オークションスタートっ!

ウェブ上で自分の作ったものを買ってもらう流れを作るにはどうしたらいいか?
そんなことをここ最近はよく考えます。

まぁ考えてもわかんないね、とにかく思いついたことをトライという事でやってみました。

それが、、、

オークション!

Instagramの中にストーリーという機能があります。

これは通常のインスタとの投稿とは別で、24時間でそれが消えてしまうというもので、僕の印象では、おしゃれな人や自分より若い人たちがよく使っているものだなぁという感じです。

そしてそのストーリーという機能の中には二択のアンケートをとったり、質問を受け付けたりができるものがあります。

その中の質問の機能を遊び感覚で使ってみました。購入した革にどんな色を合わせたらいいと思いますか?的な内容で。

するといろんな方から意見をもらうことができて、なんか楽しかったんですね。
そしてその中の意見を参考にひとつカバンを作りました。

オーダーではなかったので、嫁ぎ先は特に決まっていなかったので、これもこの流れで何かできないからなぁ?と作りながら思っていたら、ふとオークションと。しかもインスタ。質問のところで入札してもらおう。というアイディアが浮かんできました。さらにその説明のためにインスタライブをしよう!(ライブ配信して、双方向でコミュニケーションをとれるもの)

ライブ配信はなかなか緊張するのですが思いついちゃったからには避けたらダメでしょーと思いやってみる。

唐突にはじめたせいか、あまり人も多く集まらず、それでもみてくれている人はちょこちょこコメントをくれたりして、なかなか楽しく、まぁこのくらいでオッケイでしょ!と思って早々に終了。

そしてメインのオークションの準備!「😆」的な絵文字も使って、お祭りやっちゃうよ的なテンションで編集し、ドロップ。

しかもスタートの設定は15000円(通常は30000円以上する)の格安プライスにして、みんなで参加してもらえたらいいだろうなぁなんてところでやってみた。

上に書いたようにインスタのストーリーは24時間で消えてしまうので、その性質を利用して、オークションは24時間キッカリで終了することに。

あードンドン盛り上がっちゃうかなーコメント返しきれるかなーと思いながらスタートからインスタをちょくちょく観察。そしてついに昨日の20時ごろ24時間が経過し、オークションが終了しました。

その結果は、、、、



なんと、、、、


入札、、、、






ゼロ件!!!!!




ズコーーーーー!!
文字通り大滑りする音が僕の頭に鳴り響きました。
正確にはとても静かにストーリーはインスタ上から消えていました。


閃いて、少し恥ずかしさも超えて、トライ!
という流れはだいたいいい結果にいくと思っていたので、今回はなかなか面白いことになるなと思っていましたが、結果はそのようなものでした。

原因を探れば、みてる人の絶対数が少ない、システムがわかりづらい、などいろいろ思いつきます。

しかし今回のこのトライによってひとつ大きな気づきを得ることができました。

それは、もっとしっかりとものについて伝えて、リアクションが来るのは少しタイムラグがある方が自分の作品にはピッタリくる。

ということでした。今回のこのオークションは24時間と短いので即リアクションを貰うというスタイルでした。

自分自身が何かを買う時というのは、けっこーに検討を加えて、納得するもしくは、出会いだなと強烈に思える時だなと思い返して気づきました。

なので、自分のウェブ上の発信はもっとじっくりしたものの方が良いと。

知り合いの方がやっているセレクトショップのブログは事細かに書いてあり、実際読むのも楽しいです。自分でブログ記事を書いていると、長く細かく書きすぎかなと思ってセーブしたりするのですが、自分は読む側の時はけっこー楽しく読むなぁと思ったりします。

もし、オークションをするのであれば、
あらかじめ情報を相手に伝え、スタートしますよということも事前に伝えた上で開始するのがいいのかなと思います。

そしてこのノートで何が1番言いたいのかというと、トライ&エラーしまくったらええやんということです。

どうしたら成功しますか?というよりも、目標が決まったらその実現のためになりそうなことで思いついたことはドンドンやってみるといい。

ほんで滑ったらネタにする!しかも多分他人が滑ったことなんて本人以外は大して覚えていない(←自分への慰めも含まれる)ので、どんどんやる。
それでその中のうまくいったことをまたやる。うまくいかなかったことの原因を探る。うまくいかなかったことの中から何か学びはないか探る。

いやいろいろ書いてしまったけど、とにかくトライはいいよね!ということ。

15000円でスタートした今回の鞄は、まじでいいので35000円で販売したいと思います。安いから買ってねとかじゃない、まじでいいし、このくらいが適正価格だと心から感じるからそうする。
むしろ安く売ったら自分自身を安売りしてる感じがするのでそれはむしろ絶対しないほうがいい。

ということで今回のおっきな気づきのシェアでしたっ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Kazuya

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。