2018年春に頭角を表した5人のスーパー高校1年生

2年ぶりに、スーパー1年生の特集をしてみようと思います。前回の記事はこちら↓

当時記事で取り上げた根尾選手(大阪桐蔭)や、林選手(智弁和歌山)は今や全国区の選手になりましたね…。

今回は5人を紹介しますが、また注目選手をどんどん追加していく予定です!

1.細川凌平(智弁和歌山)


センバツ準優勝の智弁和歌山で、早くもスタメン入りを果たしました。

世界少年野球大会の2017年日本代表で、世界一に大きく貢献。

4月28日の南部龍神戦では8番センターで、公式戦初スタメンを勝ち取るなど、打撃・守備共に大きく期待をされています。

詳しい球歴はこちら↓

2.井上朋也(花咲徳栄)


こちらも細川と同じく「世界少年野球大会」の日本代表。

花咲徳栄でスタメン出場し、7番ライトで出場を果たしました。

4月28日の所沢商戦では、2ランホームランを放つなど、早くも戦力として十分活躍を果たしています。

詳しい球歴はこちら↓

3.安達壮汰(桐光学園)

この続きをみるには

この続き:662文字

2018年春に頭角を表した5人のスーパー高校1年生

球歴.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

球歴.com

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。