【19卒】海外へ行って見つけた幸せな働き方とは―「個のエンパワーメント」の実現に向けて/エージェント

<プロフィール>
渡邊 拓視(わたなべ たくみ)

1994年大阪府吹田市生まれ。駒澤大学卒業後、ランサーズへジョイン。現在はパラフト株式会社のテックエージェント事業部にて新規案件を獲得して働き方を改革することに尽力している。趣味は世界中でお買い物をすることと発展途上国へ行って日常とは異なる体験をすること(これまでに25ヵ国を訪問)、筋トレ&バスケ。

何事も熱く夢中になるのが好き

これまでの人生を振りかえると僕の人生はバスケ一筋で実際に、小学生のころから大学の一年まで10年間ほどバスケをしていました。なので一つのことを継続してコミットすることが私の強みです。

ところが大学一年の時に怪我をして長期の休みを取得した際に、自身の将来について考えた結果、バスケを辞めました。そしてこれまではただバスケットに打ち込んでいればよかったのですが、その後は何に打ち込むかを決めることに苦悩しました。

海外へ行ってみて初めて感じた問題

そしてその後は次に打ち込むための何かを求めて、とりあえず好奇心旺盛なことから海外へ放浪しました。

具体的には、東南アジアへバックパッカーで訪問した経験から始まり、東北の震災復興地にあるいちご農家で働いてそのまま社長と一緒にタイへいちごの営業へ行ったり、オーストラリアのタスマニア島でワーホリをしたりと、とにかく新しい価値観や出会いを求めて行動しました。

なかでも長期滞在した東南アジアは、自分の想像を超える人間らしい活気に満ち溢れていました。

またそれに魅了されるとともに、貧富の格差や低賃金労働の問題を目の当たりにして、世の中には自分の知らないところで、日本に住んでいては想像することができない現実があるということを認識しました。 

海外での体験を大学で活かす

その後、大学で尊敬するゼミの先生に自分が感じたことを話してみると、論文を書くことを薦めていただきました。

そして大学3年時の一年間は四六時中、先生と寄り添って様々な本を読み漁り論文を書くことに没頭しました。これまでスポーツだけをこなしてきた自分にとっては、人生で初めてかつ最も勉強した時期でした。

その結果……

続きはコチラ!

▼19卒メンバーストーリーをもっと見る

★ランサーズでは20卒採用を開始しています!


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

つながる!ランサーズ

「個のエンパワーメント」をミッションにフリーランサーの生活支援プラットフォームを提供するランサーズの社内&社外報マガジンです。ランサーズのメンバー同士がつながる、ランサーズの社内外の人がつながるきっかけとなるコンテンツをお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。