開発部のオカンが考える、能動的なチーム作りの秘訣とは

<プロフィール>
小林 紗綾(こばやし さや)

鳥取出身のサーバーサイドエンジニア。Webサービスを運営している会社を3社経験し、2014年ランサーズに入社。エンタープライズ対応やプロダクト改善を経て現在はエンジニア兼プロジェクトマネージャーとして各プロジェクトに従事。自らを「オカン」と称しメンター制度の運用や開発合宿の企画などエンジニアがゴキゲンに働ける開発組織作りにも取り組む。趣味はバス釣りとおいしいお酒を飲むこと。

普段のお仕事

新規プロジェクト立ち上げで、SoE(Systems of Engagement)を担当する開発チームのプロジェクト管理者をしています。SoEとは実際に使ってもらう人に向けて、どうやってそのサービスを提供していくか、いわば顧客満足度を担うパートです。遂行するためなら何でもやるので、PMをしながらも開発しています。

チームでの成果の最大化

PMをやる上で感じるやりがいって何ですか?
チームでどうやったら成果を最大化できるか考えることです。人それぞれに得意不得意があるため、誰が何をするのが一番よいかの差配を考えます。

SoEにもつながりますが、開発は「作ったらおわり」ではなく、実際に使ってもらえるものにすることが重要だと思うので、使い方をみんなに教えたり、フィードバックをもらい、改善するところまでやるようにしています。

自他共に認める、みんなの「オカン」

また、各部署に一人ずついるピープルリーダーも兼任しています。ピープルリーダーとは、どうしたらみんながゴキゲンに働けるのかを、トップダウンではなくボトムアップで考える役割です。具体的な役割としては、開発合宿の運営や歓迎会をしたりメンター運用、新しくジョインしたメンバーの受け入れ体制を整えたりなどしています。

もともと世話焼きなので、一緒に働いているみんなをオカンの気持ちで年齢関係なく息子・娘のように思っているんです。

チームの立ち上がり速度を上げる

小林さんが大事にしている考え方とは?
チームのみんなが何でも話せるようにすることです。心理的安全性を確保して進めるのは、チームを作りたてのころ特に大事だと思います。

初めて組む人同士だと最初はスピードが出にくいので、コミュニケーションによって立ち上がりのスピードをあげたいです。そのために毎日ミーティングしたり、仕事以外の日常会話も話せるように雑談も交えつつコミュニケーションを密に取っています。困っているのに他の人に相談できないのは、すごくもったいないです。

能動的なチームが魅力

一緒に働いているチームの魅力って何ですか?
みんな受け身ではなく、能動的に意見を出し合いながら話し合えるところです。インターンのチームメイトも自分の考えを積極的に伝えているほか、どうしたらもっと良くなるかをみんなが自分で考えられています。

人の一生に貢献できる意義

そんな小林さんが5年勤めてきて感じた、ランサーズの魅力って何ですか?
一つ目はランサーさんの存在です。先日、……

▼続きはコチラから!

▼ランサーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

つながる!ランサーズ

「個のエンパワーメント」をミッションにフリーランサーの生活支援プラットフォームを提供するランサーズの社内&社外報マガジンです。ランサーズのメンバー同士がつながる、ランサーズの社内外の人がつながるきっかけとなるコンテンツをお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。