病院リハビリ貰う貰う物語

あなたはご存じだろうか?

杉浦良介という男が書いた「訪問リハビリ貰う貰う物語」というものを。あの「モミモミ物語」の続編とも言える、名作だ。

私は、読んだ。「モミモミ物語」以上におもしろい名作だ。産後間もない私の奥さんも読んだが、笑いすぎて腹痛を激しく訴えた。果たして、200円の価値があるかは分からない、しかし、おもしろいことには間違いないのだ。

*ちなみに訪問リハビリ向けオンラインサロン「リハビリコネクト」では、杉浦良介氏の作品(?)を全て無料で見れるので、そちらに加入することを激しく推奨します。

そして今回、筆を取ったのは他でもない「病院リハビリ貰う貰う物語」を書くためだ。私はパクリが嫌いだ。オリジナリティの無い作品には一切興味が無いし、パクリは所詮パクリなのだ。しかし、全てのオリジナルはパクリから生まれるといっても過言ではない、全てはパクリを繰り返すことによってオリジナルへと昇華していく。「モミモミ物語」もパクらせていただいたが、もちろん今回もパクらせていただく。

ちなみに有料記事になっているのは、皆様の目に触れることによって私の品位を低下させないためである。しかし買うほどの文章ではないことは明言しておきたい。この作品(?)も、訪問リハビリ向けオンラインサロン「リハビリコネクト」では無料公開しているので、是非とも加入していただきたい。ってか、連絡いただければPDFかなんかで送ります。

そう…これはただの遊びなのである。

この続きをみるには

この続き:2,682文字

病院リハビリ貰う貰う物語

喜多一馬

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭は私の活動資金として利用させていただきますが、それ以上に「無料で出来る」SNSなどで感想を書いていただけると喜びます(*´ω`)

2

喜多一馬

理学療法士として色々な働き方をしています。 専門はコミュニケーションです。 詳しくは→http://rehamame.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。