髪結い妄想

雨になりそうな日は湿気が多くて
髪のブローがなかなかうまくいかない。
くせっ毛の私には、なかなか厄介な天気だ。

「よし、決まったかな」
丁度ドライヤーを置こうとしたところに
キミが部屋へ入ってきた。

「髪、うまくできたね。
 でもここ、ちょっとハネてるよ」

となりにきて
細い指先で私の前髪を整える。

近くで見るキミの顔には
鼻の横に小さなホクロ。
あまり多くを語らない唇は
可愛らしく収まっている。

ついつい触ってみたくなり
ほっぺをツンと突いてみた。

「お母さん、やめて」
指を払うキミ。

・・・はい、ごめんなさい。
「キミ」とは19才のまぎれもないけど我が息子。

若い男の子と暮らす未亡人の話とか書いてみたくなっちゃって。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。ご飯の会など開いて、皆でワイワイおにぎりや鍋やら食べたいです。

クリックありがとう☆
1

杉本 ゆみ

短編小説とか妄想小説

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。