見出し画像

シティリーグ 可児 ベスト8 小ズガ完全解説 -本山勢の紹介を添えて-

はじめまして。
愛知県でポケカをしているKと申します。
普段は非エクのデッキを好んで使ってます。

はじめに

  今回、シーズン1 シティリーグ可児にてベスト8の成績を収めることができました🎊


  記事を書こうと思った理由として、僕が知る限りでは、今回僕が使用したデッキで勝ち上がっている方がいないことが挙げられます。残り僅かではありますが、他にない、とてもいいデッキだと自負しているので自信を持っておすすめします。  

  僕の戦績についてですが、公式の大会は今回が初めてですので、公式大会の戦績はありません。        
  自主大会では、第4回一門杯 優勝、大金コイ祭 ベスト8 などがあります。

今回は大きくわけて、
・カードの採用、不採用理由
・当日のマッチアップ
・各種環境対面での動き
・今回の調整メンバーの簡単な紹介と謝辞
の四本立てで書きます。
とても長いので見たいとこだけ見てください🙂
最後のに至っては完全に自己満です🙂

前置きはこのくらいで、ここから本題です。

環境考察

やっぱり環境考察は必要ですよね。
僕は、デッキが強い強くないはもちろんですが、環境におけるシェア率が重要だと考えていたので、シティリーグの環境は以下のようなものになっていると考えました。(一般的に浸透してる名前は略称を使います。)

Tier1
  三神系統
(ケルディオ、シルヴァディ、カメポチャなど)
  ピカゼク
(地域柄もあるけどWADAや後1フルドラ型)
  各種イカ系統
(ロットワール、ウルネクなど様々)
Tier2
  レシリザ
(力 is パワー型、レシゼク)
  LO系統
(メルカリフーパ、エンニュート)
  ミュウミュウ
(レッパ、ゴッパ、水鋼型など)
  その他非エク
(ゴルーグ、ドリュウズ、グランブル、たけるとうきリザードンなど)

上記で8割くらいを占めると思っていました。

ゾロアークやサナキュウ、サナニンフ、メルカリなども一定数はいますが、ある程度の不利マッチがある以上、握る人は少ないと考えていました。

デッキレシピ

レシピですね。
こちらになります。レアリティ自慢も兼ねてます(借り物🙃)

画像39

画像38

通称小ズガです。
リセスタ収録前はわりと流行っており、1度は見たことがある方もいると思います🙂

デッキの選択経緯

そもそも、なんでズガドーン?と思う人も多いと思います。
一言でいうと、怪獣(tag team)達を倒せて、捲り性能が高い、かつメタ外である、この3点を重視していたため、これらの条件を満たすこのデッキは僕にはとても魅力的に見えました。

ただ、やぶれかぶれ等の手札干渉が跳梁跋扈する中、要求札を揃えきるのはなかなか難しいと思われ、選択肢に入らなかった人も多いと思います。
しかし、多少の事故であれば、捲り性能が高いデッキのため怪獣相手ならわりとなんとかなることが多いです。詳しくは環境対面の動きで紹介していきます。

各カードの採用理由

1枚1枚理由を書き、画像も貼ったので長いです。
レシピを見ただけでは回し方が中々わからないという方も多くいるだろうと思い、なるべく丁寧に丁寧に書きました。記事を読んで分からない点や代替案などをリプやDMで送って頂ければ適宜お伝えしていこうと思います。

ズガドーン 4枚

画像7


  メインカード。炎エネが50点に変わる。最強。
  さすがに4枚しかない。種切れ頻発します。
  ブレイザーは10点です。60点は乗りません。

ジラーチ 3枚

画像7


  スタートしたら上振れ。強い。
  ブルー型じゃない理由としては、「終盤のスタンプロットワール返せないよね🤔」て感じです。ヤレユータンを無理やり採用しても厳しいです😅
というわけでジラーチ型。プロモにしたらスタートしやすくなりました(?)

いましめフーパ 1枚

画像7


  コスパ最強カード。イカ相手には宇宙のような強さを発揮します。詳しくはイカ対面の動きで。
  他のデッキ相手でも特性並ぶとジラーチを1エネで取りに行ける強いやつ。フーパ2枚採用も話に出ましたが、タンカ2枚採用で落ち着きました。

ヤレユータン 1枚

画像7


  終盤のケアに必須の1枚。スタンプやロットワールややぶれかぶれ前に置きたい🙂

鳥GX 1枚

画像7


  この鳥がいなかったら小ズガは回らない。
ネストの使い所を見極めて、終盤のために使わずに山に返すことも割と多いです。
  無人貼ってくるデッキ相手で、鳥を使うマッチアップの時は無人を割るために、かまどの枚数の確認やカマドを山に返して引きたい時に触れるようにしておきたいですね😃

溶接工 4枚

画像7


  さすがに4。ほんとは8欲しい。
  全く初手に来ないことで有名。

シロナ&カトレア 4枚

画像8


  ここは枚数みてびっくりした人もいるはず…?
  最初はシロカト2、エリカ2でしたが、初動で種ポケを出さないとすぐ負けるので縦引きの枚数の関係上シロカト4に。
  サポートが少ない分、トラッシュからのサルベージがとても強く感じられます。1度シロカト4で回すと宇宙を感じられますよ😃
  カマドや火打ち石でサポート切ってからシロカト使うとハンドが1枚増える🤔

グズマ 2枚

画像9


  1枚は少ないけど、3は多い。3打つゲームはほぼないですが、合間にシロカト挟みます。イカ対面は2枚打てると強い。シロカトでサルベージできることがとても強いのでグレキャより優先しました。

ネストボール 4枚

画像10


  最強ボール。10枚入れたい。
  雑に使うと負けます。しっかりと使い所、残りの枚数を確認しつつ使いましょう。

ポケモンいれかえ 3枚

画像11


  みんなアブソル出すから🥺
  ジラーチ以外のスタートしんどいから入れ得。
  枠を生み出せるなら4枚目も視野。

ポケギア 2枚

画像12


  最後まで迷って前日に入れ直した2枚。
  どうしても初手サポなし事故を少しでも防ぎたくて入れました。中盤のグズマ探しや、終盤のスタンプケアになるので、雑に使わずにちゃんと山に返します。やっぱりあってよかったです。

ねがいのバトン 3枚

画像13


  これ貼れない=溶接工要求 ですよ🙂
  4でもいいくらいだけど、怪獣相手には4体もいらないことが多いので3枚。2枚は賢者。ブロアー打たれない自信があるなら2枚でもいいです。

エスケープボード 2枚

画像14


  アブソルのせいで信用が落ちた。けど、ないと困るので2枚。ボード1枚にして、ポケモンいれかえ4枚目と迷ったけどアブソルいない対面もそこそこあると考えて安定の2枚。

火打ち石 3枚

画像15


  本当は絶対4枚欲しかった…🥺
  けど枠無さすぎてポケギアになった1枚…🥺
  初手に2枚きたら後1で300点も夢じゃない。
  後述のデッキの回し方にジャストマッチのため必須パーツ。

レスキュータンカ 2枚

画像16


  当初はずっと1枚で回してましたが、ありぽけ先輩に相談したら「さすがに2枚ですよ🙂」と諭されました。イカ対面でのフーパ使い回しや、後半はボールにも代われるので2枚で正解だったと思います。
  タンカの山に残っている枚数とネストボールの枚数を比較して、鳥GXの居場所を決めることが多いです。ネストが1枚もなければ鳥は火打石とかで落として後からタンカで拾う方が確率も上がるし、山は強くなります。

炎の結晶 4枚

画像17


  1枚で150点。ジラーチで触れる。
  圧縮を支える神のような札。さすがに4枚。

エネルギー回収 2枚

画像18


  できることなら増やしたいけどそれより優先の札が多すぎる。環境に特性なしの非エクが増えるなら枚数増やした方がよさそう。(そもそもその時代がくるなら小ズガは使わない説🤔)
  よって2枚です。

巨大なカマド 3枚

画像19


  ここは悩みました。ヒートファクトリーいれるかや、そもそも2枚でいいか、とか。ここはodaさんが「三神に勝ちたいならさすがに3枚」とアドバイスをくれたのでそうしました。理由は後述。

炎エネルギー 12枚

画像20


  さすがにこれ以上減らせません。
  初手に来すぎても嫌なのでこれが最適かと。
  大会中この枚数を呪ったことも(後述)

不採用カードの紹介

リセットホール マーシャドー 1枚

画像21


    カマドの3枚目と採択でした。リセホのメリットとしてはタンカでの使い回しや、カマドが尽きた際の無人のケアのしやすさにあります。一見無人があまり刺さらないデッキに見えますが、スタンプ無人してからジラーチを倒されると鳥GXが使えなくなるので、復帰がとても難しくなります。
  しかし、序盤の上振れを狙う際に不要札となってしまう点や、カマドを山に返すプレイングを意識することである程度ケアできると考えたため、不採用となりました。体感62枚目くらいのカード。

ズガドーンGX 1枚

画像22

  GX技枠。ムウマージなどでサイドずらして来る相手には怪獣1体倒して終わりなことも。
  実際にはスタートの弱さが目立って解雇。
  小ズガのバトンの繋げ先がいなくてもとりあえずジラーチとかに貼っておくと急に出てきたこいつと溶接工で300点出せるのは偉いところ。

ダート自転車 2枚-4枚

画像23

  圧縮といえば、みたいなカード。普通に強いと思います。コンセプトともマッチしていますが、僕は初動の事故を嫌って7ルックできるポケギアを選びました。入れ替えるならポケギアになるのかな…?

デッキの回し方

  ここが1番重要だと思います。
  ちょくちょく太字にしたので、もうわかってるよ、みたいな方はいらっしゃると思いますが、

  小ズガは山札を作っていくデッキです

序盤にカマドや火打ち石で山札から炎エネを抜き、トラッシュしていきます。中盤から終盤にかけては、不要札は火打ち石やかまどで捨てて、スタンプ耐性を上げていきます。そうすることで終盤のスタンプロットワールをされても対面によって必要な札が選別された状態で、山札にたくさん残しているため鳥GXやヤレユータンで引き切ることが出来ます。

  詳しくお話しすると、カマド、火打ち石を使用するだけで山札から6枚分圧縮出来てしまいます。また、山から引いた炎の結晶がエネルギー3枚分(フルパワー)の働きをすることができます。
  当たり前じゃんと思うかもしれませんが、しっかり意識して炎エネをトラッシュしていないと、炎の結晶がエネルギーに変われないことや、最大火力を出せないこと、山から引くカードが弱くなってしまうことなど、デッキに様々な不具合が生じてしまいます。序盤からしっかり山の圧縮と炎エネのトラッシュをしましょう。


  ネストボールやカマドも対面によっては、使わずに山に返します。各対面によって必要な札を如何に山に残すかが大きなポイントだと思います。
  よくトップで解決したって言われますが、しっかり圧縮してヤレユータンと鳥がいればさすがに解決することが多いことに気づくと思います。

当日のマッチアップ

1回戦 イカ型ロットワール 先 🙆

画像24


  フーパで先殴りすることができましたが、ギラティナにお札が貼られており、うまくフーパを処理されます。こちらはグズマがなかなか引けないため、相手の場にいたオドリドリGXを倒すことが出来ず、サイド3の段階でデプスボムを打たれます。ジラーチ2体が生贄になりました👼
  途中でサイド差が2以上ついたので、こちらもオドリドリGXを立てても大丈夫だと判断し、手札干渉に備えます。
  ロットワールが入っていることは予想出来ていたので、しっかり山札を作って、スタンプロットワールを返して勝ち。

2回戦 メルカリ 後 🙆

画像25


  案外五分のマッチ。相手が初手ジャンピンスタートだったので少し楽できました。フルメタルウォールまでにパーツを集めておいたのでそのまま勝ち。

3回戦 ドリュウズ 後 🙅‍♀️

画像26


  ここで炎エネの反逆が起きます。
  初手小ズガ1ネスト1炎エネ5…😇😇😇
  トップいれかえ引いたのでネストジラーチいれかえ願い星しますがなにも当たらず。そのまま2パンされて負け☺️
  ただ、お相手の方がとても上手で、ちゃんとやぶれかぶれが入っていたので、こちらが回っていてもなかなか厳しそうな対面でした。

4回戦 レシリザ 先 🙆

画像27


  後1ダブルブレイズで種切れの危機に陥りましたが、エネ付きポケモン倒した後に後続が立たなかったのでそのまま押し付けて勝ちました。

5回戦 水鋼ミュウミュウ 後 🙆

画像28


  お相手の事故。リセホ単騎で番が帰ってくるが倒せず。メルカリが場に出てくる。フライパンはおそらくなさそうで、そのまま押し切ってさすがに勝ち。

予選5位でトーナメントへ。

決トナ1回戦 三神ミカルゲ 先 🙆

画像29


  ちむゴリの方。お相手が初手にいましめフーパが突っ張ってしまい、三神の起動がやや遅れそうだが、こちらは種切れの危機(n回目)。なんとかヤレユータンを置くがグズマで前にしばられる。たまたまグズマを持ってたので相手のフーパをしばり返すと後2でオルジェネ打たれず。
そのままフーパ先殴りし、三神もオルジェネの返しにすぐ倒せたので、サイドレース有利とって勝ち。

2回戦 三神ラフレシア 先 🙅‍♀️

画像30


  トレプラの店員さん。ラフレシア無理です。こっちのプランは三神とってナゾノクサとってサイド2枚以下に持ち込むことくらい。
  お相手三神前でワンチャンあるかと思いきやこちらが盛大な事故。ズガドーン単騎で突っ張って毎ターン丁寧に手張りだけ。ブレイザーは当然のように10点。無事オルジェネアルティメットレイまで決められ終わり☺️

結果はベスト8、優先権はもらえませんでした。
悔やまれるマッチ運や事故ではありますが、事故が比較的起きやすいデッキなので、むしろ上振れたと思っています。対戦していただいた方、ありがとうございました。

決勝で起きた遅延等、マナーについて

  決勝トーナメントで隣の宅で起こっていた遅延等につきましては、僕は当事者ではないので今回は触れません。
  ただ、ポケモンカードゲームは対人戦であるため、対面した方を不快にさせるような言動をしないことや、人として最低限のマナー清潔感は持ち合わせていて欲しいと思います。
  たまにお風呂に入っていなさそうな方や汗を拭った手でデッキに触れる方がいますが、本当に不快なので今すぐやめて頂き、各自適切な対応をとって頂きたいです。

ポケモンカードをする前に自分のADLをしっかり自立させてから来てください。

今回の大会は、僕も含め、今一度自身の言動を各々が振り返るいい機会になったのではないかと思います。みんなで気をつけて行きましょう。僕も気をつけます。

各環境対面の動きについて

  脱線してしまい申し訳ありません。続けます。

  次は各対面への動き方です。
  できるだけ詳しく書きましたが、分からないところはなんでも聞いてください。基本的に事故は起こしていない想定で記載しております。

得意な対面

・レシリザ

画像31


  先攻·····有利 後攻·····有利
  相手も火力で押して来るタイプです。
  特に考えることはありません。しっかり圧縮して終盤のスタンプをケアしつつ勝ちましょう。
  多少事故を起こしても充分捲れる可能性があります。諦めないで下さい。

・三神系統

画像32


  先攻·····微有利  後攻·····五分
  基本的にはアルティメットレイを打たれたらほぼ負けです。それまでに三神を倒します。三神がバトル場に出てきてくれるので倒しやすいですがこちらがもたつくと捲りきれません。
  また、グズマアブソルで後続を縛り、オルジェネを打たれると厳しい場面が多いので、ズガドーン単騎やジラーチとズガドーンのみの盤面にしておくとケアできます。
  こちらがしっかり回るとオルジェネを打つ前に倒せることや、オルジェネを打たれた後でも、非GXポケモンを3連打されなければ勝てるため、先攻を取れれば比較的有利かと思います。

 三神ミカルゲはやや不利にはなりますが、対面もミカルゲを立て続けながらオルジェネを打つ、という行動の要求値は高いと考えているため、先殴りすればしっかり勝ちきれると思います。
  三神ラフレシアは無理です。隠密フードはいれてる余裕はありません。大流行するなら小ズガは握らない方が良いと思います。

・ピカゼク

画像33


  WADA型 先攻·····有利  後攻·····微有利
  後1フルドラ型  先攻·····五分  後攻·····不利


  上記のように書きましたが、実際はピカゼク側の練度に大きく依存します。
  WADA型はまだしも、後1フルドラ型はフルドラで前にエネをつけてくるとこちらが動けないとそのまま負けてしまうこともとても多いです。
  ただピカゼク側も対面小ズガの練度が足りないこともあり、前に6エネツッパするのは怖いと思うので実際されることは少なかったです。
  シビルドンが入っていると少し手間取りますが、基本的には怪獣を2体倒して勝つプランが多いです。

・各種イカ系統

画像34


  先攻·····微有利  後攻·····微不利
  この対面が1番練度が問われると思います。山札を上手にしっかり作りましょう。
  普通にズガドーンでギラティナと殴り合いをしては一生勝てません。そのためのフーパです。
  序盤からグズマフーパで相手のジラーチ、イカを狩って行きます。テテフや鳥GXが相手の場にいるならうまくサイド調整をしてサイド3にはしないようにしましょう。(僕はサイド3にして超ズガドーンに何回も倒されました👼)
  また、スタンプロットワール警戒は必須で、ヤレユータンや鳥GXの準備(鳥GXは必要な時だけネストボールで持ってきたい。)をします。
  ウルネクが出てきそうな盤面であれば、場に出すジラーチはしっかり絞ってください。滅亡ケア忘れずに🙂
  ここでのキーパーツはフーパ、タンカ、グズマです。圧縮と同時に確認は必須です。何回フーパが殴れるかを考えながらプレイしましょう。

不利な対面

・LO系統

画像35


  基本的には不利
  殴らないLOなら種を絞ってワンチャン作ります。ルカメタフーパであればある程度勝てる可能性がありますが、ラフレシアが出てきたら潔く投了ですね🥺

・各種非GX系統

画像36

画像37


  基本的には不利
  非GXの中でも最も多いと思ったのがゴルーグです。ゴルーグに対してはいましめフーパがある程度刺さるのでイカと同じようにできるだけムキムキパッドの着いていないゴルーグやゴビットを倒していきます。やぶれかぶれで起こす事故は相手にも相応のリスクはあるので早めにヤレユータンを置くことでケアしたいですね。初手やぶれかぶれの事故は割り切ります。

ドリュウズはかなり厳しいです。グズマで後ろを狩りつつ、先殴りして行かないと負けてしまいます。これは切っていいマッチかなと思っています。

・アローラベトベトン

画像38


  ジラーチや鳥GX、ヤレユータンが使えずにスタンプが返せなくなるため、構築段階から切りました。今回はアローラベトベトンが自然に入りそうな、ゾロアークやサーナイトGXは数を減らすと考えていたので対策はしていません。アロベトが立ったらほぼ負けなので全力で狩りましょう。

環境にいそうなデッキはあらかた書けたと思います。他にも知りたい対面等ありましたら、お知らせ頂ければ追記していきます。

本山勢の紹介

最後になりましたが、今回一緒に調整してくれた本山勢を感謝を込めながら紹介していきたいと思います。(五十音順)

・ありぽけんね  よつぎ一門所属
 (シティ準優勝 東京CL8-2など多数)
    本山の首領。歳下とは思えない落ち着きと声の低さ。イケメンなのにカバンについてる初音ミクがキュート🙂ツイートがキツいことで有名。
  調整ではどんなデッキでもすぐ回せるしアドバイスはとても的確なのでとてもタメになります。     
  これからも本山勢を率いてください🙇
・odaさん 紅茶会所属
(シーズン1シティ ベスト16 CL東京6-3 自主大会優勝など多数)
  本山の芸人枠兼、隠れプレイめちゃ上手い人。
  なんだかんだ常に周りを見ながら配慮できてるのがすごい。本山勢の潤滑油でもあります。
  とにかく面白いのでodaさんといると笑いが絶えません😂  
・カキくん 紅茶会所属
(東京CL8-2などたぶん多数)
  本山の良心。今回はあんまり一緒に出来なかったけど、集まれる時にまた遊びたい🥺
  ちゃんと敬語使えるし右手がよく光るらしい笑
・たわけくん 無所属
(東京CL8-2 四天王予選準優勝など多数)
  たわけ邸の家主(それはそう)。最近よくお邪魔することが増えました。天才肌でなにを握ってもすぐ使えるようになるらしい。また夜通し7並べしたいです。調整もぜひお願いします。
・masaくん 紅茶会所属
(シーズン1 シティ ベスト4 などたぶん多数)
  天才デッキビルダー。常にデッキ考えてそう。
  実際シティでは彼の考えたデッキで出て、好成績を残している人がとても多い。フォローし得。
  本山勢の弟的存在。たまにめっちゃ煽ってくるけど個人的には好き。笑
・もみぽけ よつぎ一門
(たぶん多数ある 最近はapexばっかり)
  本山に住んでないけど本山勢()
  みんなからの当たりがやたらと強いが、本人は満足そうなのでいいと思う笑
  みんな彼の友達になってあげてください笑

以上でなんとなく紹介おわりです。
今回の結果を残せたのは本山勢のみんなのおかげです。

僕自身、本山でみんなと練習していて、結果を出さないといけないプレッシャーを勝手に感じてしまっていたので、優先権はもらえませんでしたが、なんとかベスト8に入れたので、とても安心しています。
この結果に満足せず、愛知CLではもっといい成績を残せるように頑張りたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

どこかで会った際は記事の感想など教えていただけると嬉しいです。

あ、Twitterのフォロー(@7kyst)もお待ちしてます笑
よかったら投げ銭も…笑
ありがとうございました!😊

この続きをみるには

この続き:0文字

シティリーグ 可児 ベスト8 小ズガ完全解説 -本山勢の紹介を添えて-

K

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

K

名古屋在住のポケカ民
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。