「プログレッシブ・ロック」の変人たち

クイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」GWもやってるんですね。
興収130億円突破で、実写映画の歴代9位だそうです。

クイーンのCDの方も順調に売れているそうです。
クイーンって初期はハードロック、その後、プログレッシブ・ロック、ポップなど時代に応じて音楽を変えてます。

さて、初期の「クイーンII」は「プログレッシブ・ロック」と言われることがあります。略して「プログレ」です。

今日はおそらく99.9パーセントの人が興味ないでしょうが、この「プログレ」についてです。奇人変人が大集合してて、私大好きなんです。

プログレは「ルールのないロック」

「プログレッシブ・ロック」(プログレ)とは、一言で言うと「ルールのないロック」。要するに好き放題できるロックです。

どれくらい自由か。

まず、8ビートにこだわらず、変拍子や転調は当たり前です。
プログレでは踊れません(たまに強引に踊る人がいて尊敬されてます)。
メンバーは演奏マニアの楽器オタクが多く、クイーンとは異なり大体衣装も髪型もパッとしません。

楽器もなんでもありです。
メンバーにフルートやヴァイオリン、ひどいとファゴットやオーボエが出てきます。
「レイヨヨレイヨオ」とヨーデルを歌うボーカルもいます。

ジャズの即興演奏風があるかと思えば、4楽章構成80分の曲でリスナーが寝てしまうバンドもあります。ムソルグスキーとかブラームスのクラシックをそのままやる人もいます。
かと思えば、演劇風の舞台を見せたり、お経のような詩を書いてるところもあります。

70年代のリスナーって寛容です。
こんなむちゃくちゃな音楽がチャートに入ったりしたんですから。
「クイーンII」のブラックサイドが、お行儀よく見えるほど、めちゃくちゃです。

プログレには5大バンドと言われる大御所がいますが、揃いも揃って変な人が集合しています。私はこういうルールのない人たちが大好きです。

プログレ5大バンドとは

プログレの面白いところは、世界中にバンドがいることです。
ただし「プログレ5大バンド」と呼ばれる大御所は皆イギリスです。
ホントに変な人が多いです。紹介します。

ELP(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)
クイーンに一番近い気がします。
キーボード中心の3人編成バンドで、昔は女性にも人気がありました。

キーボードのキース・エマーソンは、一見真面目な好青年ですが、オルガンを倒したり、シンセサイザーに日本刀やナイフを突き付けたり過激なパフォーマンスで有名です。先日、インタビューを聞いてたら、「観客が喧嘩を始めたから、気をそらせようとオルガンを引き倒したんだよ! みんな唖然としてたな!(ニヤリ)」と言ってました。亡くなってしまい、残念です。

「タルカス」なる不思議な生物を考え出して、アルバムのタイトルになってたりしてます。こんなのです→

口の悪い人たちは「偏差値の低いバンド」「体育会系」とか言いたい放題でした。パンクの人たちは「エマーソン、レイク&パーマーって法律事務所かよ」と悪口言ってます。

ジャズとクラシックの影響が強く、「展覧会の絵」をロックで演奏したりしてます。聴きやすく、耳に馴染みます。


キング・クリムゾン
元祖プログレ。他のバンドに多大な影響を与えました。

中心人物のロバート・フリップ、相当の変人です。生真面目な人のようです。ロックのギタリストのくせに眼鏡をかけていて、椅子に座らないと弾けません自分のことを話すのに「ギタリストはこう思ってるらしいよ」とか三人称を使うそうです。

ロバート以外のメンバーは毎回入れ替わってます。例えば、最初の成功の後、ロバートと作詞家!以外全員辞めてます。その後も、ロバートの個人プロジェクトみたいです。編成も変です。1つのバンドにドラムが3台いたこともあります。

初期の音は「重く暗くかっこいい」です。ゴリゴリと結構ハードです。80年代になるとガラッと音が変わります。最近も、ヘビメタやRadioheadとか好きな方は、結構イケると思います。まだ現役です。

オススメはREDです。


ジェネシス
80年代にポップグループとして一斉を風靡しました。が、プログレファンは偏屈なので、70年代のジェネシスしか認めない人が多いです。

70年代初期のフロントマンのピーター・ゲイブリエルという人もすごく変わってて、変人オブ変人、って感じです。

まず、髪型とか衣装とかがいっちゃってる……。踊りも変です。ロックのコンサートなのに、お通夜のようにみんなが棒立ちしてたりします。

ただし、独特の叙情性がある音楽で、メロディが美しく、聴きやすく、親しみやすいです。
これとか、ほんと綺麗な曲だと思います。

途中でこのピーターが辞め、ドラマーのフィルがボーカルを引き継ぐのですが、声がそっくりでファンを驚かせます。メンバーの多くが引退してしまいました。

イエス
アニメの「ジョジョの奇妙な冒険」の「ラウンドアバウト」で有名です。

ボーカルのジョン・アンダーソンは、少年のような大変変わった声をしてます。

バンド名通り、ポジティブです。以前はバンドが2つに分裂して裁判沙汰にまでなったのですが、能天気なジョンが「一緒にやろう」と2つのバンドを無理やり合体し、8人編成でツアーやったりしてました。

音はハード。3声ハーモニーと各楽器の不協和音が魅力ですが、ボーカルが明るいので、暗くなりません(名前もイエスだしね)。プログレの中では一番クラシックを意識しています。クイーンは当初「イエスに似ている」と言われて「似てるのはコーラスだけだ」と憤慨してましたが。

割と真面目で、メンバー全員菜食主義だったりしますが、キーボードのリック・ウェイクマンは大酒飲みでステージでカレーを食べたり、ベースが遅刻魔で昼15時以降にしかリハできないとか、ツッコミどころ満載です。リックはその後本当にコメディアンになり、ロックの殿堂の授賞式で下ネタを連発して顰蹙を買いました

ピンク・フロイド
セールスではダントツです。

全盛期の中心人物、ロジャー・ウォーターズという人も相当変わった人だったようです。ギターのデビット・ギルモアと仲が悪く、バンドが二つに分裂したりしてます。

聴きやすく、メロディは親しみやすく、時に初期の音はフォークっぽい。私の好きなのは「炎」「アニマルズ」です。他の4つのバンドとはちょっと毛色というか、音楽性が違います。Youtubeを見てると、「ピンク・フロイドは実はプログレではないのでは」という議論もありますね。メンバー同士の交流も、他のバンドほどはなかったようです。


プログレバンドの引き抜き合戦の内情

面白いのは、お互いのバンド同士で、引き抜き合戦をやってることです。あっちとくっついたりこっちとくっついたりしています。

以下は私がYoutubeのインタビューを見続けて知った、彼らの赤裸々な人間関係です。

ELPのキース・エマーソンは、ELP結成前、イエスのスティーブ・ハウとクリス・スクワイアをこっそり勧誘してます。逆に、70年代後半、イエスのマネジャーから「イエスに入らない?」と誘いを受け「人気絶頂のバンドの俺が、なんでイエスに入るの?」と憤慨してました。(それに対し、マネジャーのブライアン・レーンは「聞いても害はないだろ?」と答えたそうです)
キング・クリムゾンのボーカル、グレッグ・レイクはクリムゾンを裏切り、ELPに行ってしまいます(多分、キースがリクルートしたんでしょうね)。
イエスのジョン・アンダーソンは、キング・クリムゾンのロバート・フリップに「イエスに入らない?」と声をかけて、逆に「お前こそキングクリムゾンに入れ」と言われて1曲ゲストで歌ってます。ジョンは、ジェネシスのフィル・コリンズも誘ったそうですが、断られてます。
ビル・ブラッフォードは人気ドラマーです。学生時代にイエスに入り、その後キング・クリムゾンに誘われ、その後ジェネシスにも誘われて、またイエスに戻ったりもしています。
キング・クリムゾンに入ったジョン・ウェットンはその後イエスのスティーブ・ハウとELPのカール・パーマーとエイジアを結成します。スーパーグループとの触れ込みでしたが、音はびっくりのポップ調で、プログレ・ファンをがっかりさせました。

おまけですが、クイーンのロジャー・テイラーもジェネシスに誘われてたみたいですね。

もっと変な人たちもいます

5大バンドはまだ良いのですが、周辺のバンドはもっと変です。
プログレは残念ながら70年台後半にやってきたパンクに目の敵にされ、今ではアンダーグラウンドに潜るかポップバンドになってしまいました。しかし今でも変態的な音楽、ひっそりやっている人たちが世界中にいるようです。

99.9パーセントの人に興味がないであろうことを書いてみました。

果たして、ここまで完読できた人はいますでしょうか。
調子に乗ってすみません。

ではまた。


この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
5月は毎日更新しましたので、31本の記事が読めます。1記事はだいたい2000-3000文字が多いです。

2019年5月のバックナンバーです。まとめて単体で読みたい、バラで買うよりもこちらがお得です。

または、記事単体で購入する

「プログレッシブ・ロック」の変人たち

野本響子@マレーシア編集者&ライター

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます! 文章を読んで元気になってくれれば嬉しいです。

ありがとうございます! 嬉しいです!
18

野本響子@マレーシア編集者&ライター

編集者&ライター。雑誌編集20年。マレーシアマガジン編集長。40代で外国に来て、驚きの日々を過ごしてます。東南アジアの人に習ったグローバル時代の新しい生き方・教育・考え方を発信。3冊目の書籍「日本人は『やめる練習』がたりてない」が集英社より発売。cakesでも連載中。

東南アジアここだけのお話

2019年5月以降ほぼ毎日更新中。だいたい、朝6時ごろに1000-3000文字のコラムをお送りします。通勤のお供に、リフレッシュにどうぞ。 アジアの時代と言われる今、マレーシア在住7年の筆者が現地で学んだ最新情報を元に、新しい時代の仕事・教育・考え方のヒントとなるお役立ち...
3つ のマガジンに含まれています

コメント3件

面白かったです!聴いてみます!
ある時期はめちゃくちゃ聴いてましたのでとても楽しく読ませていただきました
1枚選べと言われたら、ピンクフロイドの『狂気』、キングクリムゾンの『アイランズ』あたりでしょうか。5大バンド以外だとジェントルジャイアントというバンドの『オクトパス』というアルバムが好きです。
フロイドは別かもしれませんが、みんなとても不器用なのに変なとこで思い切りが良くて変態なところが共感できる不思議な音楽です
Shunjiさん、好き勝手書いたのに、最後までありがとうございます!

神谷さん、ジェントルジャイアントの「オクトパス」私も大好きで今も聞いてます。いいアルバムですよね。
>みんなとても不器用なのに変なとこで思い切りが良くて変態なところが共感できる不思議な音楽です
まったく同感です。不器用さもあり(ピンク・フロイドはそうでもないかな)面白すぎますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。