2月26日-3月2日為替情報

2月26日-3月2日為替情報

2月26日(月)
ドル40銭上窓

北朝鮮「米国と対話する十分な用意がある」

US30.2254時間足天井、その後突破

USDJPY日足RCI(53.2)93.6 戻り売りタイミングの可能性

USDJPY4時間足雲下限争い 2月28日に雲が捻れ下抜け

黒田総裁、金融緩和を改めて主張 当日40円程の下落

BAML、2018年の米長期金利予想を3.25%へ引き上げ

2月27日(火)
FRB「強気な見通し、更なる利上げ」

FRB「米経済成長を楽観」 
「インフレ目標には対象性2%は上限ではない」
「生産性高める方法の大半はFRBの力の外」

FRBパウエル証言
「FRBの2つの責務や透明性にコミット」
「長期的に大半のバランスシートが米国債であることを望む」
「インフレに対する信頼感は強くなっている」
「今後2年、良好な経済環境を予想」
「2%のインフレ利下げ余地を設ける目的で設定」

ECBバイトマン(ドイツ連銀)「2019年中頃のEUR利上げ可能性を示唆」

USDJPY 24:50に107.674の高値をつける

2月米消費者信頼感指数
予想 126.5
結果 130.8

2月リッチモンド連銀製造業景気指数
予想 +15
結果 +28

BTC、115万円まで回復

US30、28日明朝1時間弱で160ドル下げ

2月28日(水)
麻生財務相
「日本経済はデフレ脱却の道を確実に歩み始めている」
「金融政策の具体的手法は日銀に委ねらられる」
「2%目標実現に向け大胆な金融緩和の推進を期待」

ドル円108円には厚い実需

10:10 日銀が25年超え国債買い入れ減額800-700億

中国PMI
予想51.1
結果50.3 

衆院財政策金融委員会
黒田「金融政策を正常化する場合かなり緩やかに進められる」

13:07米国10年債利回り2.900%タッチ(前日比0.0073%↑)

日銀 3月の買い入れオペは今月から変更無し

EU ブレグジット法的文書草案
「英国の離脱移行期間は2020年12月末で終了」
「英国の移行期間中の単一市場アクセス権は停止の可能性」
これに対しメイ首相「EU発表の離脱文書草案、同意する英首相いない」

GBPJPY、149.7から147.7へ

JFX小林社長(しゃべくりFXライブにて)
「ユーロドルは今後1.21近辺まで下落の可能性」(現レート1.22194)

EU HICP
予想1.2
結果1.2

USD 四半期GDP
予想2.5%
結果2.5%

USDシカゴ購買部協会景気指数
予想64.1
結果61.9
チャート

3月1日(木)
日本参院予算委員会
片岡日銀審査委員
「金融政策の方向性を安易に転換すると再び完全にデフレ均衡に戻ってしまう」
「物価目標の早期達成に向けてもう一段の緩和が必要」
「物価上昇率19年度にかけて2%に高まる蓋然性は低い」
黒田総裁
「大幅な緩和を続けた結果、成長率はプラスを継続」

GBP1月英国消費者信用残高
予想14億ポンド
結果14億ポンド

GBP PMI
予想55.0
結果55.2

EUR失業率
予想8.6%
結果

USD個人消費支出[前月比]
予想0.3%
結果

USD新規失業保険件数
予想22.5万
結果21万

2月米ISM製造業景気指数
結果60.8

パウエルFRB議長
「決定的な賃金上昇を示す強い証拠みられない」
「労働市場、インフレ引き起こさずにさらに改善可能」
「漸進的な利上げは引き続き適切な軌道だと考える」
「インフレの対応、出遅れるのは望ましくない」

ダドリーNY連銀総裁
「過剰な外貨準備、世界の調整機能を損ねる可能性」
「25ベーシスの利上げ4回、尚漸進的と言えよう」

ノルウェー中銀、インフレ目標値を2.5%から2.0%に引き下げ

米国ホワイトハウス
「今日は関税に関しても発表を予定せず」

トランプ大統領
「鉄鋼、アルミ輸入に関税を賦課する」
「関税の詳細はおそらく来週までにまとめる」

ECBは8日の定例理事会で政策転換はしないものの、緩和バイアスの削除を検討する可能性がある(一部通信社報道)

メイ英首相
「EUの離脱文書草案、英国にとって受け入れられない」

CNDフリーランド外相「米国のあらゆる鉄鋼・アルミ関税に対応する」

3/21のFOMCでのFFレート予想織込み度
1.25-1.50%:0.0% 0.0%
1.50-1.75%:90.0% 86.0%
1.75-2.00%:10.0% 14.0%

3月2日
麻生財務相「為替についてコメントしない」

黒田日銀総裁
「粘り強く現在の緩和を進めていく」
「2%物価までまだなお距離がある」

安倍総理
「デフレ脱却への道は確実に歩んでいる」
「政府・日銀で緊密に連携し、あらゆる政策を総動員する」

黒田日銀総裁 所信聴取
「総仕上げを果たすべく全力で取り組む」
「物価が持続的に下落するデフレではなくなってきている」
「粘り強く緩和を続ける事で物価目標を達成できる」
「直ちに出口を議論するのは適切ではない」
「(出口について)必要なタイミングでコミュニケーションをとる事は可能」
「頑なに短期金利-0.1%、長期金利0%程度を変更し無いという事ではない」
「19年頃に出口を検討していることは間違い無い」
「為替を動かそうという意図は無い」
「為替に影響を与えようとは基本的に考えて無い」
「大きく緩和した国の通貨は下落する傾向にある」

オプション市場でドル円下値ヘッジ目的でドルプット打診買いが観測

BOEカーニー英国中央銀行総裁
「仮想通貨は通貨としての役割を果たしていない」

メイ英国首相
「将来的にEU法は英国に適用されない」
「EU離脱交渉、いずれの側も望み通りの結果は得られないだろう」
「複数のEU機関に準加盟国として残留することを提案」
「関税同盟への残留は否定」

USD/JPY、GBP/JPY、どちらも本格下落トレンド、106.20、147.4がターニングポイント

USD ISM製造業景況指数
予想58.7
結果60.8

JPY 失業率
予想2.8%
結果2.4%

JPY 有効求人倍率
予想1.60
結果1.59

GBP 建設業購買担当者景気指数
予想50.5
結果51.4

EUR 卸売物価指数(PPI)、前月比
予想0.4%
結果0.4%

CAD四半期GDP(前期比年率)
予想2.0%
結果1.7%

CAD月次国内総生産(前月比)
予想0.1%
結果0.1%

ミシガン大学消費者態度指数・速報値
予想99.5
結果99.7


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

S.S.T.I

週間為替情報

その週にあった主要経済指標、為替ニュースをまとめたメモです。視点や取引手法は書かない様にしてあるので一週間のハイライトを見る感じでご利用ください。 毎週土日、基本的には土曜日正午までにうpします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。