【暴露】最低時給1700円のオーストラリア。表は天国、裏は地獄。

こんにちは、語学の裏設定のゆうです。今日はオーストラリアの労働実態にメスを入れていきます。

日本の平均時給はが874円なのに対して、オーストラリアは時給約1700円 ($18.93)もあるのです。

この数字だけ見ると、倍速金持ちになれる気がしますよね。

こうして多くのワーホリたちがオーストラリアを目指して旅立つのですが、あまりにも多くの人が「こんなはずじゃなかった地獄」に落ちてしまっているので、

実態を把握して、勝算を計算した上で渡豪できるように本記事を執筆しました。

実態を簡潔に表現するなら、

・搾取が常態化している
・英語力やスキルの差でほぼ天国か地獄かが決まる

と言っても過言ではありません。

本当は天国の部分もたくさんお見せしたいのですが、それに関しての記事なら探せば意外とあるので今回は地獄の部分に集中していこうと思います。もちろん後日、天国に関する記事も書きますし、その道筋についても書きます。(英語力、専門スキルが無い人でもガッツリ稼げる場所もあるのです。)

それゆえ覚悟して読んで欲しい記事でもあります。作成する側も気合を入れて書きました、全情報源も開示しているので信憑性をもたせることにも尽力しました。

(本記事は、私の旧ブログの2019/05/25 23:34の記事を移植したものです。)


1.オーストラリアの地獄は10年経っても変わっていない (統計情報あり)

2005年にオーストラリアに滞在している留学生を対象に、稼いでいる時給についての調査が行われました。なんと58%もの人が最低賃金を下回った時給で仕事をしていたのです [1]。

そしてその10年後の2015年、同じような調査が行われます。結果はと言うと、相変わらず60%もの留学生が最低賃金を下回った時給で仕事をしているのです。

地獄は地獄のまま。

それでも一度は国全体がこの問題の解消に乗り出そうとした時期があります。それが2015年のセブイレブン大搾取事件。

オーストラリア史上最大の賃金未払い事件です。

裁判所はセブイレブンに対して、総額1億5千万円に相当する賃金を
3667人に支払うように命じたのです[3]。

もちろんこんなのは氷山の一角だと思います。証拠不足で裁判所に認められなかったケース、申し立てる勇気がなく諦めた者、既に国に帰ってしまった留学生たち。水面下には気づかれなかった阿鼻叫喚が埋めいているのです。

そしてこの搾取傾向は改善されたのか?

2017年に行われた5000人規模の調査の例を見ていきましょう。すると、55%は最低賃金を下回る$15以下と回答、さらにその約3割が$12以下しかもらえていなかったと回答しているのです[4]。

ちっとも変わっていない!

多くの記事やエージェントはオーストラリアは時給1700円の夢の国だと主張していますが、現実はドロドロ、酷いものです。法なんて有って無いようなもの。結局海外に来たら自分の身は自分で守るしか無いと結論付けられます。


2.海外まで来て選べるのは日本語環境での仕事がほとんど

ショッキングな見出しですみません。でも本当なのです。力の強い日本人が力の弱い日本人を搾取するという構図が存在します。(もちろん、情報力、立場という意味で。)

主な理由は「英語力」と「母国語の安心感」の2つです。

  ・英語力格差

最初の「英語力」ですが、英語力がまだ付ききっていない日本人はオーストラリア人オーナーのホワイト企業での仕事 (通称ローカルジョブと言います)を掴めないので、消去法的に日本語環境での仕事しか選べません。

海外で日本語環境の仕事?

ワーホリに行ったことがない人はピンと来ないかもしれませんが、「日本食レストラン (Japanese restaurantもしくはジャパレス)」が圧倒的多数を占めます。

日本人オーナーが経営する回転寿司がほとんどですが、その多くはただのブラック企業です。

一日12時間以上働かされることも聞きますし、仕事の内容はお皿洗い、調理、など英語と関係ない仕事が多いので、一度ジャパレスで働くと英語力がつかない→ますますローカルジョブに就けないという負のスパイラルにハマることになります。もちろん低賃金です。時給14ドルあれば良い方でしょう。

  ・母国語の安心感

2つ目の「母国語の安心感」ですが、英語ばかり飛び交う海外で日本語を聞くと安心してしまうものです。それが、日本語を話せるオーナーを信頼してしまう原因になってしまい、日本語環境で働くことに拍車を掛けてしまうのです。

誤解してほしくないのですが、海外で日本語環境や日本人を避けろと言っているわけではないのです。ただ、「海外でひとりぼっちだからこそ、日本語の安心感が威力大」、ということだけは頭に入れておいてほしいのです。


3.低賃金首切り地獄と時給50円地獄

これはMohamed Rashid Ullat Thodiさんというインド人の例です。建築学と建設現場監督を大学で専門的に学ぶためにオーストラリアに留学してきました。インドは公用語が英語なので英語を話せる人であるという点と、語学学校生ではなく高度な英語を運用する大学生であるという点を頭の片隅に置いて読み進めてください。

そんな彼は最初ローカルジョブを目指して40社ほど受けたのですが1つも通らなかったのです。そこで仕方なく、同じインド人が経営しているセブンイレブンで働くことになったのです。

その時に言われた言葉がコチラ。

我々は家族のようなものです。仕事も与えますし、色々貴方を助けますよ。学生ビザの労働条件が1週間に20時間であっても大丈夫。他の人に黙っていれば20時間以上働かせてあげるから。もっとももし、口外したら移民局に捕まって強制送還されるからその点だけ気をつけるように。

母国語の安心感に近いものを感じますよね?そしてその後どうなったかと言うと、

2ヶ月間試用期間ということで、無給で働かされました。トイレ掃除、窓拭き、床掃除などの雑用を週に4~5シフトほど。その後、時給$10で採用されます(よく家族だなんて言えますよね?)。週に50時間ほどそれで働くのです。

彼はその時給で1年頑張りました。しかし流石に生活が苦しいので、オーナーに時給$11にあげてほしいと依頼した次の瞬間、、、

即解雇されました[5]。

作り話ではないですよ!嘘だと思う方は、巻末資料の[5]をご覧になってください。


もう1件地獄の例を挙げますが、読んでいて気分が悪くなると思うので略記とします。こちらはAhmedさんという方なのですが、試用期間という名目で691時間働きました。支払われた金額はというと、、、$325ドルです。時給にしてみますと、47セント、つまり時給50円を切っています [6]。

これは他人事でしょうか?私のオーストラリア滞在中に仲の良かった日本人の友だちは、ある留学エージェントで試用期間という名目で働かされていたのですが、計算してみると時給$3くらいでした。

声を立てないで泣いている人は多いのです。


4.セブンイレブン以外の実例と対策法

ここまで日本の会社について主に書いてきましたが、地元の会社も色々問題を起こしています。挙げればキリが無いので、幾つかの事例を簡略にまとめ、現地で仕事探しをする時の護身術について紹介致します。

・2017年 8月22日。食肉工場でワーホリや学生ビザを含む26人が搾取されていた事例[7]
・2018年 7月6日。ヘアサロンが学生ビザ含む7人のビザ労働者を搾取していた事例 [8]
・2018年8月10日。ガソリンスタンドで2人の移民労働者が搾取されている事例 [9]

など、まだまだ挙げることができます。もっと多くの事例を知りたい方は、オンブズマンのサイトを訪れることをおすすめします。


さて、これから自分が履歴書を送ろうとしている会社がブラックかどうかはホンのひと手間で分かります。

[会社名] + lawsuit
[会社名] + exploitation 

で検索してみてください。Lawsuitは訴訟という意味で、exploitationは搾取という意味です。(国際企業なら + Australiaで検索しましょう。)

この検索で事例が沢山ヒットしたらその会社の応募はやめておきましょう。オーストラリアでは賃金未払いなどの問題を起こした会社は上で紹介したオンブズマンのサイトに記載されます。

会社名、未払いなどの問題内容、被害人数、全て載ります。

オーストラリアで仕事をする時は、この一手間をめんどくさがらないで必ず踏むようにしてください。「セブンイレブン+オーストラリア+搾取」の検索結果を参考のため、下に載せておきます。630万件ヒットして怖い...です。


5.奴隷労働に対して歯向かわない理由

これ1セクションだけで1記事書けるので、簡略化して書きます。

   ・英語力不足

オーストラリアの労働組合に訴えるにしても、そもそも英語力がなければ表現できません。

   ・証拠隠滅

給料を振込ではなく手渡しで支払うことで送金記録を残さない手段があるのです。通常Cash jobと言われます。ゆえに、立証が難しい、、、と。

   ・仕事を失う

労働組合にチクると、オーナーを激怒されるので即クビになる場合が多いです。

   ・強制送還される

学生ビザの場合、週に働けるのは20時間までという決まりがあります。それを破って長時間労働していた違法行為を自ら発覚させているので、強制送還もありえます。

   ・みんなに迷惑を掛けたくない

仕事場が労働局の調査を受け、業務が停止されると、一緒に働いていた仕事仲間も仕事を失うことになります。仲間を大事にする日本人にとっては一番避けたいことでもあります。


6.単に伝わるだけの英語ではホワイト企業では働けない

結局どうすればいいのだろう?

その気持ち、分かります。色々な要素があると思うのですがもし一番大事なことを1つ挙げるとすると「英語力」についてだと思います。とどのつまり、英語力があれば劣悪な環境で働く可能性が激減します。

でも母国語が英語のインド人だって酷い目に遭ったではないか?

みなさんもご存知の通り、インド英語は訛りが強烈です。オーストラリア人が経営するホワイト企業に入ろうと思った場合、彼らから好かれ信用されなければなりません。つまり、彼らが好む英語を話せることが大切なのです。

それはどのような英語でしょうか?

オーストラリア人が、心に不快感・脳に負担無く理解できる英語です。つまり、オーストラリア人が共感できる英語だと言えます。どんなに英語が流暢でも、アクセントがメチャメチャで理解するのに脳を負担をかけてしまう英語では煙たがられてしまうのは想像出来ると思います。

よくある誤解に、「英語は伝われば良い」というものがあります。批判的に考えると、単に伝わるだけでは不合格です。伝わる上に、ネイティブから共感される英語を話せて、やっと英語圏の一員だと認めれもらえるのです。

例外的に、プログラミング、音楽、デザインなどの方面でずば抜けた才能を持つ人物なら英語力が多少低くても実は通用してしまいます。しかしそんな人はホンの一握りです。

ワーホリに行く前、相当年数の修行を積んでいたとか、もとから才能があったとか、英語力のハンデを覆すくらい何かに卓越した少数の人は相手が自分に合わせてくれるので、伝われば良い英語力で済むでしょう。見方を変えれば、そのような人は「英語以外の能力」によって信頼されていると言えるでしょう。

逆に卓越性を持っていない場合、自分が相手に合わせないと、そもそも取り合ってもらえません。つまり、英語力の高さ=信用力という土俵で戦うことになるのです。

ゆえに、大多数の人は英語力が鍵となります。

いずれにしても、「信用力」が鍵です。英語以外で信用されるか、英語で信用されるか。(もしくは両方か。)

これを機に、英語との向き合い方が変わるのであれは筆者の本望です。

ちなみに、卓越性を身につけるのに遅すぎることはありません。以前スキル開拓についての記事を書きましたので、この機に自分の強みについて考えてみるのも良いかもしれません。


まとめ

オーストラリアが持つ時給1700円という顔は、多くの人にとっては所詮目くらましに過ぎない。現実は、地獄だ。この地獄のたちの悪いところは、一度入ったら抜け出すのに苦労するという点。それゆえ、戦略的に自分をポジショニングしていくことが何よりも不可欠となる。

以上が、オーストラリアの労働の実態です。ショックを受けた方が多かったのではないでしょうか。書いている私も正直心が痛みますが、これが事実なのです。

しかし、地獄に落ちる前の痛みなんて、地獄に落ちた後の痛みに比べたら大したことがありません。だから、今こうして地獄へと駒を進める前に地獄の存在を知れたことは幸運なことなのです。

もし、お友達にオーストラリアのワーホリを考えている人が居たら、是非この記事をシェアしてみてください。大事な人を守るためにも。


本記事が皆さんの留学にとって糧になったことを祈って。

それでは!


PS

今回は恐ろしい実態について書きましたが、オーストラリアで「働く」という中~長期滞在のレンズでこの国を見た場合です。「観光」などの短期滞在で行く場合、労働を挟まないのでオーストラリアの良い面にたくさん触れることができます。

つまり、ワーホリや学生ビザなどの中長期ビザで行く場合にはそれなりの覚悟が必要ですが、数週間程度の観光なら気楽にフラッと足を運んで楽しめる国です。

オーストラリアは私が世界で一番愛している国で、こんな記事をオーストラリア愛を込めて書いてみました。


参考資料

[1]International student‐workers in Australia: a new vulnerable workforce https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13639080802709653

[2]7‐Eleven: Amnesty Must Apply to All Exploited Workershttps://www.smh.com.au/business/workplace/7eleven-amnesty-must-apply-to-all-20150908-gjheyp.html

[3] https://www.smh.com.au/business/workplace/7eleven-compensation-bill-climbs-over-110-million-20170612-gwpdfx.html

[4]National Temporary Migrant Work Survey https://www.mwji.org/survey

[5]Mohamed Rashid Ullat Thodi, Supplementary Submission No 59.2 to Senate Education and Employment References https://ris.pmc.gov.au/sites/default/files/posts/2017/03/senate_standing_committee_report_into_temporary_work_visa_holders.pdf

[6] Courtney Wilson, ‘“He Made Me Scared”: 7-Eleven Worker Speaks of Intimidation, 47 Cents per Hour Wage’, https://perma.cc/S6XX-HZ6P

[7]https://www.fairwork.gov.au/about-us/news-and-media-releases/2017-media-releases/august-2017/20170822-the-meatball-and-wine-bar-litigation

[8]https://www.fairwork.gov.au/about-us/news-and-media-releases/2018-media-releases/july-2018/20180706-ohmed-pty-ltd-eu-release

[9]https://www.fairwork.gov.au/about-us/news-and-media-releases/2018-media-releases/october-2018/20181008-sinpek-litigation-media-release





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

1言語1人格で10人格を目指す人。いつも記事を読んでいただきありがとうございます!フォローしていただけると書くモチベーションが上がります!

語学の裏設定で非日常の味わいを!フォローして頂けると役に立てるかも!?
42

ゆう @語学の裏設定

英語力ゼロ・幸福度マイナスの陰キャ歴20年が多言語学習法で英語を学び、1年でTOEFL96点到達。脱陰キャに成功、豪州大学院留学。その後中国語を1年半で習得し、HSK6級に1発合格。虹キャに変身。記事を読むと、語学力UP、人間力UP、オーストラリア留学情報が得られます。

オーストラリア情報

筆者が5年と8ヶ月滞在していました。語学学校、ワーホリ、専門学校、大学院留学、一通り経験済みです。良い点も悪い点も、等身大の大きさで発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。