gravity’s Rainbow (1973)
・ディレイニー — トリトン
 Samuel R Delany — Triton (1976)
・デ・マリア — The Twenty Days of Turin
 Giorgio De Maria — The Twenty Days of Turin (1977)
・ディック — ヴァリス
 Philip K Dick — VALIS (1981)
・ギブスン — ニューロマンサー
 William Gibson — Neuromancer (1984)
・アッカー — アホダラ帝国
 Kathy Acker — Empire of the Senseless (1988)
・エーコ — フーコーの振り子
 Umberto Eco — Foucault’s Pendulum (1988)
・バトラー — Xenogenesis
 Octavia Butler — Xenogenesis (1989)
・ブルック・ローズ — Amalgamemnon
 Christine Brooke-Rose — Amalgamemnon (1994)
・ガムス — M-Archive: After the End of the World
 Alexis Pauline Gumbs — M-Archive: After the End of the World (2018)

■理論的小説 (1.理論を実践した小説)
・キャヴェンディッシュ — 光り輝く世界
 Margaret Cavendish — The Blazing World (1666)
・スターン — トリストラム・シャンディ
 Laurence Sterne — The Life and Opinions of Tristram Shandy, Gentleman (1767)
・ディドロ — 運命論者ジャックとその主人
 Denis Diderot — Jacques the Fatalist (1796)
・カーライル — 衣装哲学
 Thomas Carlyle — Sartor Resartus (1836)
・バトラー — エレホン
 Samuel Butler — Erewhon (1872)
・ジャリ — フォーストロール博士言行録
 Alfred Jarry — Exploits and Opinions of Dr. Faustroll, Pataphysician (1911)
・カフカ — 万里の長城
 Franz Kafka — The Great Wall of China (1931)
・ウルフ — 波
 Virginia Woolf — The Waves (1931)
・ジョイス — フィネガンズ・ウェイク
 James Joyce — Finnegan’s Wake (1939)
・ムージル — 特性のない男
 Robert Musil — The Man Without Qualities (1943)
・ベケット — 名づけえぬもの
 Samuel Beckett — The Unnamable (1953)
・ボルヘス — 伝奇集
 Jorge Luis Borges — Labyrinths (1962)
・カルヴィーノ — 見えない都市
 Italo Calvino — Invisible Cities (1972)
・Eva Figes — Light
 Eva Figes — Light (1983)
・ギャディス — アガペー、アゲイプ
 William Gaddis — Agapē Agape (2002)
・トカルチュク — 逃亡派
 Olga Tokarczuk — Flights (2007)
・マクブライド — A Girl Is a Half-formed Thing
 Eimear McBride — A Girl Is a Half-formed Thing (2013)
・ビネ — 言語の第七の機能
 Laurent Binet — The 7th Function of Language (2015)
・ガレタ — スフィンクス
 Anne Garreta — Sphinx (2015)
・ウォルシュ — Worlds from the Word’s End
 Joanna Walsh — Worlds from the Word’s End (2017)

■理論的小説 (2.理論的エッセイ/私小説)
・アウグスティヌス — 告白
 Augustine — Confessions (400)
・モンテーニュ — エセー
 Michel de Montaigne — Essays (1580)
・リスペクトール — Agua Viva
 Clarice Lispector — Agua Viva (1973)
・ペレック — Wあるいは子供の頃の思い出
 Georges Perec — W, or the Memory of Childhood (1975)
・バルト — 恋愛のディスクール
 Roland Barthes — A Lover’s Discourse (1977)
・ペソア — 不安の書
 Fernando Pessoa — Book of Disquiet (1982)
・ゼーバルト — 土星の環
 W G Sebald — The Rings of Saturn (1995)
・アレクシエーヴィチ — チェルノブイリの祈り
 Svetlana Alexievich — Voices from Chernobyl (1997)
・クラウス — アイ・ラヴ・ディック
 Chris Kraus — I Love Dick (1997)
・アーメド — Queer Phenomenology
 Sara Ahmed — Queer Phenomenology (2006)
・デパント — King Kong Theory
 Virginie Despentes — King Kong Theory (2006)
・Paul B Preciado — Testo Junkie
 Paul B Preciado — Testo Junkie (2008)
・Laura Oldfield Ford — Savage Messiah
 Laura Oldfield Ford — Savage Messiah (2011)
・ネルソン — The Argonauts
 Maggie Nelson — The Argonauts (2015)
・セラーズ — Applied Ballardianism
 Simon Sellars — Applied Ballardianism (2018)

■理論的小説 (3.理論的演劇/詩)
・ブレイク — ユリゼンの書
 William Blake — The Book of Urizen (1794)
・ケイン — Complete Plays
 Sarah Kane — Complete Plays (2001)
・オスマン — The Network
 Jena Osman — The Network (2010)
・サザーランド — The Odes to TL61P
 Keston Sutherland — The Odes to TL61P (2013)


※本記事は、原著者許諾のうえ Gregory Marks "A Theory-Fiction Reading List"を翻訳したものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

樋口恭介

コメント1件

森敦『意味の変容』はまさにセオリー・フィクションではないですか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。