初めてのビールを飲む夏

お酒を飲むのは好きだが、実は今年のGWにドイツに行くまで、ビールは飲めなかった。たぶん、日本のビールはラガーとかドライとか苦いものが主流だったからだろう。苦いものが苦手なのだ。コーヒーはいまだに飲めない。

ビールが飲めるようになり、産地やタイプによって随分味が多彩なんだということを知った。幸い、クラフトビールブームである。既存メーカーの商品とはひと味違った、多種多様な個性のビールが気軽に飲めるようになっている。

今気に入っているのは、ドイツやベルギーのヴァイスビア、白ビールである。苦味が少なく飲みやすい。日本のクラフトビールでも、美味しいものがたくさんある。大阪なので目にする機会が多い「箕面ビール」も、驚くほどスッキリと風味が際立って美味しかった。

ビールはワインや日本酒に比べ度数が低いので気軽に飲めてしまうが、量を飲めばそれなりに酔う。そして、噂には聞いていたが利尿作用がすごい。量を飲めてしまうせいもあるだろうが、頻繁にトイレに行く羽目になる。そして、そのあと水分補給を怠ると脱水症状になる。
なにぶんビール初心者なもので、こんなことになるのかと自己観察している。まだ注ぎ方も下手だ。泡の扱いに慣れていない。そもそも、自宅で飲もうにも適したグラスを持っていない。せっかくなので、グラス付きのビールセットを購入した。

ともあれ、飲めるもの食べられるものが増えるのはいいことだ。楽しみが広がる。ちょうど下旬から夏季休暇で新潟に行くことになってるので、クラフトビールを楽しもうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます

Kyrie

旅とチーズとネコが好きな拝金主義者です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。