2017 ブルノGPまとめ ホンダ&ヤマハ、ドゥカティ[ 2017年8月11日 発行 Vol. 152 ]

本コンテンツの目次

●アンヘル・ニエトに捧げるスペイン独占表彰台

●ブルノ決勝戦を左右した4つの鍵

●ホンダ圧勝:マルケス大芝居?ペドロサも好調
・マルケス:故アンヘル・ニエト流の抜け目なさ
・マルケス:ボックス帰還で大芝居を打った?
・マルケス作戦を検証してみる
・マルケスチーム、良い仕事してますねぇ
・ペドロサ:マシン交換は遅れたが、戦闘力は高かった
・ホンダ好調はテストのおかげ

●ヤマハ、フラッグ・トゥ・フラッグ明暗:ロッシどっちらけ、ヴィニャーレス復活
・ヴィニャーレス「いつボックスに戻ればいいのか分からなかった…」
・ヴィニャーレス:表彰台はムジェッロ以来、ロッシのおかげ
・ロッシ「フラッグ・トゥ・フラッグにならなければいいなぁと思ってた」

●ドゥカティ、ミスの上塗り
・なぜミスが起きたのか?
・ドヴィツィオーゾ「マルケスは手本にならない」
・ロレンソ「うちが一番マヌケだったかも…」

●イアンノーネvsエスパルガロ兄、ボックス転倒事故まとめ
・事故経緯
・フラッグ・トゥ・フラッグ考:ロッシ、マルケス、ロレンソ、ペドロサ

ラ・キリコより

皆さん、こんにちは。イタリアは連日35度超えの猛暑なもんですから、部屋に備え付けのエアコンを初めて使ってみた管理人のラ・キリコです。
暖房だと部屋が暖まるのに時間がかかるのに、冷房だと一気に寒くなるもんなんですねぇ。
ちなみに、スーパーではモッツァレッラチーズが売り切れ状態です。
こう言う場合、日本だと…ところてんですかねぇ。

おっと、メルマガ枕話恒例のモトGPこぼれ話でしたね、はいはい。
え~と…
鈴鹿8耐レースが終わったら、すぐに来年のシートを公表するってジャック・ミラー選手が言ってましたが…
全然、記事が出てこないんですよねぇ。

やっぱ、唯一、残っているファクトリーシートが決まらないから…
つまり、アプリリアのサム・ロウズ後任が決まらないから、他もパパっと決められないのかも。
一応、8月中旬にはアプリリアもロウズ選手を残留させるかどうか、はっきり決めないといけないらしいんですが…

ロウズ後任には、まず、スコット・レディング選手の名前があがっております。
あと、ステファン・ブラドル選手を出戻りさせようって話もあるそうで…
ちなみに、ブラドル選手には『ホンダ・マークVDS』からもコンタクトがあったんだとか。
そして、その『ホンダ・マークVDS』もレディング選手を出戻らせようかって画策してるんですよね。

あと…
実は、すごっく意外なライダーがモトGPのシートを探してまして…
ロードレース世界選手権のイケメンライダーこと、スペインのアクセル・ポンス選手(26才)なんですよ。

お父さんのシト・ポンス元選手(80年代に250ccクラス2回総合優勝)は、現在、『Pons HP40』チームを率い、ファビオ・クアルタラロー選手と、次男エドガー・ポンス選手をモト2参戦させてるんですが…
そのシトお父さんが、2018年にイケメン長男アクセル選手をモトGP参戦させようって積極的に動いてるんです。
いざとなったら、自身のモト2チームを辞めて、長男アクセル選手がモトGP参戦できるよう200万ユーロ(約2億6000万円)を出してスポンサーになっても良い!って言ってるんだとか。
で、一応、狙っているのは『ドゥカティ・アヴィンティア』チームらしい…と。

『ドゥカティ・アヴィンティア』チームからは現在、エクトル・バルベラ&ローリス・バズ選手がモトGP参戦してますが、
両選手とも2018年に向けての契約更改はほぼ無理だろうと言われております。
おそらく、ティト・ラバト選手が同チームに入るだろうって話がほぼ決まってるんですが、ただ、チームメイトは未定でして…

でも、冷静に考えるとアクセル選手のモトGP昇格はかなり難しいんです。
まず、シトお父さんはモトGPクラスのつてが少なく、去年、自身のチームをモトGP昇格させようとして失敗してるんですね。
そのうえ、これまでのアクセル選手の戦績からするとモトGPクラスでの活躍は期待できそうにない。
モト2クラスでの最高リザルトは2016年ムジェッロ戦の6位で、今シーズンも10位を2回獲得(カタール&ヘレス)した程度ですからねぇ。

ただ、アクセル選手って182センチ&74キロと、かなり大柄なんですよ。
だから、ご本人もシトお父さんも、そのせいでモト2クラスで活躍できないって考えてまして…

まぁ、こう言うお金を持ったダークホースが出てきたもんだから、2018年のモトGPシートの行方が迷走してるんでしょうかねぇ。

あっ、それから、モト3の方なんですが…
エネア・バスティアニーニ選手のレオパード移籍が決まりました。
マシンは今まで通り、ホンダです。
チームメイトは、おそらく、マルコス・ラミレス選手だろう…と。

あと、今年いっぱいでマヒンドラがモト3から撤退しますが…
現在、マヒンドラ機を使っているチームはすべてKTM機に乗り換えるんだそうです。
なんでも、ホンダ機の方は、現在使っているチーム全てが契約更新をしたものだから、もう売り切れなんですって。

あぁぁ…枕話なのに、すっかり長くなっちゃった。
それでは、本題のブルノGPまとめ、お楽しみください!

この続きをみるには

この続き:19,949文字/画像5枚

2017 ブルノGPまとめ ホンダ&ヤマハ、ドゥカティ[ 2017年8月11日 発行 Vol. 152 ]

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

モトGPブログ『イタたわGP』の La Chirico(ラ・キリコ)が発行するウェブマガジンです。ブログ記事の掘り下げた情報や、イタリアの巷に流れる噂などをご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。