キクチマサヒロ

90世代 放送局にいます。「心の中から出たものであるならば再び心に届かんことを」。好きな言葉や文章をクリップします。さとなおラボ10期生です。365日、ラコステの服装。らこすけです。
固定されたノート

200店舗めぐってみて、生まれ変わってもオススメしたい喫茶・カフェ15選

ある番組のウェブプロモーション企画で、喫茶・カフェ200店舗を訪れました。 約半年間「大手チェーン店と同じお店はNG」というルールを勝手に課しながら、コーヒーを飲む...

現代語訳・翻訳で読むということ

主催のミニ読書会に向けて、泉鏡花『草迷宮』を読んでいます。 幻想的で神秘的。独特な文章。落語や講談、能も思わせる文体。流麗な日本語。現代と過去を行ったり来たりし...

渋沢栄一『論語と算盤』を読んで

渋沢 栄一 著『論語と算盤 (角川ソフィア文庫)』を読みました。 電子書籍としての“積ん読”状態だったのですが、「中田敦彦のYouTube大学」で取り上げいていたのを拝見し...

テレビに関する本のスケッチ

テレビと芸について考えようとすると、どうしても歴史を辿り、人にフォーカスせざるを得ません。自分のなかのマストは萩本欽一、タモリ、たけし。 文献としては小林信彦氏...

北野唯我『天才を殺す凡人』を読んで

北野唯我・著『天才を殺す凡人』を読みました。 世の中には「天才=創造性」と「秀才=再現性」と「凡人=共感性」3つのタイプがある。 で、本書はこれら三者の間にはコ...

『人生の教科書 よのなかのルール』を読んで

『人生の教科書 よのなかのルール』を読みました。初版は98年、時の流れを感じながら読めるのも醍醐味です。 藤原和博さんが、接待の理由からみる“世間のドーリ”やハン...