2018ル・マンGPまとめその2 ヤマハ&スズキ、契約交渉[ 2018年5月30日 発行 Vol. 189 ]

コンテンツ目次

【イタたわGPまくら話】
●ドヴィツィオーゾ自叙伝「ロッシのことは理解できなかった」

【2018ル・マンGPまとめその2 ヤマハ&スズキ、契約交渉】
●ル・マン決勝戦を左右した4つの鍵

●ヴァレンティーノ・ロッシ
・こう言う時は落ち込んでられない
・ヤマハがなぜ僕の言うことを聞かないのか分からない
・ファンの熱い想いをエネルギーに変える

●マーヴェリック・ヴィニャーレス
・完全混乱状態
・タイトル争いのことを考えてる場合じゃない
・ヤマハファクトリー機の8つの問題
・ヤマハは技術的な方向性で道に迷ってる?
・人間関係に問題?ヤマハは仲裁すべき…

●ヨハン・ザルコ
・今後も初優勝の夢を追い続ける

●アンドレア・イアンノーネ
・FPでの働き方に問題あり?

●アレックス・リンス
・ル・マンはモトGP機で初めて…

●契約交渉まとめ
・ミール「ヴィニャーレスの後を追いたい」
・ロレンソ、プライベートチームでヤマハ機に乗る?
・ペトルッチ、ドゥカティ確実?
・アプリリア、アレイシはペトルッチが嫌い?
・クラッチロー「自分はファクトリーが相応しい」

【イタたわGPまくら話】

皆さん、こんにちは。
最近、ドヴィツィオーゾ選手がコマーシャルをやってるステーキハウスに行ってみたいなぁと思ってる管理人のラ・キリコです。

実は、今シーズン開幕してからイタリア衛星放送『SKY』のモトGP中継の合間に、『Old Wild West』って言うステーキハウスのコマーシャルががんがん流れてるんですよ。
こんな感じ。

え~と…
イタリア、スイス、フランス、ベルギーで180店舗展開してるハンバーガー&ステーキレストランでして、イタリア企業が経営しております。
イタリアでアメリカ風ステーキを食べてどうする?って感じもするんですが…
まぁ、話の種にね!
行ってきたら、またご紹介しますね!

おっと、恒例の『モトGPこぼれ話』でしたね、はいはい。
今回は、そのドヴィツィオーゾ選手が初めての自叙伝を出したって話です。
きっと、昔々は、自分がTVコマーシャルに出るなんて思ってもいなかったんでしょうねぇ。
では、どうぞ。

ドヴィツィオーゾ自叙伝「ロッシのことは理解できなかった」

最近、アンドレア・ドヴィツィオーゾ選手の初自叙伝が発売になりましてね。
タイトルは、なんと『Asfalto』

なぜ、こんなタイトルを付けたかと言うと…
ドヴィ選手、同著の中で、こう説明しております。

《僕は透明人間だった。頭数の1人…そこに居たけど、居ないも同然だったのだ。
以前、ルーカ・カダローラから『ドヴィ、お前、アスファルトの色に紛れてるぞ』って言われたことがある。まぁ、その通りだろう。世間の目に僕は映ってなかったのだから。
レース業界に生き、死に物狂いでリザルトを追い求めるものの勝てずにいれば…そのうえ、内向的な性格で、キャラが立ったライダーになるより生身の人間でいたいと思っていれば、人目を引くことなどありはしないのだ。》

で、アスファルト色のドヴィ選手とは対照的に、人目を引きまくるイエローカラーのヴァレンティーノ・ロッシ選手については、こんな風に書いてました。

《できれば人間関係を築きたいと思いつつ、一度もそうできずにきた人達がいる。例えば、ヴァレンティーノ等がそうだ。
僕の方が7才年下で、モトGPに昇格した時、彼は既に7回タイトル獲得のチャンピオンライダーだった。だから、当然のごとくヒーローであり、絶対的に模範とすべき選手だったのだ。
親しく付き合う機会は一度もなかったが、多くの面においてヴァレンティーノは別次元の人間なのだと思う。
世界選手権に良い意味で影響を与え、リザルトのことを考えつつも無邪気に振る舞う姿勢を示し、個性的に生きることができると証明したのだ。
ステッカー然り、陽気なカラーリング然り。彼なりの流儀で、彼なりのルールで、ロックスターのような生き方を示してきたのだ…ロックスターのように、これ見よがしにひけらかすこともなく。
ヴァレンティーノがなぜあんなに人目を引くのか、僕自身、当初は理解できずにいた。
なぜヴァレンティーノは10位でゴールしても、優勝ライダーより話題にされるのか?
まぁ、僕はスタートラインから間違って考えていたと言うことだ。つまり、唯一無二の存在ならば、そうなって当然と言うことだ。好き嫌いにかかわらず、オートバイにいくつタイヤが付いているのかも知らない人達の関心を引く価値がヴァレンティーノにはあったのだ。スポーツの世界に定期的に出現する破格の存在…アルベルト・トンバやマイケル・ジョーダン、ウサイン・ボルトのような存在なのだ。
これは一つの歴史であり、とやかく言うような話ではないのだ。》

おっと、そろそろ本文に行きますか!
今回はル・マンGPまとめ『その2』なんで、ヤマハ&スズキと最新の契約交渉話です。
ロッシ選手…日本人との付き合いは長いけど、やっぱり、よく分からないみたいですよ。
んでは、どうぞ。

この続きをみるには

この続き:20,684文字/画像27枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

風聞〜イタたわGPを月刊で販売しています。 【2018年5月号】は計4本発行予定で300円です!

風聞〜イタたわGPを季刊で販売しています。 【2018年夏号】は4月〜6月まで計12本発行予定で820円です!

または、記事単体で購入する

2018ル・マンGPまとめその2 ヤマハ&スズキ、契約交渉[ 2018年5月30日 発行 Vol. 189 ]

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

風聞〜イタたわGP 季刊マガジン【2018年夏号】

風聞〜イタたわGPを季刊で販売しています。 【2018年夏号】は4月〜6月まで計12本発行予定で820円です!
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。