人生は点取りゲーム

「点と点がつながると線になる」ということを、昨日から身をもって体験している。

長野県で事業を営んでる方へ、あるオファーを提示させて頂いた。事業主さんにとっても、私にとっても、プラスになる話なので("win-win"という言葉は敢えて使いたくなく。あまり好きじゃないんです)、場合によっては長野まで直接お話しに行く覚悟でいた(ついでに観光できるし❤)。

夜に長野の方から返信があり、金曜日に東京で開かれるイベントに出席しているので、そちらで話ができないかとのこと。そのイベントには前から参加する予定で、しかもアポの入っていた方がキャンセルになったので、金曜はイベントをゆっくり楽しもうと思っていたところだった。

なんというラッキー。このイベント自体が一般的なものではないのに加え、昼間にぽっかりと空いた時間を埋めるように、長野の方と会えるなんて、こんな時はいつも「神さまのお膳立て」を考えずにはいられない。

しかも、金曜は17時から別の場所で打ち合わせがあり、1日の流れがきれいにまとまっている。いやもうホント神さま、ありがとう。

子供の頃遊んだ「点取りゲーム」みたいだ。ひとつの出来事は、単なるひとつの事象に過ぎないように見えるけど、少し引きで見たり、時間が経つと、点と点がいつの間にか結びついているのが見えてくる。点取りゲーム…陣地取りゲームともう言うのかな?

人生ってそうだ、点と点と線でできている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。ご飯の会など開いて、皆でワイワイおにぎりや鍋やら食べたいです。

May the force be with you !
4

杉本 ゆみ

つれづれ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。