見出し画像

子供や女性はプロテインを飲まない方がいいのか(トレーナー、栄養士一緒に考えて)


こんにちは!パーソナルトレーナーのはるどんです!
先日、子供の栄養についての何とも言えない記事を見つけてしまったので、まずはこれをお読みください。(30秒で読めます)




プロテインが飲みたいサッカー少年をお子様に持つあるお母様からの質問でしたが、皆さんはこれを読んでどう思いましたか?

私は、これに対しての管理栄養士さんからの回答(2ページ目)は正しいと思いました。



・・正しいのにとてもモヤモヤしてしまいました。



『この説明じゃ多くの人には伝わらないんじゃね?というか勘違いしちゃうんじゃね?』


というモヤモヤです。

その理由を今から述べていきます。
もちろん文字数に制限があり、回答に書ける内容も限られていたであろう事は承知の上での個人的意見となっております。

また、お子様がいて同じようなお悩みを持っている方や、ダイエットをしていてプロテインを飲むか迷っている方にも参考になるかと思います。


(もし栄養士やトレーナーの方で見てくださった方がいたら一緒に考えてほしいです。様々なご意見お待ちしています)



①そもそもプロテインとは何なの
②この説明で的確な量を分かる人はいない
③食事をバランスよくとることは確かに大事
④最後に


①そもそもプロテインとは何なの


『がっつり筋肉をつけると、身長が伸びないと思うのですが』

この言葉から察するに、この質問者はプロテインがどういうものか、詳しくは知らないのではないのでしょうか。もしかしたら飲んだらいきなり筋肉が増える筋肉増強剤かなにかだというイメージがあるのかもしれません。そんな印象を受けました。

だとしたらまずプロテインとはなんなのかというものを知って頂く必要があります。



これを読んでいる皆様は、「いや知ってるよ」というかんじかもしれませんが、プロテインは筋肉増強剤ではございません。


そもそもプロテインはタンパク質という意味で、
栄養学の進んでいたドイツで19世紀末に「(栄養学の中で)もっとも大切なもの」を意味するギリシャ語から、タンパク質を「プロテイン」と名づけたそうです。

その名の通り、プロテインドリンクにはタンパク質が沢山入っています。

タンパク質は、筋肉や骨、歯、皮膚、血管、内蔵、髪の毛などにとっての主要な成分です。だから、『もっとも大切なもの』なのですね。

しかし、なかなかに不足しがちな栄養素でもあるのです。

アスリートやウエイトコントロール期の方は、
『1日に体重1キロあたり1.4~1.8g(または2g)』のタンパク質の摂取が必要とされています。
体重が60キロの人であれば、60×1.8で約104gのタンパク質の摂取が必要となり、それがどのくらいかというと、部位にもよりますが牛ステーキ約500g分となります。
また、10代は成長期のためさらに10%多くの摂取が見込まれます。


・・結構多いですよね?

ちなみに運動をしていない人は、体重1キロあたり0.8~1gと言われていますが、それでも60キロの人であれば60×1で、60g。
ステーキでいうと約300g分です。

もちろん、ステーキのみでタンパク質を摂取するわけではありませんが、皆さんはこの量、食べられますか?またお子様がいる方は、必要な量のタンパク質を食卓に出せていますか?

まあまあ厳しいと思うのですが、そこで登場するのがプロテインです。

プロテインには1杯15~20gのタンパク質が含まれています。(ものにもよる)
牛ステーキ約100g分のタンパク質が1ドリンクで摂取できます。
サプリメントというよりは、1つの食品と言っても過言ではありません。
そして、飲んだからと言って、がっつり筋肉がつく魔法の何かでもないのです。

タンパク質が不足しやすい現代人や子供、ダイエット中の方、アスリートにとっての強い味方、それがプロテインです。


ちなみに、1番オーソドックスなホエイプロテインは牛乳に含まれる水溶性のたんぱく質から出来ています。



②この説明で的確な量を分かる人はいない


次に、栄養士からの質問の答えである、
『1日3回の食事で、魚や肉、卵、大豆製品などを摂取でき、牛乳やヨーグルトなどを摂る習慣があれば、1日に必要なタンパク質は十分に摂れていると考えられる』
という文章が気になりました。

何度も言いますが、きっと文字数に制限があったのでしょう。
それは承知の上で言いますが、

この説明で誰がステーキ500g分のタンパク質を思い浮かべるのか。
という事です。(質問者のお子様は約60キロ)

確かに、ステーキだけでなく、魚、肉、卵、豆製品、乳製品など様々な食べ物からバランスよくタンパク質を摂取する事が大切です。

でも、十分な量で連想する食事の量は人によって違いますよね。

少なくともタンパク質の摂取目安を数字で表すか、PFCバランスについてくらいは触れないと、なかなかに伝わりにくいのかな~と思いました。

PFCバランスとは、
Protein=タンパク質
Fat=脂質
Carbohydrate=炭水化物
の頭文字をとったもので、いわゆる三大栄養素のそれぞれから得るエネルギーの割合の事です。食事の栄養バランスの適正さを評価する指標となります。
また、PFCバランスは人によってかなり異なりますが、
P=13~20% F=20~30% C=50~65%が理想的とされています。

ちなみに中二のサッカー少年、体重は約60キロとなれば、3000~3500キロカロリー前後は必要だと仮定して、
1日のPFCバランスは、P=15% F=25~27% C=58~60%くらいかな、と思います。


PFCを簡単に計算できるツールがあったので貼っておきます。



③食事をバランスよくとることは確かに大事


『タンパク質を増やすのではなく、全体のエネルギー量を増やすことが大切であることを伝えてみてください』

と回答した管理栄養士の方はおっしゃっていますが、これは私もそう思います。

様々な栄養素を、バランス良く、かつ食事から摂取することは本当に大切です。

ましてや、この男の子は身長178㎝で58キロ・・明らかにやせ型です。

やせ型の子に多いのが、胃腸の吸収が悪く、食べても太らないという事。
または1度に沢山食べられない(小食)という事。
そういう子が筋肉をつけるのは、普通の人より難しいのです。

『3回の食事はもちろんですが、捕食(間食)を上手に利用して摂取エネルギー量を増やしてみてください。』

と、管理栄養士の方もおっしゃっているように、間食などを取り入れる事が身体を大きくする近道になります。

だとすれば。

やっぱりプロテインは必要なのではないでしょうか。
ドリンクとして栄養が摂れるプロテインは、間食にもってこいだと思うのです。もしこの子が小食であるなら尚更です。
お肉とご飯を食べるより、プロテインとバナナの方がこの子にとって楽な道、かつ続けられるのではないのかな~と思います。


④最後に


プロテインに関しては賛否両論あると思います。
私は飲んだ方がいいと思う派ですが、プロテインに否定的な方も多いです。否定する理由や様々なご意見も聞きたいので、トレーナーや栄養士さんはぜひコメントください!

もちろん、一般の方のご質問もお待ちしています(*^^*)
















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

たくさん勉強して、役立つ記事を書いていきます。よろしくお願いします。

スキ♡ありがとうございます!!!
12

はる丼@パーソナルトレーナー

よく食べ、よく動き、よく寝るパーソナルトレーナー 。『トレーニング×整体でからだメンテナンス』をなりわいとしています。フリーランスです。茨城を中心に活動中。メッセージは、lachic0722@gmail.comかツイッターのDMからどうぞ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。