「余裕のなさ」は伝染する

「東京では電車で席を譲られることが少ない」と書いたツイートがありました。他の国では皆譲ってくれるのに……、と。

中国や米国、シンガポール、マレーシアなどで同じように感じる人が多いようです。

マレーシア人の友人は日本に遊びに行ったとき、ぶつかっても、足を踏んでも「ごめんなさい」という人が少ないとショックを受けていました。「日本人は礼儀正しいと聞いていたのに」というわけです。

私は説明しました。「日本人も一人一人は親切な人が多く、他国の人と変わらないですよ。ただ、皆忙しく疲れていて、余裕がないんじゃないかな」と。

ラッシュの電車に乗ると、一様に疲れた顔をしていて、感情を押し殺しているように見えます。というか、本当に疲れている。余裕のない生活をしていると、なんでもないことにイライラするんです。

今回は、なぜ余裕がなくなるのか、ちょっと考えてみます。

なぜ日本のサラリーマンだけがこんなに忙しいのか

なぜ日本のサラリーマンってこんなに忙しいのでしょうか。

マレーシアの会社と比較して一番感じるのは、日本の組織って考えることが多すぎるってことです。まずなんでも合議制。一人で物事を判断できません。「持ち帰って検討します」が日本企業の合言葉です。

その上、社内で争ってる人たちがたくさんいます

普通の仕事の他に暗黙のルールがあるようです。
「細かい上下関係による順番」やら、「誰を通して誰を通さないか」やら、相手の感情を動かす方法をうまく考えないと、揉めてしまって話が通らない。

この続きをみるには

この続き:2,109文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

継続マガジンの3月号バックナンバーです。まとめて読みたい方はどうぞ。

または、記事単体で購入する

「余裕のなさ」は伝染する

野本響子@マレーシア編集者&ライター

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます! 文章を読んで元気になってくれれば嬉しいです。

ありがとうございます! 嬉しいです!
67

野本響子@マレーシア編集者&ライター

編集者&ライター。雑誌編集20年。マレーシアマガジン編集長。40代で外国に来て、驚きの日々を過ごしてます。東南アジアの人に習ったグローバル時代の新しい生き方・教育・考え方を発信。3冊目の書籍「日本人は『やめる練習』がたりてない」が集英社より発売。cakesでも連載中。

東南アジアここだけのお話

2019年5月以降ほぼ毎日更新中。だいたい、朝6時ごろに1000-3000文字のコラムをお送りします。通勤のお供に、リフレッシュにどうぞ。 アジアの時代と言われる今、マレーシア在住7年の筆者が現地で学んだ最新情報を元に、新しい時代の仕事・教育・考え方のヒントとなるお役立ち...
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。