ラオスで出家した青年海外協力隊:ラオスの仏教に学ぶあたたかい循環の作り方【画像あり版、はじめに無料公開】

【はじめのはじめに】

2018年11月にkindleで「ラオスで出家した青年海外協力隊:あたたかい循環の作り方」という電子書籍を出版・発売しました。

青年海外協力(海外ボランティア)としてラオスに派遣されたぼくがラオスで出家して(お坊さんになって)日々について綴った本です。

**********
あらすじ

東南アジアの仏教国ラオスに派遣された青年海外協力隊がラオスで出家をし、お坊さんとして生活した17日間の経験を綴る。

ラオスでの出家経験から見えてきたものは「ラオス人の優しさの正体」と「これからの時代の生き方」だった。

この一冊は、元青年海外協力隊である筆者の自伝であり、出家体験記であり、ラオスの紹介本であり、仏教の解説本であり、哲学・思想本であり、ビジネス本でもある。

ラオス、仏教、青年海外協力隊、国際協力、エコヘルス、多様性、グローバル化、トークンエコノミー、ミニマリスト、資本主義、価値主義、クラウドファンディング、polca、不登校問題など、多種多様なキーワードがこの一冊に含まれている。

***********

今回noteでは、この6万字を超える本に更に出家中の貴重な写真を多く加えて、販売したいと思います。

kindle書籍では写真を載せていないので少しイメージし難い部分もあったかもしれませんが、このnoteでは、そんな部分を解決しました。

(ちなみにkindle電子書籍では、kindle unlimitedに登録すれば無料で読むことができるので、文章だけで良いと方はkindle unlimitedに登録して読むのがお徳です)

それでは、noteバージョンの「ラオスで出家した青年海外協力隊:ラオスの仏教に学ぶあたたかい循環の作り方」お楽しみください!!


⇩⇩⇩

――――――――――――――

はじめに

「あなたはどのキーワードが気になってこの本を手に取りましたか?」

ラオス、仏教、青年海外協力隊?
それともあたたかい循環という言葉に興味を持たれたのでしょうか?
もしかしたら、ぼくという人間に興味を持ってくれて手に取ってくれた方もいるかもしれません。

この本は、元青年海外協力隊であるぼくの自伝であり、出家体験記であり、ラオスの紹介本であり、仏教の解説本であり、哲学・思想本であり、ビジネス本であり、自己啓発本であり、書いてある内容は多岐にわたっています。

そのため、いざ読んでみるとあなたの想像していた内容と異なるかもしれません。

なので、これからこの本を読まれるあなたに、1つ大切なことをお伝えします。

それは、「この本の読み方は、あなたにお任せする。」ということです。

どういう意味かというと、「別に一章から順番に読む必要はない」ということです。

この本は、一章で青年海外協力隊の活動・ラオスの基礎情報について、二章でラオスの仏教の基礎知識について、三章で17日間の出家体験記について、四章で出家生活での気づきについて、五章でこれからの生き方・トークンエコノミーについて書かれています。

このように各章によって書かれている内容・ジャンルが全く異なるため、あなたが面白いと思える章と、そうでない章があるかもしれません。

そのため、あなたの興味のある章から読んでもらっても構いません。
一章がつまらないと思ったら、飛ばして違う章から読んでみてください。もしかしたら五章から遡って読んでいく方が面白いと感じる方もいるかもしれません。

また、「おわりに」では、ぼくが何故この本を書いたのか?について書いているので、是非、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

それでは、早速、読み始めて頂きたいのですが、
その前に、この本は筆者の「ぼく」と、日本で暮らしているぼくの「友人」との対談形式で書かれているので、読者の皆さんがより親しみやすく読めるように、ここで少し「ぼく」の自己紹介させていただきます。

*****
ぼくは長田 光司(ながた こうじ)と言います。また、Twitterでは「ラオスのジーコ([@laolaos_koji])」というアカウント名で情報発信をしています。
1990年生まれ。富山県出身。信州大学大学院教育学研究科(保健体育専修)を修了後、新卒で公衆衛生隊員として青年海外協力隊となり、2年間ラオスでエコヘルス教育(環境・健康教育)の普及活動を行いました。その協力隊派遣期間中にラオスで出家し、お坊さんになりました。2018年6月に青年海外協力隊の任期を終えラオスから日本に帰国しました。現在(2018年11月)はカンボジアのトークンハウスというシェアハウスに住みながら(詳しくは五章参照)、ブロガーとして日本の不登校問題を中心にこれからの時代の生き方について発信しています。(ブログ「コノミチ」[http://thisway.fun/])
*****

少しだけぼくがどんな人間か分かって頂けたでしょうか?
もっと詳しく知りたいという方は、是非、ぼくのブログやTwitterをチェックしてみて下さい。

それでは「ラオスで出家した青年海外協力隊 ラオスの仏教に学ぶあたたかい循環の作り方」をお楽しみください。

本書を通して、皆さまに色々な新しい発見があることを心から願っています。

===

目次

はじめに

一章 青年海外協力隊、ラオスで出家する。
・青年海外協力隊とは?
・協力隊を志すきっかけは?
・ラオスってどんな国?
・協力隊としての活動内容は?
・ラオスで出家した理由とは?
・出家までの道のりは?
・協力隊にとっての出家の意義とは?

二章 ラオスの仏教
・そもそも仏教とは?
・仏教の教えとは?
・ラオスの上座部仏教と日本の大乗仏教とは?
・ラオスの仏教とは?
・ラオスの仏教の歴史とは?

三章 17日間の出家生活
・出家の儀式とは?
・お坊さんの種類と戒律とは?
・出家中の一日の過ごし方とは?(その1:お経と瞑想)
・出家中の一日の過ごし方とは?(その2:托鉢と食事)
・ラオスのお寺の役割とは?
・イメージが作り出す宗教とは?
・出家最終日の過ごし方は?

四章 出家での気づき
・出家を経験して変わったこととは?
・恐れが痛みを生み出すとは?
・持たない生き方とは?
・あたたかい循環が作る安心感とは?
・国際協力もエコヘルスも仏教も全部同じとは?

五章 ラオスの仏教へ原点回帰する世界
・世界の流れはラオスの仏教に近づいているとは?
・お金の正体とは?
・原点回帰する価値主義とは?
・人は働かなくても生きていける?
・あたたかい経済圏トークンハウスとは?
・トークンエコノミーが作るあたたかい循環とは?
・あたたかい循環の作り方とは?

おわりに

====

この続きをみるには

この続き:62,891文字/画像37枚

ラオスで出家した青年海外協力隊:ラオスの仏教に学ぶあたたかい循環の作り方【画像あり版、はじめに無料公開】

ラオスのジーコ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。 いいねやシェア、サポートしていただけると心があたたかくなります!(*'▽')

あたたかい循環が生まれました!
26

"教育系" note まとめ

"教育系" noteのまとめです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。