マルケス&ロレンソ特集:ケガでテストに支障?ファーストライダー争い?[ 2019年2月5日 発行 Vol. 220 ]

コンテンツ目次

【イタたわGPまくら話】
●ロッシ&ビアッジ、ホンダ初テストの思い出

・ロッシ、ホンダ初テストは借り物スーツ
・ビアッジ「ロレンソよ、僕も骨折したことがある」

【マルケス&ロレンソ特集:ケガでテストに支障?ファーストライダー争い?】
●マルケス&ロレンソ、ケガの具合は?マシン開発は?
・ロレンソ「ポジティブ思考とプロ根性で乗り切る!」
・マルケスはヘレスGPまで100%にはならない
・テストに支障はあるのか?
・ロレンソ、クラッチローに反論

●ロレンソvsマルケスは揉めそうか?
・マルケス「ペドロサとも問題はあったが…」
・ロレンソ「問題を起こさないよう2人で努力する」
・ロレンソ「ロッシと組んだ時に似ている」

●ファーストライダーはどっち?
・ドゥーハン「結婚するわけじゃないんだから…」
・クリヴィレー「ドゥーハンが悩みのタネだった…」
・マルケス「チーム内でのポジションはトラックで勝ち取るもの」

●ロレンソvsアレイシ・エスパルガロ舌戦
・アレイシ「同じマシンでマルケスを倒すのは不可能」
・ロッシ心の友ウッチョ、ロレンソを擁護

●引退までホンダにいるのか?

イタたわGPまくら話

皆さん、こんにちは。
先日のミラノ1泊旅行で、実は帰りの列車に乗り遅れた管理人のラ・キリコです。

ホテルから駅まで地下鉄で乗り換えしなければならなかったんですが…
所要時間を甘く考えていたと言うか、つい、買い物に夢中になってしまったと言うか…

いつもは時間にゆる~いラテンの国だって言うのに、出発時刻の1分過ぎにホームに辿り着いた時には列車の姿は既にありませんでした…(号泣)

で、もともとは高速鉄道の特急列車(日本の新幹線に該当)のチケットを買ってたわけですが…

しかたがないので、その直後に出発するインターシティ(中堅都市間の特急列車)に慌てて乗り込み…
車掌さんに無駄になってしまったチケットを見せつつ事情を説明したところ…

「途中のボローニャで次の車掌と交代するから、彼が何も言わないようなら料金はいらないよ」と。

んで、その後、次の車掌さんも、「あぁぁ、話は聞いてるよ。そのまま、そこに座ってれば良いから」って…

基本的に割引チケットだったから変更はきかないはずなのに…
でも結局、追加料金などは一切なしで、予定していた列車より1時間遅れで到着することができ…
珍しく、ゆる~いラテンの国に感謝しながら帰宅したと言うわけです。

おっと、恒例のモトGPこぼれ話でしたね、はいはい。

今回、本編はホンダ特集ってことなんで…
こぼれ話はロッシ&ビアッジの『ホンダデビュー、初テストの思い出』にしてみました。
まぁ、どうぞどうぞ。

ロッシ&ビアッジ、ホンダ初テストの思い出

・ロッシ、ホンダ初テストは借り物スーツ
さて、ヴァレンティーノ・ロッシ選手がホンダで最高峰デビューを果たしたのは2000年。
つまり、1999年シーズン末にホンダ500cc機の初テストに挑んだわけですが…
こちらの写真です。

ヘレス・サーキットで、マシンはアレックス・クリヴィレー選手のを借り、ライダースーツはマルチェリーノ・ルッキ選手からの借り物だったんだそうです。
ヘルメットはロッシ選手の自前で、その後、原田選手に贈られたんですが、原田選手の荷物が盗まれた際、それも一緒に持ってかれちゃったんだとか。

マシンは真っ黒でスポンサー・ロゴは一切入ってないんですが…まぁ、アプリリアとの契約がまだ終了していないんで仕方がないですね。

この写真を公開したパトリツィオ・カントゥ氏と言う方はスポンサー・コンサルトでして、『Nastro Azzurro』の支援を取り付けた方なんです。
で、上の写真の中にパトリツィオさんの姿は写ってないんですが…
実はジェレミー・バージェス氏(写真右側の黒いセーター男性、ロッシ選手の元チーフメカニック)の後ろのボックス内にいて、ロッシ父ことグラツィアーノさんが変なステッカーを貼り付けたりしないよう監視してたんですって。

あぁぁ…
グラツィアーノお父さんと言えば、TVに出る時とかは地元の喫茶店のTシャツなんかを着て、さりげなく宣伝したりするもんだから…
ロッシ選手も一時、「うちの父、なに着てました?」って司会者とかに訊いたりして、神経質になってた時期もあったんですよねぇ。

・ビアッジ「ロレンソよ、僕も骨折したことがある」
では、お次はマックス・ビアッジ皇帝様のホンダ初テストの思い出!

ホルヘ・ロレンソ選手が1月末に左手首を骨折してしまった時、親友であるビアッジ皇帝様がこう言ったんですよ。

「ツイてなかったね。まぁ、なんとか切り抜けるだろうが、ただ、今シーズン最高のスタートってわけにはいかないでしょ。
まぁ、開幕前にこう言う状況になってしまったライダーってのは、これまでにもいたけどね。」

はい、まさしくビアッジ皇帝様のことなんです。
ビアッジ皇帝様がホンダ・レプソルからデビューするって年、やっぱりセパンテスト直前に左手首の舟状骨を骨折してしまったんですよ。
で、手術をしない選択をしたところ、その後しばらく苦しむことになってしまったんだとか。

んで、ビアッジ元選手は2005年11月にも似たような骨折をしてしまい、翌年のセパンテスト参加が危うくなってしまったんです。
その時は左足の距骨で、スーパーモタードでトレーニング中に折ってしまったんだとか。
でも、負傷した2日後の11月8日に手術して、1月23日のセパンテストにはきっちり参加できたんだそうです。

こう言う経験があるせいか、ロレンソ選手も骨折後すぐにビアッジ皇帝様に電話して色々と相談してたんだとか。
で、ビアッジ皇帝様は「手術することにしたのは正しい選択ですよ」と言いつつ、ロレンソ選手が新しいマシンやチームに慣れていかなければならない大切な時期にテスト不参加となってしまったことを残念がってました。
でもね、こうも言ってましたよ。

「カタール開幕戦はホルヘにとって厳しいものになるでしょう…ケガの後遺症もあるだろうし、マルケスのホームに入り、まだアウェイ状態なんだから。
でも、ホルヘは根性あるからね。上手くやってくれるでしょう。」

おっと、そろそろ本編に行きますか!
マルケス&ロレンソ特集ってことで…
両選手ともケガでテストは大丈夫なのか?とか、やはり2人は揉めそうなのか?とか…
まぁ、どうぞ、どうぞ。

この続きをみるには

この続き:12,965文字/画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

『風聞〜イタたわGP』&『ITATWAGP』の有料記事を月刊で販売しています。 【2019年2月号】は300円です!

または、記事単体で購入する

マルケス&ロレンソ特集:ケガでテストに支障?ファーストライダー争い?[ 2019年2月5日 発行 Vol. 220 ]

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

風聞〜イタたわGP 継続マガジン

『風聞〜イタたわGP』&『ITATWAGP』の 有料記事を定期購読できます! 1ヵ月290円(税別)です。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。